Phi II

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Phi II
米米CLUBスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル Sony Records
プロデュース 米米CLUB
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 1995年度年間51位(オリコン)
米米CLUB アルバム 年表
Phi
1993年
Phi II
(1994年)
DECADE
(1995年)
『Phi II』収録のシングル
テンプレートを表示

Phi II』(ファイ ツー)は米米CLUBの11枚目のアルバム1994年12月10日リリース。発売元はSony Records(現ソニー・ミュージックレコーズ)。

解説[編集]

前作『Phi』から1年1ヶ月後に発売されたアルバム。本来は『Phi』と2枚組になる予定だったが、諸事情によりそれぞれ1枚ずつの発売となった。尚1999年6月に発売された再発売盤では『Phi』と2枚組になった。

前作のテーマカラーがで「静」を表していたのに対し、今作のテーマカラーはと「動」を表した色を使い、前作と対極の位置にあるアルバムとなった。

収録曲[編集]

全作詞・作曲:米米CLUB

  1. 日々米々
    編曲:佐土井照仁
  2. OH! MY ANGEL
    編曲:林部直樹
    1992年のツアー「SHARISHARISM DECADENCE 魅惑の歌謡ショー 素顔のママ」編で初演された楽曲。
  3. ア・ブラ・カダ・ブラ
    編曲:米米CLUB
  4. ジャムチ -砂漠の駅-
    編曲:得能律郎
  5. 俺色にそまれ
    編曲:米米CLUB
  6. 日本人
    編曲:米米CLUB
  7. SANDBAGなあいつ
    編曲:米米CLUB
  8. Child's days memory
    編曲:奈良部匠平
    フジテレビ系列ポンキッキーズ」内『P-Kiesメロディ』として1995年~1996年の間主にエンディングテーマとして用いられた楽曲。当時ポンキッキーズに大きく協力しており、和田アキ子に『さあ冒険だ』という楽曲も提供している。
  9. My love
    編曲:有賀啓雄
  10. それぞれの理由
    編曲:奈良部匠平
  11. SO COOL
    編曲:有賀啓雄
    1990年のツアー「SHARISHARISM ARTWORK-ART UP編-」で初演(『言の葉』も同様)以来、毎年恒例のファンクラブ人気投票でも常に上位に入るなど、ファンからCD化が熱望されていた曲。
  12. 言の葉
    編曲:三沢またろう