ROCKDOM -風に吹かれて-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
THE ALFEE > ディスコグラフィ > ROCKDOM -風に吹かれて-
ROCKDOM -風に吹かれて-
THE ALFEEシングル
初出アルバム『AGES(#1)
SINGLE HISTORY II(#2)』
B面 DAYS GONE BY
リリース
ジャンル J-POP
レーベル F-LABEL
作詞・作曲 高見沢俊彦
チャート最高順位
THE ALFEE シングル 年表
SWEAT&TEARS
(1986年)
ROCKDOM -風に吹かれて-
(1986年)
君が通り過ぎたあとに -Don't Pass Me By-
サファイアの瞳
1987年
収録アルバムAGES
SWEAT&TEARS (re-mix)
(5)
ROCKDOM
-風に吹かれて-
(re-mix)

(6)
WIND OF TIME
(7)
テンプレートを表示

ROCKDOM -風に吹かれて-」(ロックダム かぜにふかれて)は、THE ALFEEの24枚目のシングル

概要[ソースを編集]

タイトルの「Rockdom」とは、RockとFreedomを掛け合わせた造語(高見沢談)。前作に続き高見沢がリードボーカル。カップリング曲は全英詞。

「THE ALFEE 1986.8.3 TOKYO BAY-AREA」のアンコールで、「ラブレター」に続き初披露された。

全共闘運動とその当時(=1969年)を懐かしむような内容の歌詞、10万人コンサートの成功から、“アルフィーが解散するのではないか?”という憶測が飛んだ(全共闘運動は大学のみならず高等学校にも波及したが、アルフィーは全員1954年度生まれで当時中学生であり、直接関わった世代ではない)。

ザ・ベストテン』でファンからの質問として「アルフィーが解散するって本当ですか?」というはがきが読まれ、それに対し坂崎が冗談で「うちに帰ってから考えます」と返したことも火に油を注ぎ、更に同年武道館で披露された「LAST STAGE」が追い打ちをかけた。

しかしその後、本人達から何の説明もなく、35年以上経った2021年現在も継続して活動中である。

ザ・ベストテン』ランキング初登場時、ロサンゼルスA&Mレコードスタジオから衛星中継、その時当て振りで坂崎はドラムを叩いて歌唱した。

韓国の歌手イ・スヨンにより、「初恋のあの子(韓国語表記は첫사랑 그 아이)」として韓国語バージョンにてカバーされているが、歌詞の訳詞はオリジナルとは大幅に変更されている。

収録曲[ソースを編集]

  1. ROCKDOM -風に吹かれて-
  2. DAYS GONE BY
    • 作詞・作曲:高見沢俊彦 訳詞:Linda Hennrick 編曲:THE ALFEE

収録作品[ソースを編集]

参加ミュージシャン[ソースを編集]

品番[ソースを編集]

  • EP:7A0627
  • カセット:10P3015
  • CD:S10A0132

脚注[ソースを編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ オリコンランキング情報サービス you大樹
  2. ^ a b 角川インタラクティブ・メディア「別冊ザ・テレビジョン ザ・ベストテン 〜蘇る! 80'sポップスHITヒストリー〜」P145