RBU-1000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

RBU-1000「スメールチ3」ソビエト連邦が開発した300mm口径の対潜迫撃砲であり、対魚雷用としても用いられる。ロケット弾とされた爆雷を投射するもので、1962年から1963年頃より運用を開始した。

概要[編集]

発射機は6本のロケット発射用チューブを馬蹄形様に配した形状をしており、ブルヤ火器管制システムによりコントロールされる。操作要員として3人要し、2人は弾薬庫に、1人は管制操作に配される。

RGB-10ロケットが発射されるが、目標を特定してから最初のロケットの目標到達に要する時間は約2分、目標のデータが予め特定できていれば所要時間はを1分以下にすることも可能である。

一度に発射する数は1、2、4、または6発の中から選択でき、1秒間隔で発射される。装填は自動化されており、次発装填に要する時間は3分以下である。一つの発射機当たり60発または48発のロケットが搭載される。

要目[編集]

発射機[編集]

  • 重量: 2,900 kg
  • 長さ: 2.165 m
  • 幅: 2 mm
  • 高さ: 2.030 m
  • 旋回速度: 30 °/秒

RGB-10ロケット[編集]

  • 射程: 100 m から 1,000 m
  • 重量: 97 kg
  • 口径: 300 mm
  • 長さ: 1800 mm
  • 沈降率: 11.8 m/秒
  • 最大深度: 450 m

搭載艦艇[編集]

RBU-1000を搭載する艦艇(現役または退役艦艇)

関連項目[編集]