ROCKS TOKYO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ROCKS TOKYO
概要
開催年 2010年 - 2012年
会場 日本の旗 日本
東京都 若洲公園
主催 ROCKS TOKYO 実行委員会
ジャンル ロック
外部リンク
公式サイト
テンプレートを表示

ROCKS TOKYO」は、東京都内で開催されていた野外ロック・フェスティバルの1つ。

概要[編集]

2010年から2012年まで、毎年5月に東京都・新木場若洲公園で行われていた野外音楽フェスティバルである。

プロデューサーは矢野貴志、オーガナイザーは鹿野淳が務め、実行委員会はSUMMER SONICをも手掛けるクリエイティブマンプロダクションのほか、チケットぴあテレビ朝日TOKYO FM、FAECが参加していた。なお2012年はtomatoのサイモン・テイラーもクリエイティブディレクションを担当していた[1]

ROCKS TOKYO』というイベント名はPRIMAL SCREAMの楽曲「Rocks」が由来。2012年には実際にPRIMAL SCREAMがダブルヘッドライナーとして出演し、同曲を演奏した[2]

しかし2012年10月にオーガナイザーの鹿野が自身のTwitterで「ROCKS TOKYO」の開催終了を伝える旨のツイートを投稿[3]、さらに11月には実行委員会が公式ホームページに「2012年をもって終了することになりました」と綴った声明文を掲載し、正式に開催終了となった[4]

「ROCKS TOKYO」が開催終了した翌年の2013年には5月11日5月12日に矢野貴志がプロデューサーを務める『TOKYO ROCKS 2013』が味の素スタジアムにて開催される予定だったが、事務局内の問題により開催中止となった[5]。なお、鹿野は「TOKYO ROCKS 2013」の運営には携わっておらず、また前年10月の鹿野によるツイートによれば「TOKYO ROCKS 2013」は「ROCKS TOKYO」とは全く関係のないイベントである[3]

略歴[編集]

2010年[編集]

5月29日、5月30日に開催。

WIND STAGE BAYSIDE STAGE NEXUS STAGE
5月29日
WIND STAGE BAYSIDE STAGE NEXUS STAGE
5月30日

2011年[編集]

5月28日、5月29日に開催。

WIND STAGE BAYSIDE STAGE NEXUS STAGE
5月28日
WIND STAGE BAYSIDE STAGE NEXUS STAGE
5月29日

2012年[編集]

5月26日、5月27日に開催。同年11月には実行委員会よりイベントの終了が発表され[4]、最後の開催となった。

WIND STAGE BAYSIDE STAGE NEXUS STAGE
5月26日
WIND STAGE BAYSIDE STAGE NEXUS STAGE
5月27日

脚注[編集]

  1. ^ 【ROCKS TOKYO】ABOUT - ウェイバックマシン
  2. ^ ロックフェス『ROCKS TOKYO』2012年をもって終了することを発表”. OKMusic (2012年11月19日). 2019年8月23日閲覧。
  3. ^ a b 鹿野淳のツイート”. Twitter (2012年10月7日). 2019年11月26日閲覧。
  4. ^ a b 「ROCKS TOKYO」終了宣言、3年間の歴史に幕”. ナタリー (2012年11月20日). 2019年8月18日閲覧。
  5. ^ TOKYO ROCKS 2013、開催中止に”. rockin'on.com (2013年3月31日). 2019年8月18日閲覧。