RSA Insurance Group

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
RSA Insurance Group
上場企業
ティッカー LSERSA
FTSE 100構成企業
ISIN GB00BKKMKR23 Edit this on Wikidata
業種 保険
設立 1996年(24年前) (1996
(ロンドン)
本社 連合王国 イングランド ロンドン
主要人物
売上高 £6,898百万 (2019年)[1]
£492百万 (2019年)[1]
£383百万 (2019年)[1]
従業員数
13,500 (2019)[2]
子会社 en:123 Money
ウェブサイト www.rsagroup.com

RSA Insurance Group plc (ティッカーはRSA 、旧Royal and Sun Alliance)は、英国ロンドンに本社を置く多国籍損害保険会社である。 RSAは、イギリス、アイルランドスカンディナヴィアカナダで主要事業を展開している。現地パートナーのネットワークを通じて140カ国以上で保険商品とサービスを提供している。 顧客数は900万人。 RSAは、1996年にSun Alliance英語版Royal Insurance英語版が合併して誕生した。

RSAはロンドン証券取引所に上場しており、 FTSE100指数構成銘柄である。

歴史[編集]

RSAは、1996年にSun Alliance英語版Royal Insurance英語版が合併して誕生した[3]

RSAの成り立ち:[4]
  • RSA Insurance Group (2008)[5]
    • Royal & Sun Alliance Insurance Group plc (1996)
      • Sun Alliance & London (1965)[a 1]
        • Sun Alliance Insurance Limited (1959)
          • The Sun Fire Office (1710)
          • The Alliance Assurance Company (1824)[a 2]
        • London Assurance Corporation (1720)
      • Royal Insurance (1845)[a 3]
  1. ^ 1984年にPhoenix Assuranceを買収
  2. ^ Nathan Mayer RothschildとMoses Montefioreが設立
  3. ^ Liverpool & London and Globe Insurance Companyを1919年に買収

2014年2月4日、RBSグループの元CEOであるスティーブン・ヘスター氏が、即日でRSAのCEOに就任することが発表された [6]

2014/15年、ヘスター RSA の財務を強化するための大規模なリストラを主導した。多くの非中核海外事業を売却し、グループの規模をほぼ半減させ、戦略の焦点を中核市場に合わせることを目的とした[7]

フェンチャーチ通り20番地にあるRSAのロンドンオフィス
カナダのジョンソン(RSAグループが所有)オフィス

運営[編集]

RSAは28カ国で事業を展開し、現地パートナーのグローバルネットワークを通じて140カ国以上で保険商品とサービスを提供している。世界中で2000万人以上の顧客を抱える[8]

RSAは、英国で2番目に大きい損害保険会社である。そのグローバル本社は、シティ・オブ・ロンドン内のフェンチャーチ通り20番地にあり、「walkie-talkie」ビルの15〜17階を占めている。英国の登録事務所は、ロンドンフェンチャーチ通り20番地である。その他の主要な英国オフィスは、リバプールブリストルマンチェスターチェルムズフォードグラスゴーカーディフサンダーランドベルファストピーターバラハリファックスバーミンガム、ホーシャムに置く。 「More Than」ブランドを含み、RSAは、2006年12月2日に、英国で最初のカーボンニュートラルな保険会社になることを発表した[9]

RSAは、イギリスの直販自動車火災ペット旅行英語版保険ブランドのMore Thanを所有しており、以前のLucky The Dogの広告や「MORE IS ...」キャンペーンで広く知られている。 More Thanはまた、More Than Business事業を通じて、バン、ビジネスカー、ショップ、オフィス、およびビジネス保険を販売している [10]。RSAはまた、デンマークとノルウェーのCODANブランド、カナダのJohnsonブランド、アイルランドの123+ブランド、スウェーデンのTrygg-Hansaブランド、サウジアラビアのAl-Alamiya、オマーンのAl-Ahlia、イギリスのMotabilityとInsurance Corporationブランドを所有している。 [11]

2015年9月、RSAはコロンビアの保険会社Grupo Suraに4億300万ポンドでラテンアメリカのすべての保険事業を売却した[12]

2020年11月には、デンマークの保険会社TrygとカナダのIntact Financial Corporationから72億ポンドの買収提案を受けた。この買収は、2020年の欧州における最大の買収案件の一つとされている[13]

オフィス[編集]

アジア[編集]

  • バーレーンの旗バーレーン
  • オマーンの旗オマーン
  • サウジアラビアの旗サウジアラビア
  • アラブ首長国連邦の旗アラブ首長国連邦

北アメリカ・カリブ[編集]

  • カナダの旗カナダ
  • アメリカ合衆国の旗アメリカ合衆国

ヨーロッパ[編集]

  • イギリスの旗イギリス
  • アイルランドの旗 アイルランド
  • フランスの旗 フランス
  • ドイツの旗 ドイツ
  • スペインの旗 スペイン
  • ベルギーの旗 ベルギー
  • デンマークの旗 デンマーク
  • スウェーデンの旗 スウェーデン
  • ノルウェーの旗 ノルウェー

