S-26 (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
USS S-26 (SS-131).jpg
艦歴
発注:
起工: 1919年11月7日
進水: 1922年8月22日
就役: 1923年10月15日
退役:
その後: 1942年1月24日に事故で沈没
除籍:
性能諸元
排水量: 水上 854トン
水中 1,062トン
全長: 219 ft 3 in (66.83 m)
全幅: 20 ft 8 in (6.30 m)
吃水: 15 ft 11 in (4.85 m)
機関:
最大速: 水上14.5ノット (26.9 km/h)
水中11ノット (20 km/h)
乗員: 士官、兵員42名
兵装: 4インチ砲1門
21インチ魚雷発射管4門

S-26 (USS S-26, SS-131)は、アメリカ海軍潜水艦S級潜水艦の1隻。

艦歴[編集]

S-26は1919年11月7日にマサチューセッツ州クインシーベスレヘム・シップビルディング株式会社で起工した。1922年8月22日にカルロス・ビーン夫人によって命名、進水し、1923年10月15日に艦長エドマンド・W・バーロウ中尉の指揮下就役した。

就役後は1923年から25年までコネチカット州ニューロンドンを拠点として作戦活動に従事する。1924年1月から4月までセント・トーマス島トリニダードを訪問し、4月27日から1925年5月30日までハワイを訪れた。カリフォルニア州の様々な港、主にメア・アイランド、サンディエゴサンペドロから、S-26は1927年から30年まで毎年夏にハワイを訪れた。1927年5月および1929年2月にはパナマ運河地帯を訪れている。1930年12月1日にサンディエゴを出航し、12月12日に真珠湾に到着する。その後1938年まで真珠湾で任務に従事し、1938年10月15日に帰還、1939年3月25日にニューロンドンに到着した。4月15日に限定就役状態となり、1949年7月1日に完全就役状態に復帰した。

ニューロンドンでの任務およびワシントンD.C.での水素テスト後、S-26は1941年12月10日にニューロンドンを出航し、12月19日にパナマココ・ソロに到着した。1942年1月24日の夜、パナマ湾駆潜艇 PC-460 が衝突し、S-26は46名の乗組員と共に沈没した。3名が生き残り、S-26の船体は引き揚げられなかった。


関連項目[編集]