S&W ガバナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
S&W ガバナー
Smith and Wesson Governor with accessories.jpg
.410ゲージ弾、.45コルト弾.45ACP弾ヘッドホンと並ぶS&W ガバナー クリムゾン・トレースレーザーグリップモデル
概要
種類 回転式拳銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 スミス&ウェッソン
性能
口径 .45口径/.410ゲージ
銃身長 69mm
ライフリング 6条/右回り
使用弾薬 .410ゲージショットシェル
.45コルト弾
.45スコフィールド弾
.45ACP弾
装弾数 6発
作動方式 シングルアクション
ダブルアクション
全長 216mm
重量 839g
テンプレートを表示

S&W ガバナー: Smith&Wesson Governor)は、アメリカスミス&ウェッソン社が開発した回転式拳銃である。

概要[編集]

ブラジルトーラス・アームズ社が、2007年に発売したショットシェルの中では最小である.410ゲージ弾を使用出来るトーラス・ジャッジの対抗馬として2011年に発売したリボルバーである。英語審判を意味するジャッジに対し、ガバナーとは英語で知事を意味する。また、一度は製造中止になった事もあったが、2013年に製造が再開した[1]

特徴[編集]

スミス&ウェッソン社製のリボルバーのフレームの中では、ジャッジの様に前後に長いロングシリンダーを持つスカンジウム合金製の異色のZフレームを採用しており、フィンガーチャンネルの付いたKフレームサイズの黒いシンセティックグリップを標準装備しており、バレルはステンレス製のインナーバレルが設けられている。又、シリンダーも同じくステンレス製で、サイトはフロントサイトがダブテイルのトリチウムナイトサイト、リアサイトが抜き撃ちのし易いスリットタイプとなっている[1][2]

使用弾薬は前述の410ゲージショットシェルの他に、これも又ジャッジと同様に.45口径の.45コルト弾、.45スコフィールド弾、そして付属のハーフ、フルムーンクリップを使用する事で.45ACP弾の使用も可能となっている[1][2]

モデルは標準のマットブラックフィニッシュモデルの他に、フロントサイトがランプタイプとなったマットフィニッシュシルバーモデル、グリップ前面のボタンで操作を行うレーザーサイトが右側面に設けられたスクエアバットのクリムゾン・トレースレーザーグリップを備えるモデルも存在[3][4]

出典[編集]

  1. ^ a b c マスターピースピストル 世界の傑作拳銃. 株式会社ホビージャパン. (2017年12月15日). p. 162. 
  2. ^ a b “[https://www.smith-wesson.com/firearms/model-governor-0 MODEL GOVERNOR® SKU: 162410]”. Smith&Wesson. 2020年2月27日閲覧。
  3. ^ “[https://www.smith-wesson.com/firearms/model-governor MODEL GOVERNOR® SKU: 160410]”. Smith&Wesson. 2020年2月27日閲覧。
  4. ^ MODEL GOVERNOR® WITH CRIMSON TRACE® LASER GRIPS”. Smith&Wesson. 2020年2月27日閲覧。

関連項目[編集]