Pochy

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Pochy
Pochy icon.png
Pochy0.3.5β.jpg
0.3.5βのスクリーンショット
開発元 Pochy project team
最新版 0.3.4 / 2005年12月28日(13年前) (2005-12-28
最新評価版 0.3.5β / 2006年10月27日(12年前) (2006-10-27
リポジトリ [cvs://anonymous@cvs.osdn.net:/cvsroot/pochy cvs://anonymous@cvs.osdn.net:/cvsroot/pochy]
対応OS Microsoft Windows
種別 電子メールクライアント
ライセンス GPL
公式サイト https://osdn.jp/projects/pochy/
テンプレートを表示

Pochy とは、Microsoft Windows上で動作するオープンソースで開発されていた電子メールクライアントである。

2003年7月に最初のバージョン0.1をリリースした。最初は個人名だったが、2003年9月リリースのバージョン0.1.2bからはPochy project teamと名乗るようになった。2005年頃には活動が事実上停止してしまうようになった[1]

機能・特徴[編集]

  • Windows 98/Me/NT/2000/XPに対応する[2]
  • レジストリを使用せずに設定はINIファイルに記述するため、USBメモリ等に入れて持ち運び外出先でのメールチェック等が可能[3]
  • POP3/SMTP/POP before SMTP/SMTP AUTHに対応[2]IMAPには未対応。
  • 暗号化ソフト「GNU Privacy Guard」を別途インストールすれば、暗号メールの送受信やAPOPによるユーザー認証にも対応可能[2]
  • 複数アカウントに対応
  • HTMLメールに対応していない。
  • Unicodeで書かれたテキストメールに対応していない。
  • アドレス帳はCSV形式。EdMaxのアドレス帳ファイルをそのまま使える。

派生開発[編集]

オープンソースで配布されていたため、第三者が独自に修正・拡張した派生ソフトウェアを開発し、配布しているものもある。

Pochy改造版[4][編集]

Sakon.Y氏が開発。UTF-8に対応。HTMLメールに対応。

pochy_d[5][編集]

minamina氏が開発。

Nullpochy[6][7][編集]

2ch風の外観・機能追加。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Re: Pochyの現状について (pochy-user) - pochy - OSDN” (日本語). ja.osdn.net. 2019年5月11日閲覧。
  2. ^ a b c 窓の杜 - 【Review NEWS】オープンソースで開発されている3ペイン型のシンプルなメールソフト「Pochy」”. forest.watch.impress.co.jp. 2019年5月11日閲覧。
  3. ^ Pochy :フリーソフト PIATA-JAPAN” (日本語). 2019年5月11日閲覧。
  4. ^ Pochy”. takonb.html.xdomain.jp. 2019年5月11日閲覧。
  5. ^ nullinfo (pochy)”. nullinfo.s21.xrea.com. 2019年5月11日閲覧。
  6. ^ yukimaru1234. “2ch風のメーラ「Nullpochy」” (日本語). 午後の紅茶. 2019年5月11日閲覧。
  7. ^ Nullpochy プロジェクト日本語トップページ - OSDN” (日本語). ja.osdn.net. 2019年5月11日閲覧。