Qbric

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

Qbric(キューブリック)は、1990年代後半から2000年代初頭に発売されたソニーマイクロコンポのブランド名である。

主な機種[編集]

  • CMT-M1
    • 1995年発売の初代モデル。
    • フロントパネルがCDジャケットサイズのコンパクトボディを実現した。
    • CDレシーバーとMDデッキの2BOX構成で、カセットデッキはオプションで対応。
    • CDレシーバーとカセットデッキの2BOX構成のCMT-T11も発売された。
  • CMT-M11C
    • 1996年発売。
    • 3CDチェンジャーとMDデッキを搭載。
    • MDレシーバーと3CDチェンジャーの2BOX構成。カセットデッキはオプションとなっている。
  • CMT-101
    • 1997年発売。
    • 基本セットはCDレシーバー部とスピーカーのみで、MDデッキとカセットデッキはオプションである。
    • CD・MD・カセット全てでスロットイン方式を採用。
  • CMT-C5
    • 2001年発売。
    • アンプ・CD・MD・チューナーを1BOXに搭載。
    • 倍速ダビング・MDLP・PC接続にも対応。
  • CMT-C7NT
    • 2001年発売。
    • NetMDに対応。他の機能はCMT-C5に準ずる。

関連項目[編集]