Popdod

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
popdod
BEAT CRUSADERSスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル デフスターレコーズ
プロデュース BEAT CRUSADERS
チャート最高順位
BEAT CRUSADERS アルバム 年表
EpopMAKING 〜Popとの遭遇〜
(2007年)
popdod
(2008年)
VERY BEST CRUSADERS
(2009年)
テンプレートを表示

popdod』 (ポップドッド)は、日本のロックバンド、BEAT CRUSADERSのメジャー3rdアルバムである。

2008年6月4日デフスターレコーズよりリリース。

概要[編集]

BEAT CRUSADERSのメジャー3rdアルバム。オリコン最高4位を記録。

本作はビークルデビュー10周年・ヒダカトオル生誕40周年を記念して、ヒダカの誕生日(6月5日)前日に発売された。

2007年の全国ツアー終了後、クボタマサヒコの「また全国を回りたい」という一言がきっかけとなり、ヒダカの誕生日である6月リリースを目指しレコーディングが行われた(年頭から3ヶ月ほどでレコーディングをしたという)。

本作品はCDのみの通常盤、CD+DVDの初回生産限定盤、完全生産限定アニバーサリーパッケージの3形態での発売となった。

完全生産限定盤に関しては、予約の時点で売り切れになる店が続出した。

本作の仕様[編集]

通常盤(CDのみ)

初回生産限定盤(ビークル主催のライブイベント"BOYZ OF SUMMER '07"の模様を収録したDVD付き)

完全生産限定アニバーサリーパッケージ(CD4枚、DVD1枚の計5枚組)

  • 初回生産限定盤CD+DVD
  • LASTRUM時代のシングル「NEVER POP ENOUGH e.p.」「FIRESTARTER」「CAPA-CITY」復刻版
  • スペシャルカード13+1枚 (過去の発売告知ポスター絵柄)

がセットになった豪華仕様での発売であった。また、ヒダカの誕生日(6月5日)にちなんで6000セット限定、5000円(税抜)での発売であった。

収録曲[編集]

  1. TIME FLIES, EVERYTHING GOES (2:47)
    アルバムリード曲。PVも制作された。PVには久々にTROPICAL GORILLAのCimが出演している。
    TVQ九州放送TVQスーパースタジアム』2009年度テーマソング。
    テレビ神奈川saku saku』 2008年6月度エンディングテーマ
  2. LEMON HEAD (2:57)
    2008年のツアー前半戦のタイトルになった。
  3. BECAUSE (4:53)
  4. SHOOTING STAR (2:28)
    BPMは210と、彼らの曲の中では最速である。
  5. GARDEN IN THE SHELL (4:53)
  6. WORK IT OUT (3:43)
    ゲストボーカルとしてBREMENのエリーが参加。なお、BREMENは2008年のツアーに対バンとして同行した。また、ギターのカトウタロウはこの曲でキーボードを演奏している。
  7. CHINESE JET SET (3:55)
    PVが制作されている。
  8. OLGADIES (3:04)
  9. LET'S GET BACK (3:20)
  10. SOLDIERS IN MY SOUL (3:45)
    ケイタイモはこの曲でグランドピアノを弾いている。なお、ビークルの曲でグランドピアノが用いられたのは、メジャー1stアルバム『P.O.A. -POP ON ARRIVAL-』の初回盤に収録された「SAY GOOD-NIGHT」以来である。
  11. SHOOT THE SKY (3:19)
    ツアー後半戦のタイトルになった曲。カトウはこの曲でもキーボードを演奏している。
  12. WINTERLONG (3:45)
    11thシングル。本作に収録されたシングル曲はこの曲のみである。シングルバージョンではフェードアウトで終わるが、本作では完奏しているので、厳密に言えばアルバムバージョンである。
  13. SUMMEREND (5:18)
    ツアー中盤戦のタイトルになった曲。ゲストとしてbloodthristy butchersの吉村秀樹がギターで参加している。
  14. JIVE (2:40)

全作詞:ヒダカトオル 作曲・編曲:BEAT CRUSADERS