Raspberry Pi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Raspberry Pi
Raspberry Pi 4 Model B - Top.jpg
Raspberry Pi 4 Model B
製造元 Raspberry Pi Foundation
種別 シングルボードコンピュータ
発売日 2012年2月29日 (2012-02-29)(初代)
売上台数 累計3,000万台(2019年12月14日時点)[1]
ウェブサイト www.raspberrypi.org

Raspberry Pi(ラズベリー パイ)は、ARMプロセッサを搭載したシングルボードコンピュータイギリスラズベリーパイ財団によって開発されている。日本語では略称としてラズパイとも呼ばれる[2]

教育で利用されることを想定して制作された。IoTが隆盛した2010年代後半以降は、安価に入手できるシングルボードコンピュータとして趣味や業務(試作品の開発)等としても用いられるようになった。

概要[編集]

Raspberry Piは、かつてイギリスで教育用コンピュータとして普及したエイコーン社BBC Micro(1981年)」の再来として、学校で基本的なコンピュータ科学の教育を促進することを意図している[3][4][5][6][7]。Model A、Model Bという名称もBBC Microに由来しており、サポートされるコンピュータ言語の中にはBBC Microで利用されたBBC Basicも含まれている。

ハードウェア的にはエイコーン社が開発したARMプロセッサを搭載している。また、エイコーンのオペレーティングシステム (OS) であるRISC OSも、Raspberry Pi用がRISC OS Open Limitedより公式リリースされている。 内蔵ハードディスクソリッドステートドライブを搭載しない代わりに、SDメモリーカード(SDカード)またはmicroSDメモリーカード (microSD) を起動および長期保存用のストレージに利用する[8]

累計販売台数は2013年10月31日までで200万台[9]、2014年6月11日までで300万台[10]、2015年2月18日までで500万台[11]、2015年10月13日までで700万台[12]、2016年2月29日までで800万台[13]、2016年9月8日までで1,000万台[14]、2016年11月25日までで1,100万台[15]、2018年3月14日までで1,900万台[16]、2019年12月14日までで3,000万台[17]となっている。

主な仕様[編集]

モデルごとの仕様一覧表
Model A Model B Zero Compute Module
Raspberry Pi
Model A
Raspberry Pi 1
Model A+
Raspberry Pi 3 Model A+ Raspberry Pi

1

Model B

Raspberry Pi 1
Model B+
Raspberry Pi 2
Model B
Raspberry Pi 2
Model B V1.2
Raspberry Pi 3
Model B
Raspberry Pi 3
Model B+
Raspberry Pi 4
Model B
Raspberry Pi Zero Raspberry Pi Zero W Raspberry Pi Zero WH Compute Module (CM1) Compute Module (CM3) Compute Module (C3L)
発売日 2013年2月 2014年11月10日 2018年11月 2012年2月15日 2014年7月 2015年2月1日 2016年2月29日 2018年3月14日 2019年6月24日 2015年11月30日 2017年2月28日 2018年1月12日[18] 2014年4月 2017年1月16日
FCC認証 (v1.2: 2016年7月26日) 2016年7月26日 2016年2月26日 2018年3月14日 2019年6月24日 2017年2月28日
電波法認証 2016年2月25日[注釈 1] 2018年5月17日 2019年9月4日[19] 2017年4月10日
国内発売日 2018年6月29日 2019年11月26日 2017年2月24日 2018年3

月30日

2017年1月17日
ターゲット価格[4][20] $25 $20 $25 $35[21][22] $35→$25[23] $35 $35 $35(1GB)

$45→$35[24](2GB) $55(4GB) $75(8GB)[25]

