ray (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ray
L'Arc〜en〜Cielスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ニュー・ウェーヴ
ポップス
ロック
時間
レーベル Ki/oon Records
プロデュース L'Arc〜en〜Ciel
岡野ハジメ
チャート最高順位
  • 週間2位オリコン
  • 週間12位(15th Anniversary〜、オリコン)
  • 1999年7月度月間2位(オリコン)
  • 1999年度年間7位(オリコン)
  • 歴代アルバムランキング65位(オリコン)
  • 登場回数22回(オリコン)
ゴールドディスク
  • 2ミリオン(日本レコード協会
  • L'Arc〜en〜Ciel アルバム 年表
    HEART
    1998年
    ark
    ray
    1999年
    ectomorphed works
    2000年
    『ray』収録のシングル
    1. HONEY
      リリース: 1998年7月8日
    2. 花葬
      リリース: 1998年7月8日
    3. 浸食 〜lose control〜
      リリース: 1998年7月8日
    4. snow drop
      リリース: 1998年10月7日
    テンプレートを表示

    ray』(レイ) は、日本のロックバンドL'Arc〜en〜Cielの7作目のアルバム。1999年7月1日発売。発売元はKi/oon Records

    解説[編集]

    5thアルバム『HEART』以来約1年5ヶ月となるアルバムで、6thアルバム『ark』と同時発売されたアルバム。

    本作品は日本の他、台湾香港タイマレーシアシンガポールフィリピンアジア7ヶ国においてリリースされている[1]

    アルバムタイトルは、本作より先にタイトルが決まっていた同発アルバムの『ark(=箱船)』から連想し「箱船に乗って何処に向かうか」をメンバーで考え、語呂も良かったことから『ray(=光)』に決まった[2]。ちなみに、日本テレビ系音楽番組『FUN』に出演した際に、司会の松任谷正隆から「『ark』と『ray』のどちらが自信作か」を尋ねられ、hydeyukihiroがこちらの作品を選んでいる。

    発売日が日本において一般的なCDの発売日である水曜日でなく木曜日になったのは、この年に囁かれていた「地球最期の日」に合わせたためであり、<ノストラダムス大予言の日にアルバム2枚同時リリース!>という宣伝が当時なされた。アルバム2枚合わせ収録曲が22曲にも及ぶため、曲の振り分けから曲順の決定までが難航し、決定までに3日間ほどかかったという[3]。共同プロデューサーの岡野ハジメ曰く、メンバーの曲順の選定に違いがあったといい、「メンバーそれぞれに曲順を考えるポイントがあって。例えばkenは「協調」なんですよ。"このキーの後に、このキーの曲は嫌だ"とかそういう部分での流れを重視してる。対してtetsuyaはプロデューサーとしての目で曲順を見ている人で。彼の中ではバンドを成功させるためにはこれじゃダメだという高いレベルの何かがあったんでしょうね。かなり難航しました[4]」と述べている。kenは「最後は、24時間曲順決め大会みたいな感じになって、最終的に冷静な人が一人もいなかったんですよ。ちょっとずつみんな壊れて半笑いしているような状態で(笑)[5]」と当時を振り返っている。

    収録シングルは、自身最大売上のヒットシングルとなった「HONEY」に「花葬」「浸食 〜lose control〜」と話題になった3枚同時発売シングルの表題曲に加え、「snow drop」を含めた全4曲のシングル曲を含んでいる。なお、「snow drop」以外はシングルバージョンで収録され、既発曲全てにテッド・ジェンセンによるリマスタリングが施された。また、本作と『ark』の6曲目にはyukihiro作曲のインストゥルメンタルがそれぞれ収録されている。インストゥルメンタルが収録されているオリジナルアルバムはこの2作のみである。

    また、hyde、ken、tetsuya、yukihiroの4人それぞれが作曲した楽曲が収録されており、yukihrioが在籍してからのL'Arc〜en〜Cielにおいて各メンバーに作曲クレジットが付いている最初のアルバムとなっている。hydeはメンバーがそれぞれ曲を書くことについて「自分の曲だと出てこないだろうなって、歌詞の引き出しが開くことはあります。自分では作れない曲を人が作ってくるから、受ける印象が全然違うんですよ[6]」と述べている。また、詞を手掛ける上で、hydeは「過去を食いつぶした[6]」とインタビューで述べており、本作の作詞について「今までは過去を振り返って書く詞が多かったんですよ。でも、今回は現在、もしくはこの後どうなるんだろうとか、そういうところで書いた歌詞が多い気がしますね[6]」「メンバーからテーマをもらったりすると、自分のテリトリーに無いものだったりしてね。そうすると新しい自分に気づくこともあった[6]」と振り返っている。

