S&Tモーティブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
S&T Motiv Co., Ltd
企業形態 Public
取引所 KRX: 064960
業種
  • Automotive industry
  • Arms industry
設立 1981年
本社 大韓民国釜山広域市
主要人物 Tae-kwon Kim (CEO)
製品 Auto parts, firearms
売上高 増加 US$1.03 billion (2015)[1]
営業利益 増加 US$105.2 million (2015)[1]
増加 US$73.2 million (2015)[1]
資産総額 増加 US$1.02 billion (2015)[1]
純資産額 増加 US$0.66 billion (2015)[1]
従業員数 938 (March 31, 2014)
親会社 S&T Holdings Co Ltd
ウェブサイト S&T Motiv
テンプレートを表示

S&Tモーティブ: S&T Motiv Corporation)は、韓国中国アメリカポーランドメキシコインドに製造工場をおく自動車部品メーカーである。

概要[編集]

前身は大宇財閥の軍事装備品や防衛火気などを開発製造する中核法人であり、現在はS&Tグループに属している。

S&T Motiv は長年間、K1サブマシンガンK2ライフルK3軽機関銃、K4高速榴弾機関銃、K5ピストルK7消音サブマシンガンXK8/ DAR-21ライフルUSAS-12自動散弾銃、K11スナイパーライフル銃、K12狙撃ライフル、K14狙撃ライフル、戦車や艦船用の種駆動装置なども製造している。

S&T Motiv は、2010年代までは防衛産業メーカーのイメージが強かったが、今は自動車部品事業の売上高の割合が全体売上の85%を超えるという。2019年3月には子会社であるS&TCの株式を持株会社であるS&Tホールディングスの売却した。

参照[編集]

  1. ^ a b c d e S&T Motiv Co Ltd (064960:Korea SE)”. investing.businessweek.wallst.com. 2016年5月7日閲覧。