$5 $10 $14 $30→
$25[26]→$30
$30[26] $25[26]
SoC[4]
(CPU, GPU, DSP, SDRAM, USB)
Broadcom BCM2835[27] Broadcom BCM2837B0 Broadcom BCM2835[27] Broadcom BCM2836 Broadcom BCM2837[注釈 2] Broadcom BCM2837 Broadcom BCM2837B0 Broadcom BCM2711 Broadcom BCM2835 Broadcom BCM2837
CPU ARM1176JZF-S[28] ARM Cortex-A53 ARM1176JZF-S[28] ARM Cortex-A7 ARM Cortex-A53[注釈 2] ARM Cortex-A53 ARM Cortex-A53[29] ARM Cortex-A72 ARM1176JZF-S ARM Cortex-A53
シングルコア クアッドコア シングルコア クアッドコア シングルコア クアッドコア
700 MHz 1.4GHz 700 MHz 900 MHz 900 MHz 1.2 GHz 1.4GHz 1.5GHz 1 GHz 700 MHz 1.2 GHz
ARMv6 ARMv8 (64bit) ARMv6 ARMv7 ARMv8 (64bit)[注釈 2] ARMv8 (64bit) ARMv6 ARMv8 (64bit)
ARM11 ARM Cortex-A ARM11 ARM Cortex-A ARM11 ARM Cortex-A
GPU
Broadcom VideoCore IV[30] Broadcom VideoCore VI Broadcom VideoCore IV Broadcom VideoCore IV[30]
250 MHz 400 MHz (3D 300 MHz) ? 250 MHz 400 MHz (3D 250 MHz) 400 MHz (3D 300 MHz)  400 MHz (3D 300 MHz)? Dual Core 500MHz 250 MHz 400 MHz (3D 300 MHz)
OpenGL ES 2.0 (250 MHz の場合 24 GFLOPS) OpenGL ES 3.0 OpenGL ES 2.0 (250 MHz の場合 24 GFLOPS)
MPEG-2, VC-1[注釈 3], 1080p30 H.264/MPEG-4 AVC High Profile[27] ハードウェアデコーダ・エンコーダ (左記に加えて)1080p60 MPEG-2, VC-1[注釈 3], 1080p30 H.264/MPEG-4 AVC High Profile[27] ハードウェアデコーダ・エンコーダ (左記に加えて)1080p60 (左記に加えて) H.265 (4kp60) MPEG-2, VC-1, 1080p30 H.264/MPEG-4 AVC High Profile ハードウェアデコーダ・エンコーダ (左記に加えて)1080p60
メモリ
(GPUと共用)
256 MB 512 MB 512 MB
256 MB[注釈 4]
512 MB 1 GB 1GB, 2GB, 4GB, 8GB 512 MB 1 GB
LPDDR2 SDRAM LPDDR4 SDRAM LPDDR2 SDRAM
USB 2.0 ポート[8] 1 2
(LAN9512内蔵ハブ)[31]
4
(LAN9514内蔵ハブ)[32]
4 2 1 (microUSB) 2 (USB, microUSB)
USB 3.0 ポート N/A 2 N/A
映像入力 15ピンMIPIカメラインターフェース (MIPI CSI-2)[注釈 5] 15ピンMIPIカメラインターフェース (MIPI CSI-2)[注釈 6] 15ピンMIPIカメラインターフェース (MIPI CSI-2)[注釈 5] 15ピンMIPIカメラインターフェース (MIPI CSI-2)[注釈 6] v1.3より専用カメラインターフェース (MIPI CSI-2)[33] 専用カメラインターフェース (MIPI CSI-2) MIPI CSI-2 x 2
映像出力[4] コンポジット RCA (PAL / NTSC) , HDMI 1.3 / 1.4[34], MIPI DSI コンポジット RCA (PAL / NTSC) , HDMI 1.3 / 1.4[34], MIPI DSI コンポジット RCA (PAL / NTSC) , HDMI 1.3 / 1.4[34], MIPI DSI コンポジット RCA (PAL / NTSC) , HDMI 1.3 / 1.4[34], MIPI DSI コンポジット RCA (PAL / NTSC) , micro-HDMI (up to 4kp60) x 2 2.0 , MIPI DSI, Mini HDMI HDMI, MIPI DSI x 2
音声入力 I²S
音声出力[4] 3.5 mm ジャック, HDMI, I²S 3.5 mm ジャック, HDMI, I²S 3.5 mm ジャック, HDMI, I²S 3.5 mm ジャック, HDMI, I²S 3.5 mm ジャック, micro-HDMI, I²S Mini HDMI, I²S HDMI, I²S
ストレージ[8] SDカード / MMC microSDカード SDカード / MMC microSDカード 4 GB eMMC 4 GB eMMC SDカードPIN
有線ネットワーク[4][8] N/A Gigabit Ethernet over USB 2.0 (maximum throughput

300Mbps)

LAN9512[31] LAN9514[32] Gigabit Ethernet over USB 2.0 (maximum throughput

300Mbps)

