レイ・オリバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

レイモンド・オリバー(英語: Raymond Olivier1958年9月21日 - )は、イングランド出身の元サッカー審判員。

ウェスト・ミッドランズ出身。1980年より審判業を始める。1993年からフットボールリーグ副審、のちにプレミアリーグでも副審を務めた。1998年よりフットボールリーグ主審。2001年のFAトロフィー準決勝で主審を務めた[1]

2010年にイングランドサッカー協会 (FA) を退職。イングランド・プロ審判協会英語版 (PGMOL) での活動を経て、2018年より日本サッカー協会審判委員会副委員長に就任[2]。メディアではJリーグの公式番組・Jリーグジャッジリプレイ(DAZN・Jリーグ公式Youtubeチャンネル配信)に不定期に出演。その週の試合で起きた判定に対してのサポーターからの疑問・質問に答えている。

脚注[編集]