RIVA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

RIVA(リーヴァ)は米NVIDIA社のビデオチップ(グラフィックアクセラレータ)である。 1990年代後半のNVIDIAの成長を支えた。

Canopus RIVA TNT
Canopus RIVA TNT2 Ultra

目次

概要

1993年に設立されたNVIDIAは、3Dアクセラレーション機能をもつNV1を開発した。NV1は曲面描画エンジンを採用し、専用のソフトウェア製品では高い性能を発揮したものの、MicrosoftDirectXにおいて多角形(ポリゴン)描画を仕様としたため、Direct3Dへの対応が不完全なNV1の売り上げは伸びなかった。

NVIDIAは、セガドリームキャストに向けてNV1を元にしたNV2を設計したが、曲面描画エンジンは、DirectXを利用してゲームタイトルを移植することが難しく、多角形描画が一般的になりつつあったことから途中で中止された。

この反省からNVIDIAは、多角形描画を採用しDirectXに対応、Direct3Dの性能を追求したビデオチップNV3を開発し、1997年にRIVA 128として発表した。RIVA 128は、描画品質はあまり良くなかったが、描画速度が非常に高速であり高解像度のディスプレイもサポートしていた。また、RIVA 128は低価格であり多くのOEMメーカーが搭載ボードを販売した。

1998年にNVIDIAは、RIVA 128の後継としてDirectX6に対応し、マルチテクスチャリング処理が可能となったRIVA TNT(開発コード名はNV4)を発表した。RIVA TNTは2本のピクセルパイプラインを持ち(製品名のTNTはTwiN Texelからとられた)、24ビットのZバッファを採用しており、描画品質も改善されている。また1999年には、RIVA TNTの後継として32ビットのフレームバッファをもつRIVA TNT2(開発コード名はNV5)を発表、後に廉価版のRIVA TNT2 M64とRIVA TNT2 Vanta(ともに開発コード名はNV6)、チップセットにグラフィックコアを統合したALADDiN-TNT2なども販売された。

RIVA 128 GPU
RIVA 128ZX GPU
RIVA TNT GPU
RIVA TNT2 Ultra GPU
RIVA TNT2 VANTA GPU

RIVA 128

  • 製造プロセス 0.35μm
  • トランジスタ数 350万
  • コアクロック 100MHz
  • メモリクロック 100MHz
  • RAMDAC 230MHz 250MHz(ZX)
  • インターフェイス AGPまたはAGP 2x(ZX)およびPCI

RIVA 128

  • ビデオメモリ SGRAM 4MB

RIVA 128 ZX

  • ビデオメモリ SGRAM 8MB

RIVA TNT

  • 製造プロセス 0.35μm/0.25μm
  • トランジスタ数 700万
  • コアクロック 90MHz(0.35μm) 125MHz(0.25μm)
  • メモリクロック 125MHz
  • RAMDAC 250MHz
  • メモリインターフェイス 128ビット
  • ビデオメモリ SDRAM 16MB
  • インターフェイス AGP2xおよびPCI

RIVA TNT2

  • 製造プロセス 0.25μm
  • トランジスタ数 1500万
  • RAMDAC 300MHz
  • メモリインターフェイス 128ビット 64ビット(M64とVanta)
  • ビデオメモリ SDRAM 32MB
  • インターフェイス AGP2xおよびPCI

RIVA TNT2 Ultra

  • コアクロック 150MHz
  • メモリクロック 183MHz

RIVA TNT2 Pro

  • コアクロック 143MHz
  • メモリクロック 166MHz

RIVA TNT2

  • コアクロック 125MHz
  • メモリクロック 150MHz

RIVA TNT2 M64

  • コアクロック 125MHz
  • メモリクロック 135MHz

RIVA TNT2 Vanta

  • コアクロック 100MHz
  • メモリクロック 110MHz

RIVA TNT2 Vanta LT

  • コアクロック 80MHz
  • メモリクロック 100MHz

関連項目

ウィキメディア・コモンズ

今日は何の日(2月22日

もっと見る

「RIVA」のQ&A