PhotoDirector

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
CyberLink PhotoDirector
開発元 サイバーリンク
最新版 PhotoDirector 9 / 2017年9月19日(7か月前) (2017-09-19
対応OS Microsoft Windows / Mac OS X 
種別 画像編集ソフトウェア
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト http://jp.cyberlink.com/photodirector/
テンプレートを表示

PhotoDirector(フォトディレクター)は、サイバーリンク社が販売している、RAW現像フォトレタッチソフトウェア。

デジタルカメラで撮影した写真に特化した非破壊処理方式のフォトレタッチ(写真修正)ソフトウェア。各社デジタルカメラのRAWファイルにネイティブ対応、RAWファイル現像ができる。

主な機能[編集]

写真処理[編集]

  • 非破壊処理方式による、オリジナル素材を保持したままの写真調整。
  • ホワイトバランス、レベル、トーン、色調、光量などの修正。
  • 修正箇所エリアの境界線を自動認識するブラシツールによる一定の範囲内のみの修正
  • グラデーションマスク、スポット補正。
  • デジタルカメラのRAWファイルの取り込み。
  • 修正内容を保存できるプリセット機能。

スライドショー作成機能[編集]

  • H.264 - M2TS & MPEG4 形式
  • WMV ファイル形式
  • フェード、ワイプエフェクト、カラーボード、テイスト、BGMの追加
  • スライドショーの最大解像度: 1080p

ソーシャルメディア対応[編集]

  • Facebook、Flickrへ写真をアップロード。
  • YouTubeへ写真スライドショーをアップロード。
  • DirectorZoneへ写真処理情報のプリセットをアップロードおよびダウンロードすることで写真処理情報を共有可能。

PhotoDirector の各バージョン[編集]

PhotoDirector 2011[編集]

  • 非破壊処理方式の編集環境
  • 特定範囲のマスク処理
  • カラーレベル、ホワイトバランス、ノイズリダクション
  • 主要デジタルカメラメーカーRAWファイルをサポート

PhotoDirector 3[編集]

  • 最大5層のグラデーションマスク
  • 任意の範囲の中のエフェクトを正確に除去するクリーナーブラシ機能
  • 白く美しく歯の色を補正するトゥースブラシツール
  • 16 bit カラーのサポート
  • IPTCメタデータの追加編集機能

PhotoDirector 4[編集]

  • Windows/mac 両対応(Ultra版のみ)
  • 不要な対象物を自然に除去・背景補正する、コンテンツアウェア除去機能
  • HDR エフェクト、色収差の補正
  • 人物の体型を修整する、ボディシェイパー機能
  • 人物の顔認識機能

PhotoDirector 5[編集]

  • Windows/mac 両対応(Ultra版のみ)
  • 64-bit OS 対応
  • 最大5枚のブラケットHDR

PhotoDirector 6[編集]

Windows/mac 両対応(Suite版/Ultra版のみ。Suite版付属のColorDirectorはWindowsのみ対応)。Ultra版を基本とし、Ultra版に動画の色調整を可能にするソフトColorDirectorを追加したSuite版、Ultra版から一部の機能を差し引いた廉価版とも言えるDeluxe版の3つのエディションが存在する。

  • 集合写真の顔入れ替え(複数枚撮影した集合写真の一部分だけを入れ替えることにより、全員が良い笑顔の集合写真を合成)
  • パノラマ合成(位置をずらして撮影した複数の写真を合成してパノラマ写真を作成。継ぎ目は自動で自然に補修)
  • スキントーン(人物の肌を自然な色合いに補正する専用ツール)
  • 円形フィルター(円形の範囲選択により、エフェクトや色調整効果を自然にかけられる)
  • パノラマ合成(位置をずらして撮影した複数の写真を合成してパノラマ写真を作成。継ぎ目は自動で自然に補修)
  • サイバーリンククラウドとの連携(サイバーリンク社のクラウドサービスにファイルを保存、バックアップ可能)

PhotoDirector 7[編集]

  • 写真内の境界線を認識し、背景と被写体を切り分ける機能
  • ボケ味を加える機能
  • パノラマ写真合成
  • 64-bit ネイティブ対応

PhotoDirector 8[編集]

  • ビデオ to フォトクリエーター
    • フリーシャッター(ビデオの 1 フレームを写真として取り込む機能)
    • カメラやスマートフォンなどで、左右に振って撮影したビデオからパノラマ写真を作成
    • ベストグループショット(ビデオから、複数のフレームをキャプチャーして合成する機能)
    • モーションフォト(ビデオから、動きのある被写体を複数キャプチャーして トラッキングし合成する機能)
  • モーションブラー
  • カラースプラッシュ
  • オーバーレイ(テンプレートを選ぶだけで、写真にレンズフレアやスクラッチなどの多彩な効果を適用する機能)
  • クイックテンプレート(テンプレートを選ぶだけでさまざまなレイヤーを駆使した作品を作る機能)

PhotoDirector 9[編集]

  • 360 度写真の編集機能
  • モーションスチル(動画または連続写真から写真の一部分だけを動かすシネマグラフ)を作成する機能
  • かすみの除去
  • 写真の一部だけを移動
  • ゆがみ変形

沿革[編集]

2011年[編集]

  • 5月31日、ベータプログラムの無償公開を発表。
  • 6月21日、PhotoDirector 2011発売開始。

2012年[編集]

  • 3月1日、PhotoDirector 3発売開始。
  • 9月19日、PhotoDirector 4発売開始。

2013年[編集]

  • 6月4日、Windows 8 タブレット用アプリ PhotoDirector Mobile 発売開始。
  • 9月6日、PhotoDirector 5発売開始。

2014年[編集]

  • 1月17日、従来のSuite/Ultra版の他、新たにDeluxe版を発売開始。
  • 9月18日、PhotoDirector 6発売開始。

2015年[編集]

  • 9月15日、PhotoDirector 7発売開始。

2016年[編集]

  • 9月13日、PhotoDirector 8発売開始。

2017年[編集]

  • 6月23日、全国の教育機関へ写真編集ソフト「PhotoDirector 8 School Edition」を無償提供。
  • 9月19日、PhotoDirector 9発売開始。


受賞歴[編集]

  • 2012年 第18回ベクタープロレジ大賞受賞 画像編集 部門賞「PhotoDriector 3」
  • 2013年 PC Adviser Awards 2013「Best Photo/Video Software」[1]

参照元[編集]

  1. ^ 英国のコンピューター誌のウェブサイトにて。http://www.pcadvisor.co.uk/features/software/3451084/best-photo-video-software-2013/