Rita-iota

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

Rita-iota(リタ・アイオウタ)は日本の音楽グループ。ヴォイス・ボーカル・作詞担当のRITAと作曲・アレンジ・ギター・作詞担当のNOSSA(水野ノブヨシ)の二人からなる男女混合ユニットで、その音楽はボサノバをベースにイタリアンヴォイスパーカッションを加えた独特のシネマ・ラウンジ・ミュージックという趣き。

来歴[編集]

テレビ演出家の片岡Kに見出され、BSフジの実験的バラエティー番組・『宝島の地図』シリーズの主題歌に起用されて注目される。その片岡Kの劇場映画初監督となった『インストール』(原作・綿矢りさ、主演・上戸彩)でサウンドトラックを担当し、日本クラウンよりメジャーデビュー。

ディスコグラフィー[編集]

  1. 映画『インストール』サウンドトラック(2004年12月15日)日本クラウン
  2. 『SEVEN HEAVEN』オリジナルアルバム(2004年12月20日)Sol-fa RECOERS
  3. フジ月9ドラマ『東京DOGS』サウンドトラック(2009年12月16日)rhythm ZONE
  4. TBS日曜劇場『特上カバチ』サウンドトラック参加(2010年3月3日)HARBOR RECORDS

音楽[編集]