RIZAPグループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
RIZAPグループ株式会社
RIZAP GROUP, Inc.
Shinjuku front tower 2012.JPG
本社の入居する新宿フロントタワー
種類 株式会社
市場情報
アンビシャス 2928
2006年5月30日上場
本社所在地 日本の旗 日本
169-0074
東京都新宿区北新宿2-21-1
新宿フロントタワー31F
設立 2003年(平成15年)4月10日
業種 サービス業
法人番号 2011201012987 ウィキデータを編集
事業内容 純粋持株会社
代表者 代表取締役社長 瀬戸健
資本金 192億円
2019年3月31日現在)
発行済株式総数 5億5621万8千株
(2019年3月31日現在)
売上高 連結:2,225億円
(2019年3月期)
純利益 連結:△193億93百万円
(2019年3月期)
純資産 連結:423億96百万円
(2019年3月31日現在)
総資産 連結:1,803億6百万円
(2019年3月31日現在)
従業員数 連結:7,640名
単体:380名(2019年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 CBM株式会社 31.89%
瀬戸健 26.98%
瀬戸早苗 4.18%
鈴木伸子 0.62%
アイデン株式会社 0.56%
松村元 0.47%
松村京子 0.41%
資産管理サービス信託銀行株式会社(証券投資信託口) 0.38%
瀬戸誠 0.22%
新将命 0.21%
(2019年3月31日現在)
主要子会社 グループ会社参照
外部リンク https://www.rizapgroup.com/
特記事項:連結指標は国際財務報告基準で記載。売上高は売上収益、純利益は親会社の所有者に帰属する当期利益、純資産は親会社の所有者に帰属する持分、総資産は資産合計。
テンプレートを表示

RIZAPグループ株式会社(ライザップグループ、英称: RIZAP GROUP, Inc.)は、健康食品ダイエット食品の製造・販売などを行っている子会社を総括する持株会社

概要[編集]

瀬戸健が2003年4月に設立した、健康食品等の通信販売を手がける健康コーポレーションを起源としている。「結果にコミットする」をキャッチフレーズに2-3カ月で大幅な体重減と体型改善を目指すパーソナル・トレーニングジム「RIZAP」事業の急成長[1]と、美容や健康、アパレル分野などへの積極的なM&Aにより事業規模を急拡大させている[2]。現在の企業は2016年に健康コーポレーションの持株会社化により社名変更したもの。社名の「RIZAP」は「RISE」と「UP」を組み合わせた造語で、“どん底の状態からでも、その人が望む限り、必ず高く飛躍できる”という意味が込められているという[3]

札幌証券取引所の新興企業向け市場アンビシャス上場している[4]が、筆頭株主のCBM株式会社(創業者である瀬戸健の資産管理会社)を含め、瀬戸健の一族で6割以上の株式を所有し、実質的に同族経営を行っている。組織形態は監査等委員会設置会社

2018年11月14日に、業績予想が赤字に転落する見込みとの状況を受け、当面は新規のM&Aを原則凍結する、不採算事業からの撤退・売却を行う、成長事業への経営資源集中などを柱とした構造改革を実施することを明らかにした[5][6]

沿革[編集]

  • 2003年
    • 4月 - 東京都中野区に健康コーポレーション株式会社を設立[7]
  • 2006年
    • 5月 - 札幌証券取引所アンビシャスに上場。
  • 2007年
    • 9月 - 持株会社に移行し、商号を健康ホールディングス株式会社に変更。同時に健康コーポレーション株式会社(2代)を設立し、全事業を承継させた[8]
  • 2012年
    • 1月 - 事業子会社の健康コーポレーション株式会社(2代)を吸収合併し、商号を健康コーポレーション株式会社(3代)に変更[9]
  • 2016年
    • 7月 - 事業部門を健康コーポレーション株式会社(4代)に分社した上で、商号をRIZAPグループ株式会社に変更[10]
  • 2017年
  • 2018年
  • 2019年
    • 1月 - 株式会社ジャパンゲートウェイの全株式を株式会社萬楽庵に譲渡[15]
    • 3月 - RIZAP株式会社とRIZAPイノベーションズ株式会社を合併。
    • 4月 - グループ再編を行い、中核子会社(10社)およびその傘下のグループ会社群から構成される体制に再編・集約。また、機能子会社としてRIZAPトレーディング株式会社を設立[16]
    • 5月 - 子会社である株式会社タツミプランニング(現株式会社タツミマネジメント)が同社の戸建住宅事業・リフォーム事業を新設分割し、新設会社の全株式を高松建設株式会社に譲渡[17]。吉野家で「ライザップ 牛 サラダ」販売開始。
    • 12月 - 株式会社ぱどの保有全株式を、畑野幸治による株式公開買付けに応募し譲渡[18]
  • 2020年
    • 3月 - 株式会社三鈴の株式をITbookホールディングス株式会社の子会社である東京アプリケーションシステム株式会社に譲渡[19]

