RBU-1200

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
RBU-1200
RBU-1200 Pauk.jpg
種類 対潜迫撃砲
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
運用史
配備期間 1950年代〜現代
諸元
砲弾重量 70 kg
口径 250mm
銃砲身 5連装
最大射程 1,450 m
炸薬量 32 kg
テンプレートを表示

RBU-1200ソビエト連邦が開発した対潜迫撃砲ロケット弾とされた爆雷を投射するもので、対潜攻撃指揮装置とともにウラガン・システムを構成する。

概要[編集]

RBU-1200は、新世代の対潜前投兵器として、1950年代後半に開発された。発射機は、口径250ミリメートル、長さ1.4メートルの砲身を5本束ねたもので、俯角51度までの俯仰が可能だが、旋回はできない。再装填は人力である。

ロケット爆雷は、重量70キログラム、炸薬量34キログラムで、危害半径は6メートル。最大射程は1,450メートル。5連装発射機から発射された場合、爆雷は70×150メートルに拡散して着弾する。なお、のちに中国は、弾体重量40キログラム、炸薬量3キログラムまで軽量化する一方、射程を2,000メートルまで延伸したものを開発した。

RBU-1200は、1950年代から1960年代にかけて、ソビエト海軍の多くの艦艇に搭載されたほか、多くの同盟国に輸出されて使用された。また、のちにRBU-6000など、西側でRBUシリーズとして知られる多くの発達・派生型のもととなった。なお、番号が近いRBU-1000 スメールチ3は、大型艦が近距離での自衛射撃に使用するものとして開発された、高度に自動化された対潜ロケット・システムであり、本機の系譜に連なってはいるものの、ほとんど別物の兵器である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]