Rail Simulator

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Rail Simulator(レールシミュレーター)は、2007年にエレクトロニック・アーツより発売された鉄道シミュレーションゲームである。開発はイギリスのKuju Entertainmentで、2001年にマイクロソフトより発売されたMicrosoft Train Simulatorの開発に携わった。

2007年10月12日にヨーロッパ版を発売し、2008年1月16日には北アメリカ版も発売されている[1]。発売後は開発とサポートがRail Simulator Developments Ltd(RSDL)に引き継がれ、更新修正や拡張パックの提供が行われた。2009年には後継となるRailWorksを発売している。

概要[編集]

蒸気機関車ディーゼル機関車電気機関車など、様々な車種の列車を運転できる。路線・車両は3DCGで描画され、予め用意されたシナリオに沿って運行するモードと、自由に走行できるモードが用意されている。路線、車両、シナリオはユーザーの手で自作することも可能である。

収録路線は以下の通り。イギリス、ドイツの路線を基本に、北アメリカ版ではアメリカ合衆国の路線も収録された。

後継作[編集]

2009年6月12日、後継作となるRailWorks(後にTrain Simulatorへ改称)が発売された。ゲームプラットフォームのSteamで提供され、機能更新や修正の提供をより柔軟化した。

これに先立ち2009年4月にRailsimulator.com(後のDovetail Games)が設立され、エレクトロニック・アーツの販売権とRSDLが保有していたソースコードの権利を集約継承している。

脚注[編集]

[ヘルプ]