Gigabit Ethernet N/A
10/100 Mbps イーサネット
無線ネットワーク[4][8] N/A 2.4GHz and 5GHz IEEE 802.11.b/g/n/ac wireless LAN, Bluetooth 4.2, BLE N/A Broadcom BCM43143
IEEE 802.11 b/g/n 2.4 GHz
Bluetooth 4.1, Bluetooth Low Energy
2.4GHz and 5GHz IEEE 802.11.b/g/n/ac wireless LAN, Bluetooth 4.2, BLE 2.4GHz and 5GHz IEEE 802.11.b/g/n/ac wireless LAN, Bluetooth 5.0, BLE Broadcom BCM43143
IEEE 802.11 b/g/n 2.4 GHz
Bluetooth 4.1, Bluetooth Low Energy
N/A
低レベル周辺機器[注釈 7] GPIO 26 ピン
内訳:8 × GPIO, UART, I²C, SPIと2つのチップセレクト, +3.3 V, +5 V[注釈 8], 接地[30][35]
GPIO 40 ピン GPIO 26 ピン
内訳:8 × GPIO, UART, I²C, SPIと2つのチップセレクト, +3.3 V, +5 V[注釈 8]4110, 接地[30][36]
GPIO 40 ピン GPIO 46 ピン
消費電力
(典型的)
200 mA[37]
(1.0 W)
180 mA[37]
(0.9 W)
500 mA[37]
(2.5 W)
330 mA[37]
(1.65 W)
350 mA[37]
(1.75 W)
400 mA[37]
(2.0 W)
アイドル459 mA[38]
(2.295 W)
Max 1.13A (5.661W)
言及なし[39] 100 mA[37]
(0.5 W)
150 mA[37]
(0.75 W)
言及なし[40]
(2.0 W)
言及なし[41]
(3.5 W)
電源
(推奨)
0.7 A[37]
(3.5 W)
0.7 A[37]
(3.5 W)
1.2 A[37]
(6.0 W)
1.8 A[37]
(9.0 W)
1.8 A[37]
(9.0 W)
2.5 A[37]
(12.5 W)
2.5 A
(12.5W)
3A
(15W)
1.2 A[37]
(6.0 W)
1.2 A[37]
(6.0 W)

(2.5W)[42]

(3.5W)[42]

(3.5W)[42]
電源ソース[4] microUSBまたはGPIO microUSB またはGPIOまたは Power over Ethernet(別途 PoE ハット) microUSBまたはGPIO microUSB またはGPIOまたは Power over Ethernet(別途 PoE ハット) USB Type-C またはGPIOまたは Power over Ethernet(別途 PoE ハット) microUSBまたはGPIO
質量 45 g 23 g 45 g 45 g ? 9 g 7 g[43] 6.1 g 6 g
大きさ
(コネクター部の突起を除く)
85.6 mm × 56.5 mm (3.37 in × 2.22 in) 65 mm × 56.5 mm (2.6 in × 2.22 in) 65 mm x 56.5mm 85.6 mm × 56.5 mm (3.37 in × 2.22 in) 85 mm × 56 mm (3.3 in × 2.2 in) 65 mm × 30 mm (2.6 in × 1.2 in) 67.6 mm × 30 mm (2.66 in × 1.2 in) 67.6 mm × 31 mm (2.66 in × 1.2 in)[44]
公式に提供されるOS Debian, Fedora, Arch Linux, RISC OS (左記に加えて)Ubuntu, Windows 10 IoT Core Debian, Fedora, Arch Linux, RISC OS (左記に加えて)Ubuntu, Windows 10 IoT Core (左記に加えて)Ubuntu, Windows 10 IoT Core Debian, Fedora, Arch Linux, RISC OS (左記に加えて)Ubuntu, Windows 10 IoT Core
Raspberry Pi
Model A
Raspberry Pi 1
Model A+
Raspberry Pi 3 Model A+ Raspberry Pi
Model B
Raspberry Pi 1
Model B+
Raspberry Pi 2
Model B
Raspberry Pi 2
Model B V1.2
Raspberry Pi 3
Model B
Raspberry Pi 3
Model B+
Raspberry Pi 4 Raspberry Pi Zero Raspberry Pi Zero W Raspberry Pi Zero WH Compute Module (CM1) Compute Module 3 (CM3) Compute Module 3 Lite (CM3L)
  1. ^ 技適マーク表示が無く発売できず。3月23日、箱に技適マーク入りのものが発売。11月、日本製で基板に技適マーク入りのものが発売。
  2. ^ a b c 2016年10月以降のリビジョン Raspberry Pi2 Model B v1.2 (PDF)”. Avid Technology, Inc.. 2017年1月15日閲覧。
  3. ^ a b 別売のライセンスが必要。
  4. ^ 2012年10月14日以前の発送分。
  5. ^ a b 別売のRaspberry Pi用カメラの接続が可能。
  6. ^ a b 別売のRaspberry Pi用カメラの接続が可能。
  7. ^ Model BのRev.1とRev.2では、GPIOポートのピン配列が異なる。
  8. ^ a b Raspberry Piの内部は3.3Vの電源で動作しており、GPIO入力へ5Vを接続することはできない。

