R-60 (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
R-60/Р-60
AA-8 エイフィド
Sukhoi SU-15TM 2008 G4.jpg
種類 短距離空対空ミサイル
製造国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦/ロシアの旗 ロシア
製造 ヴィーンペル科学製造連合
性能諸元
ミサイル直径 120mm
ミサイル全長 2,090mm
ミサイル全幅 390mm
ミサイル重量 43.5kg
弾頭 連続ロッド式・HE破片効果(3kg)
射程 8km
推進方式 固体燃料ロケット
誘導方式 赤外線ホーミング
飛翔速度 M2.7
テンプレートを表示

R-60:Р-60、NATOコードネーム:AA-8 エイフィド(Aphid、アブラムシ)は、ソビエト連邦の第4設計局「モルニヤ」(現在のヴィーンペル科学製造連合)が開発した、赤外線追尾式の短距離空対空ミサイルである。

歴史[編集]

R-60は、当初はMiG-23 フロッガー向けの装備として1960年代後半に開発が開始され、モルニヤ設計局内部ではK-60(изделие 62)のコードネームが与えられた。1973年には生産が開始され、R-60(NATOコードネーム:エイフィドA)として制式採用された。

R-60は、44kgの全体重量など、採用当時としては世界最小の空対空ミサイルの1つであった。このため、ハードポイントに専用の2連装発射レールを取り付けることによって、前任のR-3/R-13(AA-2 アトール)よりも多数のミサイルを装着することも可能である。後継のR-73(AA-11 アーチャー)の登場後も、ソ連構成国を始めとする多くの国々で運用されている。

誘導方式は赤外線追尾方式で、シーカーヘッドのコマール(Комар:ロシア語で「」のこと)は冷却装置を持たないが、±12°の視野角で標的を捕捉・追尾する能力がある。推進方向のコントロールは、前面の三角型の動翼と後翼フィンを使って制御する。動翼の前部に配置された独特の形状のカナード翼は、動翼の急角度における姿勢制御効果を向上させ、最大8Gでの急旋回を実現させた。

2017年現在生産は行われていないが未だ多数が現役でありいくつかのアップグレードも提供されている。ウクライナのアーセナルではUA-96シーカーと交換するアップグレードを提案。シーカーの冷却方式を空冷とし赤外線ウィンドウの後ろに4つの小さな吸気口を設けることで、ヘッド・オン・クローズ・エンゲージメントを提供する検出能力を高めている。アーセナルは、前半半分で最大10km(5.4nm)のエンゲージメント能力を要求している[1]。ベラルーシのBSVTではR-60BMを提案している(後述)。

派生型[編集]

R-60(NATOコードネーム:エイフィドA)
初期型。シーカーは非冷却式で、視野角は±12°。
UZ-62, UZR-60
R-60の訓練用模擬弾
R-60M(NATOコードネーム:エイフィドB)
シーカーを窒素冷却式に変更。視野角を±20°に拡大するとともに、限定的ながらも全方位交戦能力を獲得。最小射程も200mに短縮。弾頭重量を3.5kgに増強[2]
R-60MK
R-60Mの輸出型。
R-60MU
R-60Mの訓練用模擬弾。
R-60BM
2017年にベラルーシのBSVTが公開したアップグレード型。ミサイルの妨害抵抗を大幅に増加させる新しい2レンジシーカーを特徴とし、新しいデュアルモードエンジンと新しいオートパイロットコントロールユニットを備えミサイルの動作範囲は10㎞、最大は20kmとなっている。また目標近くで確実に弾頭を起爆するため新しいレーザー近接信管が装備されている。戦闘機または防空ミサイルシステムから発射することが可能である[3]

採用国[編集]

現用
退役済み

搭載航空機[編集]

ソ連空軍MiG-21SM フィッシュベッド。主翼内側ハードポイントにR-60、外側ハードポイントにR-3RSARH誘導)を装備
ポーランド空軍MiG-23MF フロッガー。胴体下部に搭載している小型のミサイルがR-60で、2連装式ラックを介して胴体下部ハードポイントに搭載している
主翼下部に搭載している大型のミサイルは、中距離空対空ミサイルR-23もしくはR-24NATOコードネーム:AA-7 エイペックス)
セルビア空軍及び防空軍英語版L-18MiG-29 ファルクラム)主翼下のミサイル。内側からR-27R-73、R-60
ポーランド空軍のSu-22M4 フィッター。左右各主翼下部の中間部のハードポイントはR-60専用
グルジア空軍Su-25 フロッグフット。主翼の一番外側のハードポイントにR-60を装備
ソ連海軍航空隊のYak-38 フォージャー。内側主翼にR-60を装備
後期型のMiG-21SM/MF/MT/SMT/ST/bis/-93/Bison/LanceRが装備可能。
改良型のMiG-25PD/PDSが装備。
Su-17M3(WTO加盟国向けのSu-22M3、その他親ソ国向けのSu-22Mを含む)、Su-17M4(輸出型のSu-22M4を含む)が装備可能。主翼に専用ハードポイントパイロンを装備。
兵装訓練・軽攻撃機仕様のL-39ZAが運用能力を有する。


関連項目[編集]

出典・参考サイト[編集]