    オリコン週間アルバムチャートにおいて、2週連続で1位、2位独占を飾っている (1位『ark』、2位『ray』)。発売初週の1999年7月15日付のオリコン週間アルバムチャートでは、約149万枚を売り上げて週間2位を獲得し、週間最高2位となったアルバムの中では歴代最高の初動売上を保持している。オリコン歴代アルバム売上ランキングでも、2020年現在で歴代68位にランクインしている。

    初回限定仕様は、スーパーピクチャーレーベルディスク、スペシャルパッケージ仕様。

    2006年12月13日には、バンド結成15周年記念に行われた「L'Anniversary」の一環で、『ark』と共に当時のシングル曲のミュージック・ビデオメイキング映像、関係者のインタビュー、コンサートの舞台裏やテレビ朝日系列で放送されていた『稲妻!ロンドンハーツ』でのライブを収録したDVDを付属した、『ray 15th Anniversary Expanded Edition』がリリースされた。

    収録曲[編集]

    1. 死の灰
      明るい曲調を得意とするtetsuyaの作品としては珍しく、ハードで退廃的な曲で、本作の方向性を示している。
    2. It's the end
      • 作詞:hyde / 作曲:ken / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      プレイステーション用ソフト『グランディア』CMソング。
      レコーディングではyukihiroがタンバリンを使用しているが、ライブではhydeがタンバリンを持って歌っている。
      『ark』、『ray』発売直後となる1999年7月2日テレビ朝日系番組『ミュージックステーション』ではこの曲が歌われた。
      2015年に行われたライブ「L'Arc〜en〜Ciel LIVE 2015 L'ArCASINO」において、ライブツアー「1999 GRAND CROSS TOUR」以来約16年ぶりにライブで披露された。
    3. HONEY
      • 作詞・作曲:hyde / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      10thシングル。シングル3作同時発売シングルのひとつ。3枚の中では最も売れ、バンド史上最大のヒットシングルとなった。
    4. Sell my Soul
      • 作詞・作曲:hyde / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      本作収録の「いばらの涙」とはと同時に作られたため、hydeは「両曲は双子」だと表現している[6]。この曲のドラムは、Sherman Filter Bankを通し歪ませて録音されている[7]。また、この曲でtetsuyaは1958年製のフェンダー・プレシジョンベースを弾いている[8]
      2008年に行われたライブツアー「TOUR 2008 L'7 〜Trans ASIA via PARIS〜」において、ライブツアー「1999 GRAND CROSS TOUR」以来約9年ぶりに演奏された。
    5. snow drop [ray mix]
      • 作詞:hyde / 作曲:tetsu / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      13thシングルのアルバムバージョン。タイトルは、春を告げる花といわれているヒガンバナ科マツユキソウの英語名"snowdrop"から取られている。
      tetsuyaがアニメフランダースの犬』を観た後に制作した楽曲で、制作の経緯を聞いたhydeもアニメを観て作詞している[9]
      シングルバージョンのミックスをtetsuyaがあまり気に入っておらず、シングルバージョンと比べるとベース音が弱くなっている[10]。また、アルバムが夏の発売だったため、「夏らしくアレンジした」とも述べている。
    6. L'heure
      • 作詞・作曲:yukihiro / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      インストゥルメンタル。タイトルはフランス語で読みは「ルー」で、「時間・時間帯」という意味。
      曲中でも終始、フランス語で男女の会話が入っている。主な会話の内容は「暇だよね。やることないね、どうしよう[11]」「退屈だからセックスでもしようよ[12]」などで、yukihiro曰く「意味のない会話」であり、聴き手に会話の意味を分かり難くするため英語ではなくフランス語で収録されている[11]
      この曲と「trick」は、yukihiroがL'Arc〜en〜Cielに加入する以前から制作していた楽曲で[13]、本作にこの曲を収録するにあたって前述の会話部分を新規収録している。
      後年にyukihiroはこの2曲に関し、「以前在籍していたバンドでは採用されなかった楽曲だったからアルバムに入って嬉しかった[13]」と述べている。
      また、yukihiroによるリミックスバージョンも制作され、リミックスアルバム『ectomorphed works』に「l'heure (quiet afternoon mix)」として収録された。