不祥事[編集]

RSA Insurance Irelandの元スタッフ3名が、2012年にイギリスの会計検査機関が行った同社の財務不正行為に関する調査に関連した制裁で合計182,000ポンド(206,090ユーロ)の罰金を科せられた[14]

アスベストの負債[編集]

2002年1月、Royal & Sun Allianceは、クライド造船所で働く労働者の石綿症に起因する傷害をめぐる訴訟に関与することとなった。労働者は、1972年から1977年の間にRSAがアスベスト製造会社のTurner & Newall英語版に保険証書を発行したが、1969年の使用者責任(強制保険)法英語版に違反して石綿症の補償を除外したと主張した。 RSAは、アスベスト関連の傷害は同社が引き受けを忌避するリスクであり、Turner & Newallは石綿症に対して自己保険をかけていたため、賠償責任を負うべきであるとして、保険契約から除外されたと回答した[15]

2002年2月、RSAはアスベスト損害賠償請求に備えてこれまでの二倍となる3 億 8400 万ポンドまで引当金を増額し、9 月 11 日の同時多発テロに起因する 2 億 1500 万ポンドの請求と合わせて2001 年の利益を帳消しにした[16] [17] 。RSA は、米国でのアスベスト保険請求に対する負債をカバーしようと、さらに 8 億ポンドを調達するために子会社 7 社を売却した[18]。その後、Friends Ivory & Sime英語版が、2002 年 5 月、RSA のイギリス籍の資産管理子会社を 2 億 4000 万ポンドで買収した。 RSA は、Equitable Life英語版破綻の原因英語版となった保証年金の負債に対して引当金を 12 億ポンド準備しなければならず、また、年金の誤販売の調査報告の期限を守らなかったとして金融サービス機構英語版から罰金を科せられたこともあり、状況はさらに悪化した [19]。 その2か月後、Friends Provident英語版マン島に拠点を置くRSAのオフショア保険会社International Financial Services Limitedを1億3,300 万ポンドで買収した[20]。 2002年7月、RSAはグループのリスク事業をCanada Life英語版に6000 万ポンドで売却した[21]。 2002 年 8 月、RSA は生命保険事業を閉鎖せざるを得なくなり、1,200 人の雇用が失われた[22]

2002年11月、Turner & Newall英語版は、アスベスト関連の疾患を患った元従業員に代わってRSAに対して訴訟を起こし、RSAが同社に雇用者責任保険を提供したため、保険会社が責任を負うと主張した。 [23] RSAの会長であるSirPatrick Gillamは、コスト削減のため、米国事業のRSUIを売却し、「アジア太平洋地域の事業のほとんどを資金化し」、英国での総失業数を4000に抑えると述べた[24]。この訴訟は2003年1月に高等法院で審理された[25]。 RSAは、じん肺の補償を対象から外す保険契約の条項は、石綿症腹膜中皮腫などの他のアスベスト関連疾患も対象外としていると主張した。 T&Nを代表する勅選弁護士のコリン・エドルマンは、RSA社が提出した「軽率な」弁明は「ばかげている」とし、保険会社は「責任から逃れようとしている」とローレンス・コリンズ判事に語った[26]。 2003年5月9日、裁判所はRSAに賠償請求の責任があるとの判決を下した[27]。 2003年9月、RSA は英国で 1,000 人の雇用を削減し、さらなるアスベスト請求をまかなうために 9 億 6,000 万ポンドを株主に要求した[28]

膨らんだ修理費用[編集]

2011年9月、ロムフォード郡裁判所のPlatt判事は判決の中で、RSAが利益を膨らませるために自動車保険金請求プロセスの中に子会社を入れて費用を回収した方法を攻撃した。現在、いくつかの保険会社は、RSAの請求書の原本を見ることなく、RSAの支払い要求を拒否している[29]。 2012年6月15日、RSA保険は高等裁判所の判決で成功を収めた。同社は、この判決は「その慣行は合法であるとみなされ、その立場が立証された」ことを意味すると述べた[30]。アリアンツ保険は数時間以内にRSAを提訴した[31]。それ以来、RSAは二者間協定の締結を開始した。最初の協定は2012年6月29日に協同組合保険と発表された[32]

ヒルズボロ災害[編集]

ヒルズボロの悲劇として広く知られているイングランドFAカップの試合での死亡事故は、RSAが関与していた。観客の衝突により、96人の死者と766人の負傷者を出した。 Royal Sun Alliance Insurance Company(Sun Allianceとして1989年にシェフィールド・ウェンズデイフットボールクラブの保険会社であった)は、特権を放棄することを拒否したため、Hillsborough Independent Panelがその資料を閲覧することを拒否した。パネルに資料への機密アクセスを許可するように同社を説得するため、精力的な努力が払われたが、同社は態度を変えなかった。 RSAは、被害者や遺族に支払われた補償額に関する情報を公開する義務を負わないため、これを行う権利があった。いずれにせよ、その情報の公開は、ヒルズボロの悲劇の責任者の結果に影響を与えなかったであろう[33]

