S&W M&P

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スミス&ウェッソン M&P
bprder
スミス & ウェッソン M&Pの40口径モデル
種類 自動拳銃
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
運用史
配備期間 2005年–現在
開発史
製造業者 S&W
製造期間 2005年–現在
諸元
弾丸
作動方式 ショートリコイル
テンプレートを表示

S&W M&Pは、S&W社が開発した自動拳銃である。M&Pとは、"Military and Police"(軍と法執行機関)という意味である。

概要[編集]

スミス&ウェッソン社が開発したポリマーフレーム拳銃であり、法執行機関での採用を目指して開発された[1]

同社はすでにS&W シグマやSW99といったポリマーフレームの拳銃を製造していたが、それらのノウハウを基にトリガーの改善や人間工学に合わせたグリップ・デザインも取り入れて新たに設計された。

アメリカの警察だけでなく、台湾の警察も老朽化したS&W M5904に代わりM&Pのコンパクトモデルに更新しようとしている。その他、フランスオーストラリアカナダインドコロンビアなどの警察で採用されている。

特徴[編集]

ストライカーによる撃発方式、ポリマーフレーム、トリガーセーフティー、フレーム下部のマウントレールなどグロックとの共通点が見られるものの、アンビサムセイフティーのオプションがあるほか、モデルによってはサムセイフティが追加されることがある。

フレームには、デュポン社のポリマーZytelが使用されている。また、フレームの内部にはステンレス・スチールのインナーフレームが収まっており、銃全体の剛性を補強している[2]

バリエーション[編集]

主なバリエーションのほかに、22口径ロングライフルを使用する「M&P22」、45ACPを使用する「M&P45」、また、すべてのサイズにコンパクトモデルが存在している。

M&Pシールド」は、部品の互換性がないサブコンパクトモデルで、シングルカラムマガジンを採用している。

脚注[編集]

  1. ^ Smith and Wesson M&P Pistols Adopted by 276 Police Departments in the USA”. Guns, Holsters and Gear (2008年2月1日). 2009年2月2日閲覧。
  2. ^ Quinn, Jeff. "Smith & Wesson’s New M&P .40 S&W Pistol" Gunblast Web site. Accessed 17 January 2010.

関連項目[編集]

リンク[編集]