PowerPC 601

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
IBM PowerPC 601 マイクロプロセッサ PPC601FD-080-2
IBM PowerPC 601v マイクロプロセッサ PPCA601v5FE1002

PowerPC 601シリーズはアップルコンピュータモトローラIBMの3社が共同で開発した32ビットRISCマイクロプロセッサである。初めて製品化されたPowerPC系列のプロセッサであり、アップルコンピュータが発売した初期のPower Macintoshシリーズに採用された。

PowerPC 601には、高速版であるPowerPC 601vが存在する。

設計[編集]

PowerPC 601シリーズはIBMのサーバワークステーション向けプロセッサであるPOWERをベースとして設計された。601シリーズのコアは後継の603シリーズや604シリーズと異なり、POWERアーキテクチャとの互換性をもつ。また、外部インターフェイスはモトローラのRISC CPU88000をベースに設計され[1]、バス幅は64ビットとされた。

以下は主な仕様である。

高速版の601vでは動作電圧引き下げによる低消費電力化、最高120MHzまでに引き上げられた動作クロック、プロセスを0.6μmから0.5μmに変更するなどの改良が加えられた。

特徴[編集]

製品化された最初のPowerPCであり、このプロセッサがMacintoshに搭載される初めてのPowerPCとなったことから、従来Macに搭載されていたMC68000(68K)プロセッサとの互換性が重視された。また、市場に迅速に投入するために、既存のPOWERアーキテクチャとの互換性が高いコアが採用された。

投入された当初は、まだPowerPC用のソフトウェアは充実していなかった。しかし、Mac OSに使われたコード変換機構(Dynamic Recompilation Emulator)が非常に高性能だったため、Power Macintosh上でもFPU命令を使用しない68Kプロセッサ向けのソフトウェアは68040のハイエンドに近い(PowerPCの動作クロックによっては68040を遥かに上回る)速度で動いた。このため68Kソフトウェアを使うユーザーにも性能的なメリットがあり、PowerPCへの移行はスムーズに受け入れられた。

一方で、互換性重視の外部インターフェイスやPOWERアーキテクチャとの互換性は同時に、PowerPC本来の性能を発揮する妨げとなっていたのも事実である。後に開発された603シリーズと604シリーズでは、PowerPCアーキテクチャへの最適化が進められた。発熱量が多くノートパソコンへの搭載には適さなかった為、ノート型のPower Macintoshの登場はPowerPC 603の登場を待たねばならなかった。

製品[編集]

  • PowerPC 601
  • PowerPC 601v

脚注[編集]

関連項目[編集]