QOOPIE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

QOOPIEとは株式会社QOOP(東京都港区)が研究開発する、データマイニング・テクノロジーと人工知能(AI)テクノロジーを搭載した、検索エンジンパッケージ。

従来の検索エンジンとの大きな違いは、従来の検索エンジンで商品を探すより検索に時間がかからないことや、価格を比較しながら探すことができることである。実際のサイトでは、「インターネット上にあふれるあらゆる商品のデータベースを構築、独自のアルゴリズムによる検索エンジンを搭載することにより、一括して高精度かつスピーディに商品を検索・比較するサービスを提供」すると説明されている[1]

目次

QOOPIE ENGINEについて

楽天市場やYAHOOショッピング、amazon.co.jpなどインターネットショッピングに関わるデータを収集し、テキストマイニングを用いて、商品名や付随する商品説明、関連キーワードとのリレーションの強さを数値化し、検索されたときに最適な回答を提示することができる。

人工知能テクノロジーには、ニューラルネットワークを用いており、商品、言語、付随情報、利用者の履歴、嗜好、属性を各ノード(人工神経)として、将来、取りうる行動を予測して検索結果に反映している。

QOOPIE ENGINE自体が、学習能力と問題解決能力を保有していると言われている。

主な機能

基本的な機能としては、楽天市場、YAHOOショッピング、amazonのデータを横断検索することができる。この3種類のショッピングモールは、チェックボックスによってON/OFFを切り替えることが可能で、絞込み検索が可能である。

その他の機能として、価格帯をいくらからいくらまでという具合に設定することが可能で、探している商品を見つけやすくしている。

また、人工知能テクノロジーにより、より人間の感覚値に近く、精度の高い検索結果が出るので、短時間で目的の商品に到達することができる。

サービス展開

  • 2006年4月 qoopie.comサービス開始
  • 2006年6月 qoopie.netサービス開始
  • 2006年10月 qoopie.mobiサービス開始
  • 2007年5月 APIパートナー各社に公開

通常、QOOPIEシリーズはPCサイトとしてqoopie.comとqoopie.netで展開をしており、携帯電話向けモバイルサイトとしてはqoopie.mobiが存在し、モバイルサイトでは、携帯電話で購入できる商品のみが、検索対象になる。今後はAPIを公開し、一般ユーザーがQOOPIEの検索エンジンシステムを利用できるようにする計画がある。

他社での同様の機能を提供している所

価格.comなどで、ショッピング検索を開発しているが、複数のショッピングモールより一括検索するタイプの検索エンジンは日本国内ではQOOPIEが老舗と言えるだろう。 その他、米GOOGLE社にてFroogleという検索エンジンを開発しているが、まだ完成をしておらず(2007年4月現在)、QOOPIEとは異質のものである。