PRIDE GRANDPRIX 2005 決勝戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
PRIDE GRANDPRIX 2005 決勝戦
イベント詳細
シリーズ PRIDE(PRIDE GRANDPRIX)
主催 DSE
開催年月日 2005年8月28日
開催地 日本の旗 日本
埼玉県さいたま市
会場 さいたまスーパーアリーナ
開始時刻 午後4時
試合数 全8試合
放送局 フジテレビ(地上波)
スカイパーフェクTV!PPV
入場者数 47,629人
イベント時系列
PRIDE 武士道 -其の八- PRIDE GRANDPRIX 2005 決勝戦 PRIDE 武士道 -其の九-

PRIDE GRANDPRIX 2005 決勝戦(プライドグランプリにせんご けっしょうせん)は、日本総合格闘技イベント「PRIDE」の大会の一つ。2005年8月28日埼玉県さいたま市さいたまスーパーアリーナで開催された。海外PPVでの大会名は、「PRIDE Final Conflict 2005」。

大会概要[編集]

セミファイナルでエメリヤーエンコ・ヒョードルミルコ・クロコップのPRIDEヘビー級タイトルマッチが実現。ヒョードルが前に圧力をかけ、ミルコに自分の試合をさせずに判定勝ちし、2度目の王座防衛に成功した。

ミドル級グランプリ準決勝ではヴァンダレイ・シウバヒカルド・アローナと対戦するが判定で敗れ、ミドル級で初の敗北を喫した。準決勝第2試合ではシウバの同門であるマウリシオ・ショーグンアリスター・オーフレイムと対戦、試合序盤はアリスターの独擅場となったが、1R後半にショーグンが逆転のTKO勝利を挙げる。

決勝戦ではアローナとショーグンがグランプリ優勝を賭けて対戦。ショーグンが踏みつけからの鉄槌でアローナを失神させ、優勝を果たした。

試合結果[編集]

第1試合 PRIDE GRANDPRIX 2005 リザーブマッチ 1R10分、2R5分
日本の旗 中村和裕 vs. ウクライナの旗 イゴール・ボブチャンチン ×
2R終了 判定3-0
第2試合 PRIDE GRANDPRIX 2005 準決勝第1試合 1R10分、2R5分
ブラジルの旗 ヒカルド・アローナ vs. ブラジルの旗 ヴァンダレイ・シウバ ×
2R終了 判定3-0
アローナが決勝進出。
第3試合 PRIDE GRANDPRIX 2005 準決勝第2試合 1R10分、2R5分
ブラジルの旗 マウリシオ・ショーグン vs. オランダの旗 アリスター・オーフレイム ×
1R 6:42 TKO(レフェリーストップ:マウントパンチ
ショーグンが決勝進出。
第4試合 ヘビー級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 ファブリシオ・ヴェウドゥム vs. ロシアの旗 ローマン・ゼンツォフ ×
1R 4:01 腕ひしぎ三角固め
第5試合 ヘビー級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
日本の旗 吉田秀彦 vs. アメリカ合衆国の旗 タンク・アボット ×
1R 7:12 片羽絞め
第6試合 セミファイナル PRIDEヘビー級タイトルマッチ 1R10分、2・3R5分
ロシアの旗 エメリヤーエンコ・ヒョードル vs. クロアチアの旗 ミルコ・クロコップ ×
3R終了 判定3-0
ヒョードルが2度目のヘビー級王座防衛に成功。
第7試合 メインイベント PRIDE GRANDPRIX 2005 決勝 1R10分、2R5分
ブラジルの旗 マウリシオ・ショーグン vs. ブラジルの旗 ヒカルド・アローナ ×
1R 2:54 KO(パウンド
ショーグンがPRIDE GRANDPRIX 2005優勝。

関連項目[編集]