出典[編集]

  1. ^ a b c Preliminary Results 2019”. RSA Insurance Group. 2020年2月28日閲覧。
  2. ^ RSA: About us”. RSA Group. 2019年3月10日閲覧。
  3. ^ Smooth merger of Sun Alliance and Royal Insurance The Banker, June 1996
  4. ^ History - RSA Group”. rsagroup.com. 2017年10月12日閲覧。
  5. ^ “Royal And Sun Alliance weathers the insurance storm”. The Daily Telegraph. (2008年3月5日) 
  6. ^ Former RBS chief Stephen Hester joins RSA as CEO”. The Telegraph (2014年2月4日). 2014年2月5日閲覧。
  7. ^ RSA to cut 1,200 jobs Telegraph, 26 February 2009
  8. ^ Products - RSA Group”. rsagroup.com. 2015年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月21日閲覧。
  9. ^ Royal & Sun Alliance is carbon neutral Carpages, 2 December 2006
  10. ^ MORE THAN - Cheap Car, Home and Pet Insurance Quotes”. morethan.com. 2015年3月21日閲覧。
  11. ^ RSA website
  12. ^ RSA sells Latin American assets to Sura”. Financial Times. 2015年10月29日閲覧。
  13. ^ Sweney, Mark (2020年11月18日). “RSA agrees £7.2bn takeover by two overseas insurers” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/business/2020/nov/18/rsa-agrees-takeover-by-two-overseas-insurers-intact-tryg 2020年11月18日閲覧。 
  14. ^ Brennan, Joe (2017年2月22日). “UK watchdog fines three former RSA Insurance Ireland staff”. The Irish Times. http://www.irishtimes.com/business/financial-services/uk-watchdog-fines-three-former-rsa-insurance-ireland-staff-1.2984652 
  15. ^ Reynolds, James (2002年1月25日). “Insurer rejects asbestos claims”. The Scotsman (Edinburgh, UK): p. 13 
  16. ^ Treanor, Jill (2002年3月1日). “Royal & Sun forced into sell-off as profits evaporate”. The Guardian (Manchester, UK): p. 27 
  17. ^ Bevens, Nick (2002年2月28日). “September 11 wipes out profits at R&SA”. Edinburgh Evening News (Edinburgh): p. B.2 
  18. ^ Dey, Iain (2002年5月1日). “FIS doubles funds with £240 million R&SA deal”. The Scotsman (Edinburgh, UK): p. 1 
  19. ^ Bain, Simon (2002年6月12日). “Royal & Sun edges towards £800m target for disposals”. The Herald (Glasgow): p. 19 
  20. ^ Andrews, Bill (2002年6月11日). “City round-up: Rival to buy R&SA offshore life unit”. Edinburgh Evening News (Edinburgh): p. 8 
  21. ^ “Royal & Sun sells group risk”. The Guardian (Manchester, UK): p. 17. (2002年7月30日) 
  22. ^ Senior, Antonia (2002年8月9日). “Stricken insurer cuts jobs and shuts life business”. The Times (UK): p. 25 
  23. ^ Bevens, Nick (2002年11月1日). “R&SA shares plunge over asbestos fight”. Edinburgh Evening News (Edinburgh): p. 2 
  24. ^ Bevens, Nick (2002年11月7日). “Insurance giant to axe 900 jobs”. Edinburgh Evening News (Edinburgh): p. 1 
  25. ^ Snowdon, Neal (2003年1月22日). “It's D-day in death dust cash battle”. Manchester Evening News (Manchester) 
  26. ^ Stewart, Stephen (2003年1月28日). “Insurers accused of shirking liability to asbestosis victims”. The Herald (Glasgow): p. 8 
  27. ^ “Damages fight goes on after ruling success”. The Northern Echo (Darlington): p. 8. (2003年5月12日) 
  28. ^ Slattery, Laura (2003年9月5日). “Royal & Sun Alliance cuts 1,000 jobs in UK”. The Irish Times (Dublin): p. 51 
  29. ^ Judge attacks car insurer's repair costs” (2011年9月17日). 2012年3月26日閲覧。
  30. ^ RSA claims legal victory after 'fabricated repair charges' case” (2012年6月15日). 2012年6月30日閲覧。
  31. ^ Allianz slams RSA legal victory as it works on appeal” (2012年6月15日). 2012年6月30日閲覧。
  32. ^ RSA agrees first bilateral agreement on motor repair costs” (2012年6月29日). 2012年6月30日閲覧。
  33. ^ Hillsborough: The Report of the Hillsborough Independent Panel” (2012年9月). 2012年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月30日閲覧。

参考文献[編集]

  • Dickson, P. G. M (1960). The Sun Insurance Office, 1710–1960: The History of Two and a half Centuries of British Insurance