popcorn labyrinth

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
popcorn labyrinth
シュノーケルスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
J-POP
時間
レーベル TURTLE RECORDS
チャート最高順位
シュノーケル アルバム 年表
EYE
2015年
popcorn labyrinth
(2017年)
NEW POP
(2018年)
『popcorn labyrinth』収録のシングル
  1. TODAY/妄想中
    リリース: 2016年5月27日
ミュージックビデオ
「シュレーディンガーの僕」 - YouTube
「理由」 - YouTube
テンプレートを表示

popcorn labyrinth』(ポップコーン・ラビリンス)は、日本のロックバンドシュノーケルの4枚目のアルバム及びアルバムの5曲目に収録されている楽曲のタイトルである。2017年3月15日に発売。

解説[編集]

前作『EYE』から約1年3ヶ月ぶりのリリース。「宇宙」をテーマとした12曲を収録されており、アルバムタイトルも宇宙の誕生をポップコーンが破裂し、飛び散る様を例えたもの[2]。キャッチコピーは「シュノーケル、はじける。」[3]。イラストは香葉村多望によるもの。

レコーディングには、前作『EYE』発売後よりライブにてサポートメンバーを務める岡愛子がギターつるうちはなピアノで参加している[2]

2017年3月4日福岡県のライブハウス「DRUM SON」で開催された『シュノーケルpresents 10th Anniversary YSK Series『3 on 3 +1』〜Band 福岡編〜』にて先行発売された[4]

店舗購入特典としてタワーレコードHMVヴィレッジヴァンガードの3店舗で異なる購入特典が用意された[2]

  • タワーレコード特典
    2015年12月17日に代官山で開催された『EYE』発売を記念したワンマンライブ『アルバム「EYE」レコ発記念ワンマンライブ「EYEと青春の旅立ち」』の映像と本作の収録曲からのライブ映像を収録したDVD-R
  • HMV特典
    西村晋弥による本作の全収録曲の弾き語り音源と香葉村多望(現・KABA_3)歌唱の「KABAラップ」と山田雅人歌唱の「シュレーディンガーの僕」を収録したCD-R
  • ヴィレッジヴァンガード特典
    本作の全収録曲のデモ音源と香葉村歌唱の「宇宙に夢中」と山田歌唱の「ラガッシュの予言者は唄う」を収録したCD-R

アルバム発売後、アルバム発売を記念したライブ「宇宙に夢中」が行われた[2]

収録曲[編集]

全曲 作詞・作曲:西村晋弥 / 編曲:シュノーケル、つるうちはな、岡愛子

  1. シュレーディンガーの僕(2:54)
    シュレーディンガーの猫」をテーマとし、不安やそれに対する反発、己の強さを歌った楽曲。
    ミュージック・ビデオが制作されており、ブルーシートを用いて歌詞の内容を表している[5]
    アルバム発売に先駆け、2017年2月13日に先行配信された。
  2. スターダスト(4:02)
    歌詞に登場する「40万km」は、地球から月までの実際の距離。ラストの合唱部分のメロディは「TODAY」のアウトロのギターのメロディラインをアレンジしたもの。[6]
  3. 妄想中(4:58)
    • ワンマンライブ会場限定シングル「TODAY/妄想中」の2曲目。
    アルバム制作の初期に出来た楽曲[7]
  4. それから(4:17)
    歌詞は宇宙飛行士を目指し挫折した人物を歌ったもの[6]
  5. popcorn labyrinth(2:32)
    アルバム表題曲。アルバム制作の最後の方で録音された楽曲[7]
  6. TODAY(4:34)
    • ワンマンライブ会場限定シングル「TODAY/妄想中」の1曲目。
  7. syzygy 〜フェルミのパラレル〜(4:15)
    タイトルの元ネタは「フェルミのパラドックス」で、曲名の「syzygy」は惑星直列の意[6]。アルバム制作の最後の方で録音された楽曲[7]
    歌詞は宇宙人の女の子に恋する男の子(フェルミ)の心情を描いたもの[8][6]
  8. bug(4:24)
    歌詞には「およげ!たいやきくん」のパロディが含まれている[6]
  9. A&Q(1:23)
    インストゥルメンタル。西村のコーラスとつるうちのピアノで構成される。
  10. 理由(5:41)
    アルバム制作の最後の方で録音された楽曲で、歌詞は西村が生まれてからの出来事を歌ったもの[9]
    香葉村が監督と編集を務め、カメラマンのイワタナオが撮影したミュージック・ビデオが存在する[10]。ミュージック・ビデオにはレコーディングに参加したつるうちと岡も参加しており、サポートメンバーが初めて参加したミュージック・ビデオとなった。
    アルバム発売に先駆け、2017年2月13日に先行配信された。
  11. すべてを映す鏡(4:23)
    アルバム制作の初期に出来た楽曲で、メロディ面において僅かながらビートルズのパロディが含まれている[7]。冒頭に入っているのは「TODAY」のラスト部分を逆再生した音で、メロディも「TODAY」のアウトロのギターのメロディと同じもの。間奏は「ボレロ」のリズムとある曲(明言されていない)の演奏の要素が組み込まれている[6]
  12. ラガッシュの予言者は唄う(2:40)
    アルバムのエピローグ的な楽曲で、西村曰く「精神が危うい「シュレーディンガーの僕」から始まって、「すべてを映す鏡」で過去の自分と決別して、最後の最後にこの曲で人類が終わる」というストーリーになっている[9]

