real Emotion/1000の言葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
倖田來未 > ディスコグラフィ > Real Emotion/1000の言葉
real Emotion/1000の言葉
倖田來未シングル
初出アルバム『grow into one
A面 real Emotion
1000の言葉
リリース
ジャンル J-POP
レーベル rhythm zone
プロデュース MAX MATSUURA
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 2003年度年間24位(オリコン)
  • 倖田來未 シングル 年表
    m・a・z・e
    2002年
    real Emotion/1000の言葉
    (2003年)
    COME WITH ME
    (2003年)
    grow into one 収録曲
    Teaser feat.Clench & Blistah
    (1)
    real Emotion
    (2)
    BOY FRIEND?
    (3)


    One night romance
    (6)
    1000の言葉
    (7)
    S.O.S 〜sound of silence〜
    (8)
    テンプレートを表示

    }} 『real Emotion/1000の言葉』(リアル・エモーション/せんのことば)は、2003年3月5日に発売された日本歌手倖田來未の7枚目のシングル。発売元はrhythm zone

    解説[編集]

    シングルとしては前作『m・a・z・e』より約3か月振りのリリースとなる、初の両A面シングル。

    自身としてはオリコンシングルチャートで初のTOP10入りを果たした。

    両A面のうち、「1000の言葉」は原盤権の都合による許諾が無いため、iTunes Storeをはじめとする配信サイトでは未配信状態となっている。そのためか、本シングルの配信版においてもアートワークは本作の物だが、実質的に「real Emotion」とInstrumentalのみが収録されている。

    倖田は本作をリリースした当時を振り返って「デビューから3年目の頃に『ファイナルファンタジーX-2』のタイアップに抜擢されてこの曲が決まったんですけど、これでもしこの曲でも売れなかったら、もう歌手は辞めようと決めていたんです。元々、DREAMS COME TRUEのステージでの姿を見て「彼らのように自分も歌で人を感動させられるような歌手になりたい。」と選んで入った道だったのに、人々に聴いて貰えなければ、私の歌は世間では必要とされていないって事だろうな、と思いましたし、それなら、歌手でい続ける意味はもうないな、って思っていました。」と語っており[1]、その後、オリコンシングルチャートで3位を獲得しようやくヒット曲を出すことが出来た際は、「良かった、と喜んだのと同時に、まだ行けるかもしれない、もう少し頑張ろう、と思いましたね。」と語っている[1]

    収録曲[編集]

    1. real Emotion -Original Mix-
      スクウェア(現:スクウェア・エニックス)社ゲーム『FINAL FANTASY X-2』オープニングテーマ
      スクウェア社ゲーム『FINAL FANTASY X-2』CMソング
    2. 1000の言葉 -Original Mix-
      スクウェア社ゲーム『FINAL FANTASY X-2』挿入歌
    3. real Emotion -Instrumental-
    4. 1000の言葉 -Instrumental-

    収録アルバム[編集]

    real Emotion
    1000の言葉

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]