Pro Wrestling Crusaders

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Pro Wrestling Crusaders(プロ・レスリング・クルセイダース)は、かつて存在した日本プロレス団体。略称はPWC(ピー・ダブリュー・シー)。別名「プロレス十字軍(プロレスじゅうじぐん)」。後に設立したPWCプロモーション(ピー・ダブリュー・シー・プロモーション)に関しても本稿で解説している。

PWC[編集]

1992年6月、SWS崩壊後、所属していた選手がWARNOWに分かれた際、NOWに移籍したジョージ高野高野俊二(現:高野拳磁)が団体内の問題から旗揚げまもなくに退団して設立(「道場・檄」所属のメンバーが中心になったNOW体制に反発したとも言われている[注釈 1][注釈 2]。もう一つの説としてNOWプレ旗揚げ戦後の9月10日発売の『週刊文春』に、高野兄弟の「俺たち、SWSに騙された」との見出しによるSWS解散の顛末と、メガネスーパーを痛烈に批判する手記が掲載された為、スポンサーを予定していたメガネスーパーとの軋轢を避ける為に、NOWとしては高野兄弟を退団させざるを得なかったからとも言われている)。事務所と道場を東京都東大和市に構えて1993年2月13日、東海市民体育館で旗揚げ戦を開催。

所属選手は高野兄弟の他に元W★INGプロモーション戸井マサル(現:戸井克成)と島田宏、SAWの保坂秀樹(PWCでのリングネームは弁慶)、フリーの渡辺幸正(現:セッド・ジニアス)、旗揚げ戦でデビューした牛若丸(現:赤城)、練習生の黒田哲(現:黒田哲広)、留学生のアイアン・ホース。他はフリーの選手を起用して外国人選手に関しては高野兄弟がカナダに武者修行していた際に世話になったミスター・ヒトのルートで稲妻ジロー(稲妻二郎)を始めとするカナダの外国人選手をブッキングして陣容を整える。また発起人として、内紛によりSWSを退団した谷津嘉章仲野信市も名を連ねていたが、一度も参戦する事は無かった。

設立当初に標榜したのは「スポーツライクなプロレス」だった。その一方で盲導犬協会とタイアップしてリングで盲導犬のデモストレーションを行ったり、前座の余興として浮世亭リング・サイドが率いる吉本プロレス軍団による提供「お笑いプロレス」を組み込むなど、何とか他団体との差別化を図ろうとした(俊二は「子供にプロレスを返す」、「ミル・マスカラスのLPレコードを正座して真剣に聴いていたような、あんな時代のプロレスに戻したい」と語っている。また、前座に数々の余興を組み込んだのはイベントに参加する感覚でプロレスに親しんでもらおうという目的があったという)。ところが「キックとスープレックスの神様」との触れ込みでフリー参戦して再生を期したはずの高木功(現:嵐)[注釈 3]が突如、高野兄弟に反目。高野兄弟とヒールに傾倒した高木との間で抗争が勃発。遺恨清算の目的で俊二と高木との間では「チェーンマッチ」(「チェーンデスマッチ」ではない)も行われた。皮肉にも、これらの抗争が売り物となってしまい他団体と大差ない内容になってしまった。

SWS崩壊及び分裂に際してスポンサーであったメガネスーパーは、WARとNOWに資金援助を約束してWARには2年間、NOWには1年間にわたって、この約束が遂行されたがNOWを退団した高野兄弟には資金援助が無かった為に、旗揚げ当初から経営地盤が弱かった。加えて代表である俊二の経営の杜撰さと本人の性格等の問題により、すぐに資金難となりまず高木功が退団し、高野兄弟に対抗出来得る勢力が一気に手薄となってしまう。加えて資金を捻出していたとされるジョージ[要出典]が退団して、さらに道場に置いてあったリングも盗難に遭う(借金の担保に持って行かれたと言われているが、事件の真偽も含めて詳しい事情は現在も不明である)など苦難が続き、さらに所属選手の退団も起きて[注釈 4]、最終的には拳磁の個人プロダクション的な団体となってしまった。