    7. 花葬
      • 作詞:hyde / 作曲:ken / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      11thシングル。シングル3作同時発売シングルのひとつ。
      この曲のベースラインは聴こえ難い部分でも16分を細かく散りばめられており、tetsuyaは特に自信があるベースラインであると発言をしている[14]。制作当初は「HONEY」のカップリング曲として制作されていた楽曲だった。
    8. 浸食 〜lose control〜
      • 作詞:hyde / 作曲:ken / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      12thシングル。シングル3作同時発売シングルのひとつ。
      トライスター・ピクチャーズ/東宝配給映画『GODZILLA』挿入歌に起用されている。歌詞も映画を踏まえ「何かのきっかけで自分が理性を失う瞬間[15]」をテーマに歌詞が書かれている。変拍子が盛り込まれた楽曲となっており、作曲者であるkenは「曲出しの時、いくらテンポを説明しても全然みんなに伝わらなかった」と述べている。
    9. trick
      • 作詞・作曲:yukihiro / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      yukihiroがL'Arc〜en〜Cielで初めて作詞した曲で、全英語詞の楽曲。楽曲の構想はyukihiroの中に4、5年前からあったといい、「その頃に自宅で楽器も自分で演奏してサンプリングしていた[7]」「歌詞も完成していて、デモを自分で歌って録音してあった[7]」と述べている。歌詞はyukihiro曰く「詞というよりも英語の語呂合わせ[11]」だという。
      本作に収録するにあたり、kenがギターを一部弾き直しているが、自宅で録ったyukihiroのギターも入っている[7]。また、この曲でtetsuyaはフェンダー・プレシジョンベースを弾いており[8]、「mt'Lab GERMA DRIVE」というファズを使用している。
      ライブではメンバーがパートチェンジしながら演奏することが多く、2003年に行われたライブ「Shibuya Seven days 2003」では、メンバー4人が交互にボーカルを担当し、yukihiroのボーカルパートではkenがドラムを担当している。
      2006年2015年2018年に開催されたライブでは、メンバー全員がギターを担当し、ボーカルを交互に担当するバージョンで披露された。
      yukihiroによるリミックスバージョンが制作され、19thシングル「NEO UNIVERSE/finale」及びリミックスアルバム『ectomorphed works』にそれぞれ別バージョンが収録された。
    10. いばらの涙
      • 作詞・作曲:hyde / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      テレビ朝日系ドラマ『青い鳥症候群』イメージソング。
      イントロのギターによるアルペジオと、激しいロック調のサビが印象的な曲。歌詞を手掛けたhydeは「1つの神を信じるっていう、すごく盲目な感じはあんまり好きではなくて。それに準じて個人が死んじゃうことだって出来るって、すごく不思議、バカげたことだと思ってた[16]」「バカげたことだと思いつつも、それを信じて死ねるっていうのも、ある種美しいのかなと思いながら書いた。だから、ちょっと今までの価値観と違う視点で書いたんです、この曲は[16]」と述べている。ちなみに、本作収録の「Sell my Soul」とはと同時に作られたため、hydeは「両曲は双子」だと表現している[6]
      2007年に行われたホールツアー「Are you ready? 2007 またハートに火をつけろ!」の秋田県民会館公演で、演奏予定が一切無かったが急遽演奏された。
      また、ライブでは基本的にhydeとkenのツインギター構成で披露されていることが多いが、2012年に行われたライブツアー「WORLD TOUR 2012」、「20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL」ではイントロをピアノアレンジにし、hydeはギターパートを担当せずハンドマイクのみで歌唱している[17]
    11. the silver shining
      • 作詞:hyde / 作曲:ken / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      当時のL'Arc〜en〜Cielとしては珍しく歌詞のほとんどが英詞のバラードで、この曲の後にアルバム『ark』の頭に戻るイメージで本作の最後に収録された[12]
      1999年に開催されたコンサートツアー「1999 GRAND CROSS TOUR」では曲の雰囲気をさらに出すため、日没時間を計算して演奏された。
      仮タイトルは曲のイメージとなったロックバンド、U2に因んで「U3」と付けられた。

