Revolution (徳永英明のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Revolution
徳永英明スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル アポロン
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1991年度年間49位(オリコン)
徳永英明 アルバム 年表
JUSTICE
1990年
Revolution
1991年
INTRO.II
1992年
『Revolution』収録のシングル
  1. Wednesday Moon
    リリース: 1991年4月10日
  2. LOVE IS ALL
    リリース: 1991年9月5日
  3. Revolution
    リリース: 1991年10月28日
テンプレートを表示

Revolution』(レボリューション)は、徳永英明の7枚目のオリジナルアルバム1991年10月5日発売。

概要[編集]

1年ぶりに発表されたアルバム。本人曰く、前作『JUSTICE』を作ったことで本作はもっとヘヴィーな内容になるかと思っていたが、結果として爽やかな作風になったという。しかし、テーマや統一感といったところでは、今ひとつ掴みにくいかもしれないと語っている[1]。前作ではシングルは1曲のみだったが、本作では3曲が収録されている。「Wednesday Moon」以外の編曲は佐藤準によるもの。

収録曲[編集]

  1. REVOLUTION
    ブティックJOYのCFソングで、後に13thシングルとしてリカットされた。また、タイトル表記がジャケットでは「Revolution」だが、歌詞ページでは「REVOLUTION」と大文字で表記されている。
  2. Wednesday Moon 編曲:瀬尾一三
    11thシングル。ここではリミックスされている。本人出演カネボウ「ZENITH」CMソング。
  3. LOVE IS ALL
    12thシングル。月桂冠CMソング。 (広東語:張學友、鄭伊健)
  4. La vie en rose 〜心の旅〜
  5. 後に14thシングル「恋の行方」のカップリング曲としてリカットされた。
  6. 負けるな
    「LOVE IS ALL」のカップリング曲。
  7. BOXER
  8. 幻を止めて
  9. どうしようもないくらい

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ GB 1995年3月号のインタビューより抜粋。