なお、Raspberry Pi 3は64bit 対応だが、2018年3月時点では公式には32bitのOSしか出てない。

ギャラリー[編集]

ソフトウェア[編集]

オペレーティングシステム[編集]

2012年2月19日、ラズベリーパイ財団はSDカードから起動できるオペレーティングシステムのSDカードイメージを発表した。イメージに含まれるOSのRaspberry Pi OSは"Debian GNU/Linux release 8.0 (Jessie)"に基づいており、LXDEデスクトップ環境Chromiumウェブブラウザ[45] に加えて、様々なプログラミングツールを初起動直後使用できる。また、このOSはRaspberry Pi だけでなく様々な他のプラットフォーム上でエミュレートできるように QEMU 上で実行できる[46]。この他、Arch LinuxFedoraUbuntu MATEなどもサポートされている。

ラズベリーパイ財団は、その後、カナダのセネカカレッジで開発された[47] Fedora バージョンをリリースする予定[48]。財団は、プログラムをやりとりするためのアプリケーションストアを開設予定。

Raspberry Pi OSは標準でソフトリアルタイムシステムとなっているが、ユーザーモードプログラムでのハードリアルタイム性能が必要な場合はlinux-rtカーネルを入れることもできる[49][50]。また、ベアメタル(OS無し)で使用することも可能[51]

Mathematica[編集]

2013年11月21日、RaspberryPi Foundationは、数式処理ソフトである Mathematicaのサブセット版及びその記述言語であるWolframをRaspberryPiの標準イメージ環境であるRaspberry Pi OSに向けて無償提供することを発表した[52][53]。Raspberry Pi 1の性能から、2013年現在の典型的なパソコン上で動作させた場合と比較して、10〜20倍遅いとしている[52]。Remote Development Kitを使い、コーディング等を行う外部コンピュータと、実際にMathematicaを実行するRaspberryPiを接続するインタフェースが提供されている[52]。GPIO を使えるなど専用の命令も用意されている[54]。2014年8月1日より、Mathematica 10 を提供開始[55]

脚注[編集]

