ROAD TO WRESTLEMANIA 21 JAPAN TOUR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
興行が開かれたさいたまスーパーアリーナ

ROAD TO WRESTLEMANIA 21 JAPAN TOURは、アメリカのプロレス団体WWEが主宰する、プロレス興行の名称。2005年2月4日(RAW)、2月5日(SmackDown!)にさいたまスーパーアリーナで開催された。

概要[編集]

北米大陸以外の地域ではイギリス・マンチェスター大会・オーストラリア大会に続く3カ国目、アジア地域では初のTVショー開催ということで注目を集め、2日間で3万5000人を動員。当時WWEに所属していたフナキタジリケンゾー・スズキヒロコの日本人レスラー4人や、若手時代に日本マットで経験を積んでいたエディ・ゲレロクリス・ベノワクリス・ジェリコ等も来日した。2002年以降、WWEは年2回のペースで日本公演を行っていたがその全てがハウス・ショーであり、今回6度目で日本でのTVショー公演が実現した。

選手の他、RAWでは、ゼネラルマネージャー(当時)のエリック・ビショフが開会宣言を行い、実況チームのジム・ロス&ジェリー・ローラーも花道横の実況ブースでこの大会を実況した。また、WWEオーナーのビンス・マクマホンも初来日を果たす予定であったが、日本公演直前に開催されたRoyal Rumble 2005のスキットで両足を負傷し手術を行った為来日を断念。副社長のシェイン・マクマホンが来日し挨拶を行った。

放送日は、米国本国では、RAWが2月7日、SmackDown!が2月8日に、日本のJ SPORTSでは、RAWが2月28日、SmackDown!が3月1日に放送され、フジテレビでは、先行番組として、「WWE新春スペシャル 芸能人WWEサポーターズ」が1月4日に、本放送として、「WWE-X テレビショー日本公演スペシャル」が3月1日に放送された。その後にWWEの虜になったファンの願いもあってかRAW・SmackDown!それぞれの放映分が2008年にDVDがリリースされた。

試合結果[編集]

ROAD TO WRESTLEMANIA 21 JAPAN TOUR
イベント詳細
シリーズ RAW
主催 WWE
開催年月日 2005年2月4日
開催地 日本の旗 日本埼玉県
会場 さいたまスーパーアリーナ
試合数 全10試合
放送局 J SPORTS
実況:ジム・ロス
解説:ジェリー・ローラー
フジテレビ
実況:三村ロンド
解説:Mrビーフジャーキー
入場者数 16,363人

RAW[編集]

  • 開催日 : 2005年2月4日
  • 観客動員数 : 16,363人

Heat[編集]

シェルトン・ベンジャミン(王者)(9分5秒、Tボーン・スープレックス→片エビ固め)バル・ビーナス(挑戦者)●
ベンジャミン、防衛成功。

RAW[編集]

  • サブミッション・マッチ -Submission Match-
クリス・ベノワ(9分38秒、クリップラー・クロスフェイス)クリス・ジェリコ
●ラ・レジスタンス(シルヴァン・グラニエロブ・コンウェイ)(王者)(4分35秒、バズソーキック→片エビ固め)TAJIRIウィリアム・リーガル(挑戦者)○
ラ・レジスタンス防衛失敗、TAJIRI・リーガル組が新王者となる。
トリプルH(王者)(w/ リック・フレアー)(16分49秒、ペディグリー→片エビ固め)エッジ(挑戦者)●
トリプルH、防衛成功。

スマックダウン[編集]

ROAD TO WRESTLEMANIA 21 JAPAN TOUR
イベント詳細
シリーズ SmackDown!
主催 WWE
開催年月日 2005年2月5日
開催地 日本の旗 日本埼玉県
会場 さいたまスーパーアリーナ
試合数 全10試合
放送局 J SPORTS
実況:マイケル・コール
解説:タズ
フジテレビ
実況:三村ロンド
解説:Mrビーフジャーキー
入場者数 18,757人
  • 開催日 : 2005年2月5日
  • 観客動員数 : 18,757人

ヴェロシティ[編集]

スマックダウン[編集]

バシャム・ブラザーズ(ダグ&ダニー(王者)(9分34秒、アンダーテイカー乱入により無効試合)マーク・ジンドラック&ルーサー・レインズ(挑戦者)
フナキ(王者)(7分55秒、トルネードDDT→片エビ固め)チャボ・ゲレロ(挑戦者)●
フナキ、防衛成功。
  • WWEヘビー級次期挑戦者決定トーナメント1回戦 第三試合
ジョン・シナ(5分1秒、FU→片エビ固め)オーランド・ジョーダン
  • キモノマッチ(着物剥ぎ取りデスマッチ)
トリー・ウィルソン(1分43秒、着物剥奪)ヒロコ
  • WWEヘビー級次期挑戦者決定トーナメント1回戦 第四試合
カート・アングル(17分13秒、アンクルロック)レイ・ミステリオ
ジ・アンダーテイカー(17分4秒、裏十字固め)ハイデンライク