その後、将軍KYワカマツがユニット「宇宙パワー軍(当初は鶴見五郎、後に木村浩一郎が扮していた)」を率いて参戦して奇天烈な試合内容とファンの「野良犬」のコールのなか拳磁が手錠をかけられワカマツに街中を引きずり回されるなどのハチャメチャなパフォーマンスで一部マニアを惹きつけるものの(この頃の有名なファンとして杉作J太郎がいる)事態は好転せず再び所属選手の退団が起きて活動休止となった。

1994年、拳磁は西日本プロレスに参画するも、わずか1試合で退団して「まーた飛び出しちゃったよーだ九州」のセリフとともにPWCが活動再開して、その時に新弟子も募集したことで新戦力がようやく誕生して、さらに高木三四郎IWA格闘志塾から移籍やフリー選手が入団した等もあり持ち直したかと思われたが1996年10月17日北沢タウンホール大会後にまたも所属選手が一斉に退団(後に高木らはDDTプロレスリングに入団)。これが決定打となってしまい団体は消滅した。

2000年足立知也(現:斗猛矢)が設立したZIPANGで長瀬館長、森谷俊之、島田宏、サバイバル飛田がユニット「PWC残党軍」を結成して活動していた。

なおDDTの夏恒例イベントになっているビアガーデンプロレス「闘うビアガーデン」はPWC末期に拳磁が発案しており、後楽園ゆうえんち(現:東京ドームシティアトラクションズ)でビアガーデンプロレスが開催されて、それを高木が引き継いだものである。現在、ビアガーデンプロレスは他のインディー団体にも波及している。

PWCの名称は存在しているが、唯一の所属選手である拳磁がセミリタイア状態となっているため実体はない。拳磁は「俺が生きている限り、俺の団体はなくならねえよ」と語ったとされる[2]

PWCプロモーション[編集]

2003年1月16日、CLUB ATOM(現:ATOM TOKYO)元PWC所属選手の森谷俊之が公開記者会見を行ってPWCプロモーションの設立を発表。3月30日北沢タウンホールで旗揚げ戦を開催。7月10日博多スターレーン大会を最後に解散。ちなみに解散した時点で、すでに北沢タウンホール大会を数ヶ月先まで予約済みであったため7月にPvvCを設立して8月28日にプレ旗揚げ戦、9月17日に旗揚げ戦、10月9日に「セカンドバトルでルンバ」、11月22日に「PvvCファイナルバウト 復刻版PWC」を開催して日程を消化。

PWCプロモーションに高野拳磁が参戦することはなかったがジョージ高野ザ・コブラとして7月10日の博多スターレーン大会に参戦している。

2005年12月21日新木場1stRINGで1日限定のPWC復活興行を開催[3]

タイトル[編集]

  • PWCヘビー級王座
  • PWCジュニアヘビー級王座

所属選手[編集]

関連書籍[編集]

  • 小佐野景浩 『SWSの幻想と実像』 日本スポーツ出版社ISBN 4-930943-24-8。
  • 竹内宏介 『プロレス虚泡団体の真実』 日本スポーツ出版社 ISBN 4-930943-12-4

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ SWS時代にジョージ高野高野拳磁はパライストラ所属でありジョージは道場主であった。
  2. ^ NOW代表に就任したのが桜田一男(ケンドー・ナガサキ)であった。桜田は当初ジョージ高野を代表に推して自らバックアップする方針であったが、他の選手の反対により桜田が代表にに就任する形になったと桜田は述懐している[1]
  3. ^ 高木功(現:嵐)も元SWS所属選手(道場・檄所属)であったが、無断欠場により1991年1月22日付でSWSを解雇されていた。
  4. ^ この時、退団した弁慶(現:保坂秀樹)と戸井マサル(現:戸井克成)はFMWに入団、黒田哲(現:黒田哲広)はFMWに練習生として入団してリングネームを黒田哲広に改名して再デビュー。牛若丸(南条隼人を経て、現:赤城)はFMWに練習生として入団してリングネームを超電戦士バトレンジャーのライバル「ダークレンジャー」に改名して再デビュー。

出典[編集]

  1. ^ SWSの幻想と実像 145Pより
  2. ^ 3分でわかる、激動のプロレス業界興亡史”. 日刊SPA! (2013年7月8日). 2013年7月11日閲覧。
  3. ^ 12.21 PWC/新木場1stRING、結果:be2”. ブラックアイ2 (2005年12月22日). 2013年7月11日閲覧。