  1. ^ https://twitter.com/EbenUpton/status/1205646606504275968
  2. ^ 自作でIoTしよう! 超小型PC「Raspberry Pi=ラズパイ」 の魅力とは?”. kakakumag.com (2017年3月25日). 2018年11月7日閲覧。
  3. ^ Raspberry Pi: Cheat Sheet
  4. ^ a b c d e f g h FAQs”. Raspberry Pi Foundation. 2011年10月6日閲覧。
  5. ^ Cellan-Jones, Rory (2011年5月5日). “A £15 computer to inspire young programmers”. BBC News. 2012年3月4日閲覧。
  6. ^ Price, Peter (2011年6月3日). “Can a £15 computer solve the programming gap?”. BBC Click. 2011年7月2日閲覧。
  7. ^ Bush, Steve (2011年5月25日). “Dongle computer lets kids discover programming on a TV”. Electronics Weekly. 2011年7月11日閲覧。
  8. ^ a b c d e Verified USB Peripherals and SDHC Cards; eLinux.org
  9. ^ TWO MILLION! - Raspberry Pi
  10. ^ Raspberry Pi at Buckingham Palace, 3 million sold | Raspberry Pi
  11. ^ Five million sold! | Raspberry Pi
  12. ^ Senior Pi - Raspberry Pi
  13. ^ RASPBERRY PI 3 ON SALE NOW AT $35
  14. ^ TEN MILLIONTH RASPBERRY PI, AND A NEW KIT
  15. ^ The Mag Pi Magazine issue 53, Page 10, Raspberry Pi Foundation, https://www.raspberrypi.org/magpi/issues/53/, "On 25 November, it was confirmed that total sales of the Raspberry Pi have now topped 11 million." 
  16. ^ Raspberry Pi 3 Model B+ on sale now at $35”. 2020年3月18日閲覧。
  17. ^ Upton, Eben (2019年12月13日). “Raspberry Pi numbers get stale fast. We sold our thirty-millionth unit some time last week (we think Tuesday).” (英語). @EbenUpton. 2020年3月18日閲覧。
  18. ^ Zero WH: pre-soldered headers and what to do with them - Raspberry Pi
  19. ^ https://www.tele.soumu.go.jp/giteki/SearchServlet?pageID=jg01_01&PC=007&TC=N&PK=1&FN=190925N007&SN=%94%46%8F%D8&LN=20&R1=*****&R2=*****
  20. ^ BLOG - RASPBERRY PI 3 ON SALE NOW AT $35 | Raspberry Pi
  21. ^ Introducing Raspberry Pi Model B+”. Raspberry Pi Foundation. 2014年8月7日閲覧。
  22. ^ Bowater, Donna (2012年2月29日). “Mini Raspberry Pi computer goes on sale for £22”. The Daily Telegraph (London). http://www.telegraph.co.uk/technology/news/9112841/Mini-Raspberry-Pi-computer-goes-on-sale-for-22.html 
  23. ^ Raspberry Pi Blog - News, Announcements, and Ideas
  24. ^ A birthday gift: 2GB Raspberry Pi 4 now only $35 - Raspberry Pi
  25. ^ 8GB Raspberry Pi 4 on sale now at $75 - Raspberry Pi
  26. ^ a b c Compute Module 3 Launch!(The original Compute Module is also reduced to $25. )
  27. ^ a b c d BCM2835 Media Processor; Broadcom.
  28. ^ a b ARM1176JZF-S Revision:r0p7 Technical Reference Manual
  29. ^ Buy a Raspberry Pi 3 Model B+ – Raspberry Pi”. www.raspberrypi.org. 2020年3月14日閲覧。
  30. ^ a b c d Q&A with our hardware team”. Raspberry Pi Foundation. 2011年9月20日閲覧。
  31. ^ a b SMSC LAN9512 Website; smsc.com
  32. ^ a b https://www.raspberrypi.org/blog/introducing-raspberry-pi-model-b-plus/
  33. ^ Zero grows a camera connector - Raspberry Pi
  34. ^ a b c d Embedded Linux Wiki: Hardware Basic Setup
  35. ^ Raspberry PI GPIO Connector; eLinux.org
  36. ^ Raspberry PI GPIO Connector; eLinux.org
  37. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 1. WHAT ARE THE POWER REQUIREMENTS? - POWER - Raspberry Pi FAQs - Frequently Asked Questions
  38. ^ PowerDraw
  39. ^ specifications”. www.raspberrypi.org (2019年6月24日). 2019年6月24日閲覧。
  40. ^ DATASHEET”. www.raspberrypi.org. 2018年12月5日閲覧。
  41. ^ DATASHEET”. www.raspberrypi.org. 2018年12月5日閲覧。
  42. ^ a b c “DATASHEET 7.2 Power Requirements”. Raspberry Pi. (2016年10月13日). https://www.adafruit.com/product/3441 2018年9月20日閲覧。 
  43. ^ Adams, James (2014年4月7日). “Comment by James Adams on Compute Module announcement”. Raspberry Pi Foundation. 2014年9月22日閲覧。
  44. ^ Compute Module 3
  45. ^ 資料をクラウドで共有したい! という声に、ラズパイはWebブラウザで応えることができる。”. fabcross.jp. 2018年12月5日閲覧。
  46. ^ linuxnews showing the first release of Debian Squeeze for Raspberry running on QEMU
  47. ^ Chung, Emily (2012年2月24日). “$35 computer 'Raspberry Pi' readies for launch”. CBC.ca. http://www.cbc.ca/news/technology/story/2012/02/23/technology-raspberry-pi-cheap-computer.html 2012年2月28日閲覧。 
  48. ^ Raspberry foundation announcing "first root filesystem available for download"
  49. ^ Real-time Linux for RPi1 Emlid Limited
  50. ^ Real-time Linux for RPi2 Emlid Limited
  51. ^ Step01 – Bare Metal Programming in C Pt1 Valvers
  52. ^ a b c 青木 大我 (2013年11月22日). “RasberryPi、数式処理ソフト「Mathematica」を同梱。個人利用は無料”. INTERNET Watch / Impress Watch Corporation. 2013年11月23日閲覧。
  53. ^ 行正和義 (2013年11月22日). “Raspberry Pi、数式処理ソフト「Mathematica」を無料でバンドル”. ASCII.jp×デジタル / KADOKAWA CORPORATION. 2013年11月23日閲覧。
  54. ^ Raspberry Pi—Wolfram言語ドキュメント
  55. ^ Mathematica 10 – now available for your Pi! | Raspberry Pi

関連項目[編集]

公式サイト
非公式サイト
技術情報