DVD-R(タワーレコード特典)[編集]

2015年12月17日に代官山で開催された『EYE』発売を記念したワンマンライブ『アルバム「EYE」レコ発記念ワンマンライブ「EYEと青春の旅立ち」』の映像と本作の収録曲がライブで初披露された時の映像2本を収録。ライブ映像が公式作品化されたのは『Best+』に収録の「波風サテライト」(「若若男女サマーツアー'08」でのライブ映像)以来で、一つの公演がそのまま映像化されたのは本作が初となる。そのため、「波風サテライト」以外の楽曲の映像化は本作が初となる。

ライブ前日に発売された『EYE』からは「CINEMA」が未演奏となった(直後のツアーでは演奏された)。

  1. CLOSE
    本ライブの実質的に1曲目となる楽曲。「OPEN」をBGMに登場する場面からの収録。
  2. 波風サテライト
    シュノーケルのライブの定番曲。
  3. 奇跡
  4. PLASMA
  5. 旅人ビギナー
  6. 100,000hp
  7. EYE
    サポートギタリストの岡愛子が楽器を持ち替え、フロアタムを演奏した。
  8. 天気予報
  9. REGRET
  10. Bye-Bye×Hello
  11. RESTART
    『EYE』収録の「ALBUM VERSION」での演奏。
  12. ラプソディ
  13. REVOLVER
    西村がハンドマイク一本で歌唱。間奏ではCD音源と同じく、シンガマグープ2を演奏した。なお、西村が1曲を通して楽器を演奏しないのは珍しいケースである。
  14. エスパー
  15. QUEST
  16. HIGHWAY
    ライブ本編のラストナンバー。
  17. FIND
    この曲からアンコール。「REVOLVER」と同じく西村はハンドマイク一本での歌唱で、間奏ではシンガマグープ2を演奏している。
  18. solar wind
    アンコールラストナンバー。 この曲までが『アルバム「EYE」レコ発記念ワンマンライブ「EYEと青春の旅立ち」』のライブ映像である。
  19. シュレーディンガーの僕
  20. 理由

CD-R(HMV特典)[編集]

西村晋弥による本作の全収録曲の弾き語り音源と香葉村歌唱の「KABAラップ」と山田歌唱の「シュレーディンガーの僕」を収録。西村による弾き語り音源が作品化されたのはインディーズ盤『ソラカラフル』収録の「入道雲 〜弾き語り〜」以来となる約12年ぶり。

  1. シュレーディンガーの僕(3:22)
  2. ムーンダスト(4:31)
  3. 妄想中(4:42)
  4. それから(4:45)
  5. popcorn labyrinth(1:52)
  6. TODAY(5:06)
  7. syzygy 〜フェルミのパラレル〜(4:37)
  8. bug(4:40)
  9. A&Q(1:21)
  10. 理由(6:43)
  11. すべてを映す鏡(4:23)
  12. ラガッシュの予言者は唄う(2:48)
  13. KABA RAP(2:21)
    香葉村歌唱の楽曲。ヒューマンビートボックスは山田が担当。ワンマンライブ会場限定シングルとして発売された「TODAY/妄想中」に収録されている音源とは異なり、後半が山田によるラップに差し替わっている。
  14. 山田雅人の唄ってみた!『シュレーディンガーの僕』(4:18)
    山田歌唱。
  15. SECRET TRACK(6:02)
    本作のレコーディングエンジニアの古屋俊介歌唱による「シュレーディンガーの僕」。

