RING (B'zの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
B'z > 作品リスト > RING (B'zの曲)
RING
B'zシングル
初出アルバム『ELEVEN
B面 guilty
リリース
規格 マキシシングル
録音 1999年 - 2000年
ジャンル
時間
レーベル Rooms RECORDS
作詞・作曲
プロデュース 松本孝弘
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[2]
  • 2000年10月度月間1位(オリコン)
  • 2000年度年間37位(オリコン)
  • B'z シングル 年表
    • RING
    • (2000年)
    ELEVEN 収録曲
    信じるくらいいいだろう
    (3)
    RING
    (4)
    愛のprisoner
    (5)
    ミュージック・ビデオ(Short ver.)
    「RING」 - YouTube
    テンプレートを表示

    RING」(リング)は、日本の音楽ユニットB'zの楽曲。2000年10月4日にVERMILLION RECORDSより30作目のシングルとして発売された。

    概要[編集]

    11thアルバム『ELEVEN』からの先行シングル。

    ジャケット写真は能古島にあるのこのしまアイランドパークで、台風通過後の雨上がりの中で撮影された[3][4]

    B'zの2000年に出された4作目のシングルであり、普段は1年に2〜3作程のペースでシングルをリリースする彼らにとっては珍しいケースで、同じ年にシングルを4作以上発売したのは1990年以来。

    CMPV版と、同年8月9日・千葉マリンスタジアムで未発表曲として豪雨の中披露された際のライブ映像の2バージョンが放送された。

    松田聖子のオリコン首位獲得数25作を抜いて、26作となり約4年6ヶ月振りに首位獲得数歴代1位による新記録を達成した。

    収録曲[編集]

    1. RING (4:02)
      曲は半音階を用いたオリエンタルな雰囲気のバラード[5]
      タイトルの「RING」は「(鈴などが)鳴る」という意味で使われている[6]
      松本によると、1999年の『B'z LIVE-GYM'99 "Brotherhood"』ツアー終了後より始まった『ELEVEN』のレコーディングで最初に出来た楽曲[7]。楽曲自体はツアーの福岡ドーム公演の際の楽屋で書かれたもので、映像作品『The true meaning of "Brotherhood"?』の特典映像として、レコーディング風景が収録されている[7]
      同年に行われた『B'z LIVE-GYM Pleasure 2000 "juice"』で28人のストリングス隊と共に未発表曲として[6]札幌公演から披露された。
      ミュージック・ビデオは、3倍速になった音に対して松本と稲葉が手と口の動きを合わせるというハイスピード撮影によるもの[8]
      発売時には松本・稲葉ともに満足度が高いと発言しており、「(B'zのシングル曲では)珍しい前衛的な曲」[9]と評されたが、翌年に行われた『B'z LIVE-GYM 2001 "ELEVEN"』では、アルバム収録のシングル曲だったが演奏されず、それ以降のライブでも一切演奏されていない。
    2. guilty (3:28)
      ギターリフのアイデアから制作された楽曲[7]
      アルバム未収録且つ、ライブ未演奏曲。

    タイアップ[編集]

    参加ミュージシャン[編集]

    収録アルバム[編集]

    RING

    ライブ映像作品[編集]

    RING

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    出典[編集]

    1. ^ GOLD ALBUM他 認定作品」『The Record』第493号、日本レコード協会、2000年12月、 8頁。
    2. ^ “B'z、歴代No.1アーティストまでの軌跡!”. ORICON NEWS (オリコン). (2006年5月25日). https://www.oricon.co.jp/news/22742/full/ 2020年9月8日閲覧。 
    3. ^ のこのしまアイランドパークの2018年9月6日のツイート2020年7月24日閲覧。
    4. ^ 『music freak magazine & Es Flash Back B'z XXV Memories II』エムアールエム、2013年、137頁。
    5. ^ 佐伯明『B'z ウルトラクロニクル』ソニー・マガジンズ、2003年、398頁。ISBN 978-4789721011。
    6. ^ a b MUSIC FREAK MAGAZINE - B'z Dictionary(「RING」の項)”. エムアールエム. 2019年9月28日閲覧。
    7. ^ a b c 『music freak magazine & Es Flash Back B'z XXV Memories I』エムアールエム、2013年、151頁。
    8. ^ 『music freak magazine & Es Flash Back B'z XXV Memories I』エムアールエム、2013年、189頁。
    9. ^ Music Freak Vol.132より。

    関連項目[編集]