RSKエキサイトナイター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

RSKエキサイトナイター(アールエスケーエキサイトナイター)は山陽放送ラジオのナイター中継。

概要[編集]

全国向けに制作されている読売ジャイアンツ主体のカードを主に放送している。そのため、隣県の広島東洋カープ戦中継専門の中国放送(RCC)や、阪神タイガース戦中心のABCラジオMBSラジオと放送内容がかち合うことが少ない(ただ、ラジオ関西とかち合うことはある。同様の例が山口放送KRYエキサイトナイター)。

なお、倉敷マスカットスタジアム(過去には岡山県野球場)で阪神タイガースが主催試合を行うことがあるが、岡山県内にABCやMBSを直接受信できる地域が多いことや、2012年以前は山陽新聞社以外の新聞社が主催していたため、全国放送カードにならない限り、RSKラジオでの当該カードの差し替え放送は行っていない。

過去に同球場で行われた広島東洋カープ主催の試合は山陽新聞社が主催していたが、全国放送カードを優先した年度と、特別にRCCからネット受けした年度とがあった。

読売ジャイアンツが同球場で主催ゲームを行う場合は、平日開催時は全国ネット本番となることが多いため、巨人戦中継の放送権料を節減する関係で他カード(LF=主にヤクルト主催、TBS=主にDeNA・阪神・中日主催。まれに広島主催も)を本番としない限り、ネットされる機会が多い。

現在のタイトルに改題される以前は、『RSKラジオナイター(アールエスケイラジオナイター)』というタイトルで放送していた(現タイトルに改題された時期については不明)。

放送内容[編集]

1997年までJRN単独加盟だった関係でナイター中継は毎日主にTBSラジオ発だった。その逆が対岸香川県の西日本放送ラジオで、こちらはNRN単独加盟だった関係で土・日は文化放送発、火曜~金曜はニッポン放送発、またNRNが放送権を失っていた時期の巨人主催ゲームは、テレビ系列が日本テレビ系列だった関係からRFラジオ日本発だった。

なお、2009年までは土曜・日曜もJRNナイターを放送していたが、原則廃止となったことを受けてRSKでの週末ナイターの放送も日本シリーズを除いて休止となった。

放送時間は18:00から最大延長の場合2009年までは23:00までだったが、2010年以降は22:00に変更された。RSKの新編成により2015年度は18:20から21:50までの放送となる。

2017年までは火曜日にも放送されていたが、TBSが2017年限りでプロ野球中継関連の業務から撤退したため、2018年から火曜日の中継を廃止。廃止後は、「アフター6ジャンクション」の同時ネットを実施する。


日本シリーズ中継は、2010年以降も土・日開催分はJRNラインでネットする。それ以外はレギュラーシーズンと同じだが、NRN受けの第4・5戦のうち片方が関東発の場合文化放送制作となり、関西発が第3戦のみMBS発でそれ以外の試合はABC発になる。


制作担当局(2017年時点)[編集]

地域(球団)/曜日
基本系列 JRN NRN
北海道 HBC STV
宮城 TBC
関東[* 1]西 TBS/RF[* 2] LF
東海 CBC SF
近畿 ABC MBS ABC
広島 RCC
福岡 RKB KBC
  1. ^ JRN(TBSラジオ)ネットの時は東京ヤクルト主催ゲームの中継はできない(日本シリーズおよび本拠地球場開催のオールスターゲームを除く)。
  2. ^ 2016年より巨人主催ゲームの一部でRFラジオ日本制作中継をJRNナイターとして放送している。

サッカー中継[編集]

  • 2010年より土・日のみJリーグファジアーノ岡山ホームゲーム戦の中継を行っており(番組名は『ファジアーノ岡山実況生中継 ラジオを聴いて応援しよう』)、以前は平日に中継された時期もあった。
  • 2012年は8月までに12試合放送と、AMラジオにおけるJリーグ中継の中ではかなり多い。
  • アウェーゲームの中継は基本的に行っていないが、ファジアーノ岡山が進出した2016年のJ1昇格プレーオフ決勝戦(キンチョウスタジアムでのセレッソ大阪戦)については、特例でニッポン放送の『Jリーグ RADIO』をネット受けして放送している。