R・E・D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
R・E・D
概要
メンバー Eita
B×Bハルク
吉田隆司
石田凱士
H・Y・O
KAI
KAZMA SAKAMOTO
ディアマンテ
デビュー 2018年9月24日 (2018-09-24)
団体

R・E・D(リアル・エクストリーム・ディフュージョン)は、日本プロレス団体DRAGON GATEヒールユニットである。

歴史[編集]

2018年9月6日、後楽園大会のメインイベント終了後Eitaが9月24日大田区大会にて新ユニット名の発表を予告、また他団体の選手、海外を含めユニットの勢力拡大を宣言し、大田区大会である選手の投入を予告した。

9月24日、大田区大会で鷹木信悟を除くANTIAS勢と共に新メンバーKAZMA SAKAMOTOが入場し新ユニット名をREAL EXTREAM DIFFUSION(リアル・エクストリーム・ディフュージョン)と発表した。試合はNATURAL VIBESとの5vs5全面対抗イリミネーションマッチが行われ、Ben-K、KAZMAの2人残りでR・E・Dの初陣を勝利で飾った。リーダーのEitaは、オープン・ザ・ブレイブゲート王座戦でドラゴン・キッドに敗れ王座から陥落した。

10月2日、後楽園ホール大会で鷹木信悟&B×Bハルクvs.Eita&XにおけるXとしてPACが登場し、実に6年3ヶ月ぶりのドラゴンゲートマット復帰となった。

11月4日、大阪大会でEitaが予告していた3人目のX、DAGAが初参戦。同じ日にビッグR清水吉田隆司YAMATO・ハルクの持つオープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王座に、Ben-Kが吉野正人の持つオープン・ザ・ドリームゲート王座にそれぞれ挑戦した。

12月4日、後楽園ホール大会でPACが吉野からドリームゲート王座を奪取し第28代王者に。

12月23日、福岡国際センター大会で清水・Ben-K(ビッグBen)が王座決定戦をツインゲート王座を、吉田・神田裕之・KAZMAがNATURA VIBES(Kzy横須賀ススム堀口元気)からオープン・ザ・トライアングルゲート王座をそれぞれ奪取した。だが、Eitaがマスカラ・コントラ・カベジェラでキッドに敗れ、坊主となった。

2019年4月27日、アクロス福岡大会でビッグBenがYAMATOKAIに敗れ、ツインゲート王座から陥落する。

5月6日の愛知県体育館大会での金網戦で清水が負け残り、ルールに則りBen-Kを追放する。

6月8日、アクロス福岡大会でKING OF GATEを制覇したBen-KがPACの保持するドリームゲート王座への挑戦を表明、7月21日・神戸ワールド記念ホール大会での防衛戦が決定した。

7月21日、神戸ワールド記念ホール大会でYAMATO・KAI組、土井成樹石田凱士組との3WAY戦を制しツインゲート王座を奪取。一方、PACがBen-Kに敗れドリームゲート王座から陥落した。

10月8日、後楽園大会で同ユニットの奥田啓介に椅子を振りかざして反則負けを喫したワタナベヒョウが望月道場を離脱し、R.E.Dに加入した。一方、セミファイナルでの8人タッグで神田がEitaをボックスで殴打、ウルティモ・ドラゴンをアシストした。試合後、神田は自らユニットを脱退、ウルティモと共闘することを選択した。

10月12日、京都大会でヒョウが“H・Y・O”に改名した。

12月4日、後楽園ホール大会で石田が加入。

12月15日、福岡国際センター大会で吉田・ディアマンテ・H・Y・Oがストロングマシーン軍団を破りトライアングルゲート王座を奪取し、石田がジェイソン・リーを破りブレイブゲート王座を防衛するも、Eita・清水がYAMATO・ハルクに敗れツインゲート王座陥落。

12月18日、後楽園ホール大会でハルクが加入。

1月15日、後楽園大会でハルク・KAZMAがツインゲート王座決定トーナメントを制覇し、王座戴冠。

2月7日、後楽園大会で吉田・ディアマンテ・H・Y・Oがキッド・斎藤了新井健一郎に敗れトライアングルゲート王座陥落。

2月29日、大阪大会で石田が堀口元気を破りブレイブゲート王座を防衛。

3月1日、大阪大会でハルク・KAZMAがYAMATO・KAIを相手にツインゲート王座防衛戦を行うが無効試合に終わった。

メンバー[編集]

元メンバー[編集]

獲得タイトル[編集]

R・E・Dが保持する王座と保持者(2020年3月17日現在)
タイトル 保持者 歴代 防衛回数 次期挑戦者 日付・場所
オープン・ザ・ブレイブゲート王座 石田凱士 第38代 2
オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王座 B×Bハルク
KAZMA SAKAMOTO
第48代
R・E・Dが挑戦する王座と保持者(2019年12月21日現在)
タイトル 挑戦者 保持者 日付・場所

第28代:PAC
(2018年12月4日獲得、2019年7月21日陥落/防衛3回)
第35代:Eita
(2018年7月22日獲得、2018年9月24日陥落/防衛1回)
第44代:ビッグR清水&Ben-K
(2018年12月23日獲得、2019年4月28日陥落/防衛2回)
第44代:Eita&ビッグR清水
(2019年7月21日獲得、2019年12月15日陥落/防衛3回)
第64代:神田裕之&吉田隆司&KAZMA SAKAMOTO
(2018年12月23日獲得、2019年7月21日陥落/防衛3回)
第66代:吉田隆司&ディアマンテ&H・Y・O
(2019年12月15日獲得、2020年2月7日陥落/防衛0回)