ROMANTIC CINEMATIC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ROMANTIC CINEMATIC
来生たかおスタジオ・アルバム
リリース
録音 1984年4月7日 - 6月26日
(KRSレコーディングスタジオ、キティ伊豆スタジオ〈リミックス〉)
ジャンル ニューミュージック
時間
レーベル キティレコード
プロデュース 来生たかお
チャート最高順位
来生たかお 年表
Ordinary
(1983年)
ROMANTIC CINEMATIC
(1984年)
ONLY YESTERDAY
(1985年)
『ROMANTIC CINEMATIC』収録のシングル
  1. 「そっとMIDNIGHT」
    リリース: 1984年7月10日
テンプレートを表示

ROMANTIC CINEMATIC』(ロマンティック シネマティック)は、1984年にリリースされた来生たかおの10枚目のオリジナルアルバム(LP規格品番:28MS-0065〉/CT〈規格品番:28CS-0065〉/CD〈規格品番:3133-17〉)である。

概要[編集]

※原則的に、来生たかおは“来生”に省略、来生えつこは“来生えつこ”と表記。

来生自身がプロデュースを行っており、歌詞は往年の映画作品をイメージして書かれている。アナログ・レコーディングによる最後のアルバムで、CDは同年9月1日にリリースされている。

参加ミュージシャンとして記されてはいないが、山下達郎がギターで参加しているらしい。

復刻盤[編集]

  • 1991年4月25日:CD(規格品番:KTCR-1054)
  • 1995年7月21日:歌手デビュー20周年に際し、CD選書Q盤として高城賢によるデジタルリマスター化(規格品番:KTCR-1565)。
  • 2007年3月21日:オリジナル・アルバム、企画アルバムを集めた21枚組CD-BOX『来生たかお大全集』(ユニバーサルミュージック/規格品番:UPCY-6355/75)に1995年版を収録(規格品番:UPCY-6364)。

パッケージの体裁[編集]

アルバムタイトル[編集]

※初出のジャケット表記“ROMANTIC CINEMATIC”以外のもの

ケースの側面部
  • LP:“ROMANTIC、CINEMATIC”
  • CT:“ロマンティック、シネマティック”
  • オリジナル版CD:“ロマンティック、シネマティック”“ROMANTIC、CINEMATIC”の併用
  • 1991年版CD:“ロマンティック、シネマティック”“ROMANTIC CINEMATIC”の併用
  • LP・オリジナル版CD・1991年版CD:“ロマンティック、シネマティック”

なお、各種ディスコグラフィーによっても表記は片仮名やアルファベットになっている。

ディスクジャケット[編集]

  • オリジナル版CD:ジュエルケースに2つ折りのカード(及び、歌詞カード)を挿入
  • 1991年版CD:ジュエルケースに2つ折りのカード(及び、オリジナル版CDのものを基調とした歌詞カード)を挿入
  • 1995年版CD:ジュエルケースに2つ折りのカード(及び、LP版のものを基調とした歌詞カード、既出オリジナル・アルバムのディスコグラフィー)を挿入
  • 2007年版CD:ジュエルケースに2つ折りのカード(及び、LP版のものを基調とした歌詞カード)を挿入(及び厚紙製ケース付き)

帯のコピー[編集]

  • LP:君の瞳に、乾杯。来生たかおのシネマコレクション
  • オリジナル版CD:君の瞳に、乾杯。来生たかおのシネマコレクション(帯はジャケットとの一体型仕様)
  • 1991年版CD:記載なし
  • 1995年版CD:シネマ、ミュージカル等のタイトル・イメージをモチーフに10編の新たなストーリーが綴る、来生たかお10thアルバム。(“20th anniversary”の記載あり)

収録曲[編集]

LP版・CT版(CD版は省略)

※各曲の収録時間はLPに記載がないためCDに準拠

SIDE 1[編集]

  1. 裸足で散歩(3:46)
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:椎名和夫
    • タイトルと歌詞を改変した「日曜はダメ」が、小堺一機のアルバム『The Nextdoor Boy』(1986年8月21日リリース)に収録されている。リリース日は本曲の後だが、位置付けはカヴァー曲ではなく提供曲である。
  2. ローマン・ホリディ(4:07)
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:椎名和夫
    • 英語によるコーラスワークの部分も来生自身によって創作されたらしい。
  3. いつか月夜で(4:34)
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:椎名和夫
    • 数少ない歌詞が先に作られていた楽曲の一つである[1]
  4. いつも永遠の夏じゃなく(4:03)
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:椎名和夫
  5. 予期せぬ出来事(4:44)
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:椎名和夫

SIDE 2[編集]

  1. そっとMIDNIGHT(4:26)
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:椎名和夫
    • 第16弾オリジナル・シングル(1984年7月10日リリース)。
  2. 見知らぬ他人(4:26)
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:椎名和夫
  3. 幸福(3:46)
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:椎名和夫
  4. 夏のスクリーン(3:37)
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:椎名和夫
  5. これから始まる物語(6:09)
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:椎名和夫 / コーラスアレンジ:楠瀬誠志郎

参加ミュージシャン[編集]

※楽曲ごとの表記なし

参加スタッフ[編集]

  • Executive Producer:多賀英典
  • Producer:来生たかお
  • Sound Producer:椎名和夫、来生たかお
  • Director:本間一泰
  • Recording and Mixdown Engineer:清水高志(KRS)
  • Assistant Engineers:脇田貞二、H.Inoue、飛澤正人
  • Art Direction, Design and Photographs:田島照久
  • Production Management:Kitty Artists Inc.
  • Artist Relation:中野薫、柴田幹夫
  • Superviser:石谷仁、Yasuo Kawase
  • Digital Mastering Engineer:前田欣一郎
  • Special Thanks To Emiko Tamura for Smile Company Inc.、Asako Kurosawa

出典[編集]

  1. ^ ファンクラブ「TAKAO CLUB」の会報『égalité』vol.27