    15th Anniversary Expanded Edition[編集]

    結成15周年記念でリリースされたDVD付の企画盤。CD収録曲は全てオリジナル盤と同内容で、リマスタリング等はされていない。

    CD[編集]

    1. 死の灰
    2. It's the end
    3. HONEY
    4. Sell my soul
    5. snow drop [ray mix]
    6. L'heure
    7. 花葬
    8. 浸食 〜lose control〜
    9. trick
    10. いばらの涙
    11. the silver shining

    DVD[編集]

    1. recollection 1
    2. making of the "HONEY" music video
    3. 死の灰 @ ロンドンハーツ (1999.06.20 O.A.)
    4. recollection 2
    5. Sell my Soul @ ロンドンハーツ(1999.06.06 O.A.)
    6. making of the "snow drop" music video
    7. recollection3
    8. making of the "浸食 〜lose control〜" music video
    9. recollection 4
    10. documentary on "1999 GRAND CROSS TOUR"(1999.08.22)

    参加ミュージシャン[編集]

    死の灰
    • 岡野ハジメ:キーボード・プログラミング
    • 斎藤仁:キーボード・プログラミング
    • ken:クロマハープ
    • 広兼輝彦:レコーディング
    • 森山恭行:レコーディング、ミックス
    It's the end
    • ken:キーボード・プログラミング
    • 岡野ハジメ:キーボード・プログラミング
    • 斎藤仁:キーボード・プログラミング
    • yukihiro:タンバリンシェイカー
    • 広兼輝彦:レコーディング
    • 森山恭行:レコーディング、ミックス
    HONEY
    • ken:タンバリン
    • 原裕之:レコーディング、ミックス
    Sell my Soul
    • 岡野ハジメ:キーボード・プログラミング
    • 斎藤仁:キーボード・プログラミング
    • 佐々木真理ピアノ
    • 近藤圭司:レコーディング
    • 森山恭行:レコーディング、ミックス
    snow drop [ray mix]
    • 岡野ハジメ:キーボード・プログラミング
    • 斎藤仁:キーボード・プログラミング
    • tetsu:バッキングボーカル
    • ken:タンバリン
    • 寺田仁:レコーディング
    • 近藤圭司:ミックス
    L'heure
    • yukihiro:オール・インストゥルメンツ、ミックス
    • Sylvie:"Fille"
    • Stephan:"Garçon"
    • 斎藤仁:キーボード
    • 森山恭行:レコーディング

    花葬
    • ken:キーボード・プログラミング
    • 岡野ハジメ:キーボード・プログラミング
    • 斎藤仁:キーボード・プログラミング
    • 原裕之:レコーディング、ミックス
    浸食 〜lose control〜
    • ken:キーボード・プログラミング
    • 岡野ハジメ:キーボード・プログラミング
    • 斎藤仁:キーボード・プログラミング
    • 原裕之:レコーディング、ミックス
    trick
    • yukihiro:ギター、キーボード・プログラミング、"Check-Tai"
    • 岡野ハジメ:"Check-Tai"
    • 斎藤仁:"Check-Tai"、Pro Tools
    • Checki:"Check-Tai"
    • Datchy:"Check-Tai"
    • 広兼輝彦:レコーディング
    • 森山恭行:レコーディング、ミックス
    いばらの涙
    • 岡野ハジメ:キーボード・プログラミング
    • 斎藤仁:キーボード・プログラミング
    • 広兼輝彦:レコーディング
    • 森山恭行:レコーディング、ミックス
    the silver shining
    • ken:キーボード・プログラミング、タンバリン
    • 岡野ハジメ:キーボード・プログラミング
    • 斎藤仁:キーボード・プログラミング
    • tetsu:バッキングボーカル
    • 近藤圭司:レコーディング
    • 広兼輝彦:レコーディング
    • 森山恭行:レコーディング、ミックス


    [Produce & Mastering]

    • L'Arc〜en〜Ciel & 岡野ハジメ:プロデュース
    • テッド・ジェンセン:マスタリング
    • 内田孝弘:リマスタリング(High-Resolution Audio)

    収録ベストアルバム[編集]

    関連事項[編集]

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]
    1. ^ L'Arc〜en〜Ciel-Pieces
    2. ^ ラジオ番組『やまだひさしのラジアンリミテッドF』2012年2月10日放送回より
    3. ^ リットーミュージック社『BASS MAGAZINE SPECIAL FEATURE SERIES/tetsuya L'Arc〜en〜Ciel』」、p.18、2010年
    4. ^ 『音楽プロデューサー 岡野ハジメ エンサイクロペディア CATHARSIS OF MUSIC』、p.156、シンコーミュージック・エンタテイメント、2019年
    5. ^ ぴあ社『R&R NewsMaker』、p.35、1999年7月号
    6. ^ a b c d e f 『PATi PATi』、p.18、1999年7月号
    7. ^ a b c d 本邦初公開、yukihiroのself studio! - SonyMusic
    8. ^ a b リットーミュージック社『BASS MAGAZINE SPECIAL FEATURE SERIES/tetsuya L'Arc〜en〜Ciel』」、p.40、2010年
    9. ^ 『PATi PATi』、p.19、ソニー・マガジンズ、1998年10月号
    10. ^ リットーミュージック社『BASS MAGAZINE SPECIAL FEATURE SERIES/tetsuya L'Arc〜en〜Ciel』」、p.59、2010年
    11. ^ a b c ぴあ社『R&R NewsMaker』、p.38、1999年7月号
    12. ^ a b ラジオ番組『やまだひさしのラジアンリミテッド』1999年6月24日放送回より
    13. ^ a b ROCKIN'ON JAPAN』2004年3月号、ロッキング・オン
    14. ^ 「BASS MAGAZINE SPECIAL FEATURE SERIES 『tetsuya/L'Arc〜en〜Ciel』」、p.82、リットーミュージック、2010年
    15. ^ 『R&R NewsMaker』、p.19、1998年6月号
    16. ^ a b 『音楽と人』、p.47、株式会社音楽と人、1999年11月号
    17. ^ 国立霞ヶ丘陸上競技場公演を除いたすべての公演の1曲目で披露している。