Requiem et Reminiscence 〜終焉と静寂〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「Requiem et Réminiscence 〜終焉と静寂〜」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
Requiem et Réminiscence
〜終焉と静寂〜
Gacktライブ・ビデオ
リリース
録音 2001年6月23日
横浜アリーナ
ジャンル ポップス
ロック
レーベル 日本クラウン
Gackt 年表
Requiem et Réminiscence 〜変遷〜
(2001年)
Requiem et Réminiscence 〜終焉と静寂〜

Requiem et Réminiscence 〜終焉と静寂〜 特別編
(2001年)
微風
(2002年)
テンプレートを表示

Requiem et Réminiscence 〜終焉と静寂〜』(レクイエム エット レミネッセンス しゅうえんとせいじゃく)は、2001年9月28日に発売されたGacktのライブ・ビデオ。発売元は日本クラウン。本作発売から1か月後には、「特別編」と題したDVD版が発売された。

概要[編集]

2枚目のアルバム『Rebirth』を携えて15か所20公演を行ったアルバムツアー『Gackt Live Tour 2001 Requiem et Réminiscence 〜鎮魂と再生〜』のツアーファイナルである2001年6月23日横浜アリーナ公演のライブの模様が収録されている。なお、1st missonで演奏された「Sayonara」以外の楽曲は全てキーを半音下げて演奏されている。

  • VHS版は一本に全曲収録されているが、DVD版は2枚組になっている。
  • DVD版の特典映像として、1st missonと3rd missionの前に流された映像のメイキング映像とアレンジバージョンが収録されている。
  • VHS、DVD版を含め、トーク場面はカットされている。

収録曲[編集]

  1. NINE SPIRAL
    イントロで、スモークを出す演出がなされている。曲演奏終了後、サポートメンバーであるchachamaruのギターソロが追加されている。
  2. Maria
    イントロのギターソロは、サポートメンバーであるYOUとchachamaruが担当しており、曲演奏終了後、間を置かず次曲に繋がる。
  3. seven
  4. uncontrol
  5. Sayonara
    Gacktがピアノを演奏している。演奏後、Gacktが女性に撃たれ、Gacktを撃った女性が倒れてしまった後暗転し、間を置かず、次の曲に移る。
  6. Secret Garden
    ここから、2nd missonである。サポートメンバーのジャム・セッションがイントロとして追加されている。
  7. Kalmia
  8. Cube
    ライブツアーでは初披露。
  9. 鶺鴒 〜seki-ray〜
    アルバムバージョンを基にアレンジされていて、イントロがカットされており、いきなり歌い始める。また前回と同様に、ラストサビ歌唱後に雪を降らす演出がされている。
    DVD版では、ここまででDisc1が終了する。
  10. U+K
    ここから、3rd missonである。前回と同様のアレンジ。
    DVD版では、ここからDisc2が開始される。
  11. Mirror
    演奏の形は前回と同様。
  12. Papa lapped a pap lopped
    この曲が演奏される前に、MCが入っていた。曲演奏開始と同時にダンサーが登場。
  13. marmalade
  14. 君のためにできること
    アルバムバージョンでの演奏。
    最初に、Gacktがファンに向けてメッセージを送る。ラストサビ突入と同時に、銀テープが発射される。
  15. 再会 〜Story〜
    last misson。ライブ初演奏。

脚注[編集]

[ヘルプ]