グループ会社[編集]

以下はすべて連結子会社である。

過去のグループ会社

提供番組[編集]

関連人物[編集]

歴代CM出演者

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 浜田敬子・小島寛明 (2017年8月10日). “急膨張するRIZAP。アパレルから住宅まで51社5000人で結果にコミットできるか——瀬戸社長に聞く”. Business Insider. 2018年4月6日閲覧。
  2. ^ a b 桂木英一 (2018年4月6日). “日本企業の「爆買い」続けるRIZAP、M&Aのプロが指摘する「二つの死角」”. Business Insider. 2018年4月6日閲覧。
  3. ^ 社名の由来”. RIZAPグループ. 2018年4月6日閲覧。
  4. ^ 2928 RIZAPグループ:日経会社情報:マーケット :日本経済新聞
  5. ^ 連結業績予想及び配当予想の修正、当社グループの構造改革に関するお知らせ 〜持続的成長に向けた抜本的な構造改革に着手へ〜RIZAPグループ 2018年11月14日
  6. ^ データを読む RIZAPグループ 2019年通期赤字予想、グループ企業は「売らない」方針から転換東京商工リサーチ 2018年11月14日
  7. ^ 以下、沿革は第13期有価証券報告書の【沿革】などにて閲覧できる。
  8. ^ 会社新設分割による純粋持株会社体制移行についてのお知らせ 2007年5月15日付リリース、組織変更および人事異動に関するお知らせ 2007年8月31日付リリース。
  9. ^ 連結子会社の吸収合併に関するお知らせ 2011年9月15日付リリース。
  10. ^ 『RIZAPグループ株式会社』体制への移行方針決定に関するお知らせ
  11. ^ RIZAP株式会社の仲間に株式会社B&Dが加わりました!”. rizap. 2017年12月31日閲覧。
  12. ^ 連結子会社の異動(株式譲渡)に関するお知らせ”. ヒマラヤ. 2017年12月31日閲覧。
  13. ^ 株式会社ワンダーコーポレーション株式(証券コード3344)に対する公開買付けの結果及び連結子会社の異動に関するお知らせ”. RIZAPグループ. 2018年3月29日閲覧。
  14. ^ マルコ株式会社の会社分割による持株会社体制移行及び子会社(分割準備会社)の設立に関するお知らせ”. RIZAPグループ. 2018年4月3日閲覧。
  15. ^ 当社グループの構造改革に伴う連結子会社の異動(株式譲渡)に関するお知らせ~株式会社ジャパンゲートウェイを株式会社萬楽庵に譲渡~”. RIZAPグループ. 2019年1月26日閲覧。
  16. ^ 取締役人事および当社グループの新経営体制に関するお知らせ~取締役会議長として 中井戸 信英 氏を招聘し、コーポレートガバナンスの進化へ~”. RIZAPグループ. 2019年4月27日閲覧。
  17. ^ 当社グループの構造改革に伴う子会社である株式会社タツミプランニングの会社分割(新設分割)及び新設会社の株式譲渡に関するお知らせ”. RIZAPグループ. 2019年4月28日閲覧。
  18. ^ 畑野幸治氏による株式会社ぱどの公開買付の結果並びに子会社の異動に関するお知らせ”. RIZAPグループ. 2019年12月5日閲覧。
  19. ^ ITbookホールディングス<1447>、RIZAP傘下で婦人服の三鈴を子会社化”. M&A Online. 2020年4月3日閲覧。
  20. ^ 子会社の異動を伴う子会社株式の公開買付け応募の結果に関するお知らせ (PDF) 2014年1月10日付リリース。
  21. ^ フジサンケイグループからの移籍後も、産業経済新聞社フジ・メディア・ホールディングスとの友好関係を継続し、「サンケイ」の商号を継続使用している。
  22. ^ a b c アドバイザー一覧RIZAPグループ