パラドックスデベロップメントスタジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

パラドックスデベロップメントスタジオ英語: Paradox Development Studio)は、スウェーデンゲームデベロッパー会社。ゲームパブリッシャーパラドックスインタラクティブ (Paradox Interactive) の子会社で、その開発部門にあたる。歴史をモチーフにしたグランドストラテジーゲーム英語版に定評があり、Europa UniversalisHearts of IronCrusader KingsVictoriaStellarisといった各シリーズで知られている。

沿革[編集]

Paradox社は、スウェーデンのボードゲーム制作会社Target Games英語版の遺産をもとに1995年に立ち上げられた。一貫してPC向けのゲーム開発に注力しており、1999年にはPCグランドストラテジーゲーム部門であるParadox Interactiveと、ボードゲーム・ロールプレイングゲーム部門であるParadox Entertainment英語版という二つに分かれた。

2012年1月、Paradox Interactiveがさらに分割され、様々なジャンルのゲームを取り扱うパブリッシャーとして同名を引き継いだParadox Interactiveと共に、グランドストラテジーゲームの開発部門としてのParadox Development Studioが成立した。

このゲームデベロップメントスタジオは、グランドストラテジーゲーム分野でも最も早期に成立したデベロッパーの一つで、ここで制作されたほぼすべてのタイトルがグランドストラテジーゲームに分類されている。グランドストラテジーゲームとは、基本的に全世界を基調として、経済や外交、戦争などの要素を繰り広げるジャンルである。

ゲームエンジン[編集]

現在に至るまでに、Paradox社はEuropaとClausewitz(クラウゼヴィッツ)という2つのゲームエンジンを開発している。共に誰もがModを作成できるよう配慮した設計になっており、そのため有志が物によってはテキストエディタでModを開発できるほどの利便性を有している。その結果、Paradox社のいずれのゲームにおいても、強力なMod開発コミュニティが形成されている[1]

Paradox社のデビュー作は、2000年公開のEuropa Universalis だった。このゲームを動かすゲームエンジンは後にEuropa Enginとして知られるようになるが、スタジオのマネージャーのヨハン・アンダーソンは、この「エンジン」は単に前に制作されたゲームのコードの大部分を次のゲームへコピー・アンド・ペーストしただけのものだったことを明かしている[2]。2008年4月、Paradox社は一部のインディーゲームデベロッパーに、Europa Engineのライセンスプログラムを自由に使用することを認めた[3][4][5]。この結果、Crystal Empire GamesがFor the Gloryを、BL-LogicがArsenal of Democracyを、Darkest Hour TeamがDarkest Hourを、そしてParadox Development StudioがIron CrossHearts of Iron II拡張パック)を製作し、それぞれParadox Interactiveによって発売された。

2007年、Paradox Development StudioはEuropa Universalis IIIをの発表にあたり、新たなゲームエンジンであるClausewitz Engineを開発した[6]。この名はプロイセンの将軍カール・フォン・クラウゼヴィッツからとったもので、ゲーム中に世界の一部もしくは全体を3D描画することができるようになった。2011年のSengoku には、Clausewitz 2エンジンが使用された。2019年のImperator: Romeでは、従来のClausewitz Engineに、64ビットに対応するための"Jomini"(19世紀のスイスの将軍アントワーヌ=アンリ・ジョミニに由来)が追加された[7]。これにより3D描画が改善され、さらにMod製作が容易になったる[8]。ここで新たに制作されたゲームエンジンは、DirectX 11もサポートしてい。

開発したゲームの一覧[編集]

ここではParadox Development Studiosが開発したゲームに限って挙げる[9]。これらに加え、Paradox Development StudioがParadox Entertainmentの一部だったころにSvea Rikeシリーズの一部として、Crown of the NorthTwo Thronesの二作品を開発している。

タイトル リリース年 拡張パックDLC 拡張リリース年
Europa Universalis 2000年 N/A N/A
Europa Universalis II 2001年 N/A N/A
Hearts of Iron 2002年 N/A N/A
Victoria: An Empire Under the Sun 2003年 Revolutions 2006年
Crusader Kings 2004年 Deus Vult 2007年
Hearts of Iron II 2005年 Doomsday 2006年
Armageddon 2007年
Europa Universalis III 2007年 Napoleon's Ambition 2007年
In Nomine 2008年
Heir to the Throne 2009年
Divine Wind 2010年
Europa Universalis: Rome 2008年 Vae Victis 2008年
Hearts of Iron III 2009年 Semper Fi 2010年
For the Motherland 2011年
Their Finest Hour 2012年
Victoria II 2010年 A House Divided 2012年
Heart of Darkness 2013年
Sengoku 2011年 N/A N/A
Crusader Kings II 2012年 Sword of Islam 2012年
Legacy of Rome
Sunset Invasion
The Republic 2013年
The Old Gods
Sons of Abraham
Rajas of India 2014年
Charlemagne
Way of Life
Horse Lords 2015年
Conclave 2016年
The Reaper's Due
Monks and Mystics 2017年
Jade Dragon
Holy Fury 2018年
March of the Eagles 2013年 N/A N/A
Europa Universalis IV 2013年 Conquest of Paradise 2014年
Wealth of Nations
Res Publica
Art of War
El Dorado 2015年
Common Sense
The Cossacks
Mare Nostrum 2016年
Rights of Man
Mandate of Heaven 2017年
Third Rome
Cradle of Civilization
Rule Britannia 2018年
Dharma
Golden Century
Stellaris 2016年 Leviathans 2016年
Utopia 2017年
Synthetic Dawn
Apocalypse 2018年
Distant Stars
Megacorp
Ancient Relics 2019年
Federations TBA
Hearts of Iron IV 2016年 Together for Victory 2016年
Death or Dishonor 2017年
Waking the Tiger 2018年
Man the Guns 2019年
La Résistance TBA
Imperator: Rome 2019年 N/A N/A
Crusader Kings III 2020年 N/A N/A

脚注[編集]

  1. ^ GDC Vault - Blurring the Line Between Community & Studio”. www.gdcvault.com. 2016年4月8日閲覧。
  2. ^ Dickle (2019年11月12日). “The History of Clausewitz | PDXCON2019”. YouTube. 2019年11月12日閲覧。
  3. ^ Free engine for gamers released!” (英語). Paradox Interactive Forums. 2019年7月22日閲覧。
  4. ^ Europa Engine” (英語). Indie DB. 2019年7月22日閲覧。
  5. ^ License the Europa Engine, and get your work published on Gamersgate” (英語). Paradox Interactive Forums. 2019年7月22日閲覧。
  6. ^ Savage. “Stellaris: how Paradox plan to make an infinite grand strategy”. PC Gamer. 2016年4月8日閲覧。
  7. ^ The engine behind Paradox Development Studio’s future games” (英語). VentureBeat (2018年10月14日). 2019年7月21日閲覧。
  8. ^ Future Paradox games will be easier to mod thanks to engine upgrade” (英語). pcgamer.com (2018年10月14日). 2019年12月14日閲覧。
  9. ^ Publishing Development Studio Jobs Contact Internships (2013年4月30日). “Development Studio - Paradox Interactive”. Paradoxplaza.com. 2013年5月11日閲覧。

関連項目[編集]