PSR B1257+12 C

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
PSR B1257+12 C
星座 おとめ座
分類 太陽系外惑星
発見
発見年 1992年[1]
発見者 A. Wolszczan[2]
発見場所 アレシボ天文台[2]
発見方法 パルサータイミング法[2]
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 0.46 au[3]
離心率 (e) 0.0252 ± 0.0002[3]
公転周期 (P) 98.2114 ± 0.0002日[3]
軌道傾斜角 (i) 47 ± 3 °[3]
近点引数 (ω) 108.3 ± 0.5 °[3]
前回近点通過 MJD 49766.5 ± 0.1[3]
PSR B1257+12の惑星
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α)  13h 00m 03.58s[3]
赤緯 (Dec, δ) +12° 40′ 56.5″[3]
距離 1956 ± 326光年
(600 ± 100 pc[3])
物理的性質
質量 3.9 ± 0.2 M[3]
別名称
別名称
PSR B1257+12 d, Phobetor, Lich d[1]
■Template (■ノート ■解説) ■Project

PSR B1257+12 C固有名:Phobetor)はおとめ座の方角に約2000光年の位置にある太陽系外惑星である。PSR B1257+12 Cは太陽系外で見つかった最初の惑星の1つで、パルサーPSR B1257+12の周囲を公転する第3惑星であることが知られている。地球の約4倍の質量を持つ。

名称[編集]

PSR B1257+12の惑星は、親星からの距離の順にA,B,C,Dと名付けられている。これらの名前が太陽系外惑星の通常の命名規則と異なるのは、この惑星が発見された時点では、太陽系外惑星の命名の慣習が出来上がっていなかったためである。太陽系外で発見された初めての惑星であり、またパルサーの周りを公転する惑星であったため、大文字のBとCという名前を与えられた。最初の2つより内側の軌道を通る3番目の惑星が系の中に発見されると、Aという名前が付けられた。ペガスス座51番星に惑星が発見されるとペガスス座51番星bという命名法が提案されたが、これらの惑星は改名されなかった。

2019年のNameExoWorldsでこの惑星には固有名が与えられた。その固有名はPhobetorポベートールにちなむ[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b PSR 1257+12 d”. NASA Exoplanet Archive. NASA Exoplanet Science Institute. 2020年11月11日閲覧。
  2. ^ a b c Wolszczan, A.; Frail, D. A. (1992). “A planetary system around the millisecond pulsar PSR1257 + 12”. Nature 355 (6356): 145–147. Bibcode1992Natur.355..145W. doi:10.1038/355145a0. ISSN 0028-0836. 
  3. ^ a b c d e f g h i j Konacki, Maciej; Wolszczan, Alex (2003). “Masses and Orbital Inclinations of Planets in the PSR B1257+12 System”. The Astrophysical Journal 591 (2): L147–L150. arXiv:astro-ph/0305536. Bibcode2003ApJ...591L.147K. doi:10.1086/377093. ISSN 0004-637X. 
  4. ^ Approved names”. IAU. 2020年11月11日閲覧。

ウィキメディア・コモンズには、PSR B1257+12 Cに関するカテゴリがあります。

座標: 星図 13h 00m 03.58s, +12° 40′ 56.5″