Perfumeのドッキ・ドキ・オンエア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Perfumeのドッキ・ドキ・オンエア
ジャンル バラエティ番組
放送方式 録音放送
放送期間 2004年8月6日 - 2006年3月31日
放送時間 金曜24:30 - 25:00
放送回数 87
放送局 RCCラジオ
パーソナリティ Perfume
テンプレートを表示

Perfumeのドッキ・ドキ・オンエア(パフュームのドッキ・ドキ・オンエア)はRCC(中国放送)で放送されていたラジオ番組

概要[編集]

  • Perfumeがパーソナリティを務めた、トークを中心としたラジオ番組。

放送期間[編集]

  • 2004年8月6日~2006年3月31日 通常放送(放送時間:30分)
  • 2006年4月4日 春のスペシャル(放送時間:1時間)

主なコーナー[編集]

  • ドッキ・ドキ Choice & Choice
メンバーの二人が一つのテーマをそって議論を進めていくコーナー。
最初はメンバーの三人で議論を進めていたが、途中から二人の対決方式に変わった。判定は司会を担当したメンバーが行うが、たまにリスナーに聞く場合もあった。
二人の対決方式になってから間も無く「アピールタイム」が追加になり、メンバーのそれぞれが10秒間の持ち時間内に自分の意見を言い合うようになった。10秒間の時間を測るのには『シークレットメッセージ』の間奏時に流れる「10・9・8・7・6・5・4 3,2,1 GO!」が使われていた。
負けた方に罰ゲームが追加になり、罰ゲームには「あ~ちゃんがコンビにお菓子を買い物に行く。」や「のっちがリスナーからのオリジナルソングにリズムを付けて歌う。」,「かしゆかが夜中の神社に行って、シングルの発売祈願をする。」などがあった。
  • 絶対 ゆるせない。
テーマを元にリスナーから投稿された内容について、メンバーの3人が許せるか許せないで判定していくコーナー
テーマは「食べ物」,「ファッション」,「癖」に変わっていった。
メンバーの3人が許せないと判定した内容は3Perfumeとなって、投稿したリスナーにサイン入りポラがプレゼントされた。
  • 絶対 笑える。
「絶対 ゆるせない。」の次に始まったコーナで、許せない事から笑える事に投稿内容が変更になり、メンバーの3人が笑えるか笑えないかで判定をしていくコーナー。始まりにお囃子が流れていた。
テーマは「癖」
  • ドッキ・ドキ Pickup
メンバーの一人が一週間の中で一番ドキドキしたことを報告するコーナー。
かしゆかが司会の時はのっちが報告し、のっちが司会の時はあ~ちゃん、あ~ちゃんが司会の時はかしゆかの順で報告をしていた。

備考[編集]

  • 司会はメンバーの3人が交代で行っていた。
  • オープニングは『ジェニーはご機嫌ななめ』
  • エンディングは『おいしいレシピ』,『引力』,『コンピュータドライビング』,『Perfume』
  • リスナーのラジオネームはかしゆかの提案で番組ではドキドキネームと言っていた。
  • 収録は東京で主に火曜日に行われていた。
  • Perfumeのドッキ・ドキ・オンエアのリスナーは全国にいて、千葉や仙台でも聞かれていた。

関連項目[編集]