S・J・ボルトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
S・J・ボルトン
S. J. Bolton
誕生 Sharon Bolton
イギリスの旗 イギリス[1]ランカシャー[2]
職業 小説家
言語 英語
活動期間 2008年 -
代表作 レイシー・フリント・シリーズ
『毒の目覚め』『緋の収穫祭』
主な受賞歴 メアリー・ヒギンズ・クラーク賞(2010年)
デビュー作 『三つの秘文字』
公式サイト www.sharonbolton.com
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

S・J・ボルトンS. J. Bolton)は、イギリス推理作家[3]。代表作はレイシー・フリント (Lacey Flint) 巡査が活躍する警察小説のシリーズ。本国では本名のシャロン・ボルトン (Sharon Bolton) 名義に戻している[4]。3人姉妹の長女で[5]ランカシャーで生まれ育った[2]。女優やダンサーを夢見ながら、大学では演劇を学んだ[5]。現在はオックスフォード近郊の村に夫と息子と飼い犬と暮らしている[5]

作品リスト[編集]

レイシー・フリント (Lacey Flint) シリーズ[編集]

長編
  1. Now You See Me (2011)
  2. Dead Scared (2012)
  3. Like This For Ever (2013) - アメリカでのタイトルはLost
  4. A Dark and Twisted Tide (2014)
中編
  • If Snow Hadn't Fallen (2012) - 第1作"Now You See Me" 後の物語
  • Here Be Dragons (2016) - 第4作"A Dark and Twisted Tide" 後の物語

その他[編集]

  • 三つの秘文字 Sacrificeイギリスの旗 2008年 / 日本の旗 2011年9月 創元推理文庫 法村里絵訳)
  • 毒の目覚め Awakeningイギリスの旗 2009年 / 日本の旗 2012年8月 創元推理文庫 法村里絵訳)
  • 緋の収穫祭 Blood Harvestイギリスの旗 2010年 / 日本の旗 2014年4月 創元推理文庫 法村里絵訳)
  • Little Black Lies (2015)
  • Daisy In Chains (2016)
  • Dead Woman Walking (2017)
  • The Craftsman (2018)

映像化[編集]

2016年、『三つの秘文字』(Sacrifice)がラダ・ミッチェルルパート・グレイヴスデイヴィッド・ロブ英語版出演、ピーター・ダウリング英語版監督で映画化されることがルミナス・ピクチャーズ (Luminous Pictures) から発表された[6]

受賞[編集]

2009年、『三つの秘文字』で国際スリラー作家協会賞新人賞にノミネート[7]2010年、『毒の目覚め』でメアリー・ヒギンズ・クラーク賞を受賞、同賞には前年と翌年にもノミネートされた[8]。同年、『緋の収穫祭』がゴールド・ダガー賞にノミネートされた[9]バリー賞英国ミステリ部門には、2010年から2012年まで『毒の目覚め』『緋の収穫祭』"Now You See Me" で3年連続でノミネートされた[10]2014年、作品全体に対して英国推理作家協会から図書館賞が贈られた[11]。2016年、"Little Black Lies"マカヴィティ賞長編部門にノミネート[12]

出典[編集]

  1. ^ 三つの秘文字〈上〉 - S・J・ボルトン / 法村理絵 訳”. 東京創元社. 2016年9月26日閲覧。
  2. ^ a b Crime writers with killers ideas”. BBC News (2011年7月21日). 2016年9月26日閲覧。
  3. ^ I'm Coming Out, S.J. Bolton Blogpost, 11/4/13
  4. ^ Sharon Bolton”. Author. 2016年9月26日閲覧。
  5. ^ a b c Interview: Sharon Bolton”. ランカシャー・テレグラフ (2009年6月1日). 2016年9月26日閲覧。
  6. ^ Glenn Kenny for The New York Times. April 28, 2016 Review: ‘Sacrifice’ Yields Corpses and Clichés
  7. ^ Past Nominees and Winners”. International Thriller Writers. 2016年9月26日閲覧。
  8. ^ A Good Night for Minotaur at the Edgars ,Publishers Weekly, 4/20/10
  9. ^ Crime Writers Association, Dagger Awards 2013, CWA 2013
  10. ^ Barry Awards”. Deadly Pleasures Mystery Magazine. 2016年9月26日閲覧。
  11. ^ Sarah Shaffi for The Bookseller. December 5, 2014 Bolton wins CWA Dagger in the Library prize
  12. ^ Macavity Awards”. Mystery Readers International. 2016年9月26日閲覧。