RCCラジオ・チャリティー・ミュージックソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
RCCラジオ・チャリティ・ミュージックソン
ジャンル チャリティー番組
放送方式 生放送
放送期間 2008年 - 放送中
放送時間 毎年12月24日-12月25日
放送時間は年によって異なる
放送局 中国放送(RCCラジオ)
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

RCCラジオ・チャリティ・ミュージックソン』は、中国放送(RCCラジオ)で毎年12月24日から12月25日にわたって放送されるチャリティーラジオ番組である。「ラジオ・チャリティー・ミュージックソン」のローカル版(企画ネット番組)である。

概要[編集]

1986年からミュージックソンの参加局は和歌山放送ラジオ沖縄が参加して以来22年間にわたって、9つの放送局で展開していて、それ以降、新たに参加する放送局がなかったが、2008年より、22年ぶりに新たにRCCがミュージックソンに参加した。ただし、2008年の場合、メインパーソナリティはリレー形式(RCCアナウンサーの本名正憲青山高治横山雄二)で放送したが、2009年からはメインパーソナリティを一本に絞って放送している。また、深夜帯も原則的に自社制作番組としている。

2008年から2011年までのテーマ曲は森本ケンタ作詞・作曲による「結」だったが、2012年以降はYASSが作曲し、横山雄二が作詞を担当した「メロディ」がテーマ曲として流れる[1]。同曲は放送日近くの各番組内やスポットCMで流れる他、当番組内でもパーソナリティやアナウンサーが歌う。

募金活動が開始される11月1日には募金受付を行う広島銀行などをメイン出演者であるアナウンサーが訪れて協力のお願いと募金箱を贈呈する「開始式」が毎年行われる。この模様は平日に当たる場合は『平成ラヂオバラエティごぜん様さま[2]などワイド番組内でも中継される。

出演者[編集]

パーソナリティ一覧[編集]

放送年 総合司会・進行担当アナ テーマ 特記事項
1 2008年 リレー形式
2 2009年 アンガールズ
3 2010年 青山高治
4 2011年 横山雄二
5 2012年 横山雄二
泉水はる佳
6 2013年 横山雄二
7 2014年 泉水はる佳
8 2015年 河村綾奈
中根夕希
9 2016年 泉水はる佳
河村綾奈
中根夕希
言えなかったありがとう
10 2017年 横山雄二 家族にありがとう
11 2018年 優しい気持ちで、支え合う
10 2019年 渕上沙紀 小さな助け合い。今、私たちにできること

例年の放送内容[編集]

メイン会場をゆめタウン広島[3]1階のウエストコートとしてこの会場を中心に生放送を展開。メインMCは原則この場所から放送し、唯一の全国ネットパートとなる「声の握手」もここから中継される。それ以外でも県内各地(主にゆめタウン・LECTなど)にパーソナリティやラジオカーレポーターを派遣し随時中継を結ぶ。

会場の入れ替えなどの時間帯、また閉店時間中は本社からの放送となり、夜間はRCC本社ロビーから公開生放送でアーティストや『ごぜん様さま』パーソナリティによる生ライブが行われる。このライブは21時を境にした2部構成で、1部は『バリシャキNOW』をベースとした内容、30分の中断を挟んだ21時半過ぎからの第2部は『平成ラヂオバラエティごぜん様さま』をベースとした内容になっている。

ライブ終了後の25時からの深夜企画は本社第2スタジオに場所を移して自社制作の生放送を行う。2015年度以降はライブの第2部に引き続き『ごぜん様さま』をベースとした『まよなか様さま』が恒例番組となっている[4][5]。『まよなか様さま』は27時を境にした2部構成で、通常の『オールナイトニッポン』にあたる25・26時台は『ごぜん様さま』の火〜金パーソナリティである、上記メインMCを含むアナウンサー陣によるチャリティーオークション、『走れ!歌謡曲』にあたる27・28時台は、上記メインMCが残って毎年異なる企画を行う。

2日目の朝は本社第1スタジオより、7時からおおむね10時台中盤まで放送され、『本名正憲のおはようラジオ』をベースとしたニュース天気交通情報といった朝の情報と音楽を中心とした編成となる。終盤は再びゆめタウン広島のメイン会場から公開生放送に戻る。

夕方、夜のライブ1部と2部の間、朝5〜6時台はNRN・JRNのネット番組を優先する兼ね合いから番組は中断される。

脚注[編集]

  1. ^ MEDIA - YASS公式サイト / NEWS
  2. ^ 同番組で中継する場合、訪れるのはその日の担当以外の曜日パーソナリティのアナウンサーとなる。
  3. ^ この関係からゆめタウンを運営するイズミが協賛スポンサーに加わっている。なお、イズミは九州朝日放送と西日本放送のミュージックソンにも協賛している。
  4. ^ 2014年度は『RadiPrism』がベースだった
  5. ^ オールナイトニッポン ラジオ・チャリティー・ミュージックソン』はネット返上、『日野ミッドナイトグラフィティ 走れ!歌謡曲』も休止される。なお、2番組のスポンサーについては深夜枠内で振り替えて放送される

関連項目[編集]