CD-R(ヴィレッジヴァンガード特典)[編集]

本作の全収録曲のデモ音源と香葉村歌唱の「宇宙に夢中」と山田歌唱の「ラガッシュの予言者は唄う」を収録。デモ音源が作品化されたのは自主制作盤『シュノーケル』収録の「旅人ビギナー」以来13年ぶりとなる。

  1. シュレーディンガーの僕(2:55)
  2. ムーンダスト(3:57)
  3. 妄想中(5:08)
  4. それから(4:22)
  5. popcorn labyrinth(2:38)
  6. TODAY(4:36)
  7. syzygy 〜フェルミのパラレル〜(4:14)
  8. bug(4:22)
  9. A&Q(1:20)
  10. 理由(5:39)
  11. すべてを映す鏡(4:27)
  12. ラガッシュの予言者は唄う(2:40)
  13. 宇宙に夢中(1:56)
    (作詞・作曲:香葉村多望)
    香葉村歌唱の楽曲。香葉村にとって初めて作詞作曲を担当した楽曲である。
  14. 山田雅人の唄ってみた!『ラガッシュの予言者は唄う』(4:09)
    山田歌唱。
  15. SECRET TRACK(5:56)
    本作のレコーディングエンジニアの古屋俊介歌唱による「ラガッシュの予言者は唄う」。

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b HMV購入特典CD-R収録の「KABAラップ」
  2. ^ ヴィレッジヴァンガード購入特典CD-R収録の「宇宙に夢中」
  3. ^ 「山田雅人の唄ってみた」シリーズ
  4. ^ 飯坂泰子、大村仁望、川村美喜の3人で構成される女性芝居ユニット。

出典[編集]

  1. ^ popcorn labyrinth|シュノーケル”. ORICON NEWS. オリコン. 2018年9月1日閲覧。
  2. ^ a b c d “シュノーケル、宇宙をテーマにしたはじける新作「popcorn labyrinth」”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年1月13日). https://natalie.mu/music/news/216663 2018年7月25日閲覧。 
  3. ^ “シュノーケル、4thアルバム「popcorn labyrinth」リリース決定!”. POPSCENE (POPSCENE). (2017年1月13日). http://popscene.jp/foundit/035254.html 2018年7月25日閲覧。 
  4. ^ “シュノーケル、4thアルバム『popcorn labyrinth』より「シュレーディンガーの僕」のMV公開。チャットモンチー&堀之内大介(Base Ball Bear)よりコメントも到着”. Skream! (激ロックエンタテインメント株式会社). (2017年2月15日). https://skream.jp/news/2017/02/snowkel_schrodinger-no-boku_mv.php 2018年9月1日閲覧。 
  5. ^ “シュノーケルが囲われた世界の不安を描く新曲MV”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年2月15日). https://natalie.mu/music/news/220817 2018年7月25日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f popcorn labyrinth セルフライナーノーツ『宇宙 ポップコーン 眼鏡』
  7. ^ a b c d 何度もビッグバンを起こし、キテレツでフレンドリーなポップ世界を拡大するシュノーケル(1/3)”. Skream!. 激ロックエンタテインメント株式会社 (2017年). 2018年11月9日閲覧。
  8. ^ シュノーケルチャンネル #5『くじ引きMV、また撮ろう。』 - YouTube
  9. ^ a b 何度もビッグバンを起こし、キテレツでフレンドリーなポップ世界を拡大するシュノーケル(2/3)”. Skream!. 激ロックエンタテインメント株式会社 (2017年). 2018年11月9日閲覧。
  10. ^ “シュノーケル、最新アルバムより香葉村多望が手がけた「理由」MV”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年9月23日). https://natalie.mu/music/news/249931 2018年7月25日閲覧。