S/2003 J 15

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
S/2003 J 15
仮符号・別名 Jupiter LVIII[1][2]
視等級 (V) 23.5[3]
分類 木星の衛星 (不規則衛星)
発見
発見年 2003年[4]
発見者 スコット・S・シェパード
軌道要素と性質
軌道の種類 パシファエ群
木星からの平均距離 22,627,000 km[5]
離心率 (e) 0.1899[5]
公転周期 (P) 689.78 (1.888 年)[5]
軌道傾斜角 (i) 146.492°[5]
近点引数 (ω) 18.405°[5]
昇交点黄経 (Ω) 236.674°[5]
平均近点角 (M) 58.865°[5]
木星の衛星
物理的性質
直径 ~2 km[6]
質量 ~1.5 ×1013 kg[6]
平均密度 2.6 g/cm3 (仮定値)[6]
アルベド(反射能) 0.04 (仮定値)[6]
■Template (■ノート ■解説) ■Project

S/2003 J 15 (Jupiter LVIII[1][2]) は、木星の第58衛星である。

2003年2月6日から4月3日にかけての観測で、スコット・S・シェパード (Scott S. Sheppard) が率いるハワイ大学の天文学者チームによって発見され、S/2003 J 15 という仮符号が与えられた[4][7]。観測にはカナダ・フランス・ハワイ望遠鏡とハワイ大学の望遠鏡が用いられ、2003年4月3日の小惑星センターのサーキュラーで発見が報告された[4]

S/2003 J 15 は2003年の発見報告以来しばらくの間観測報告が無く、見失われた状態にあった[8][9][10]。しかし2017年になって、すばる望遠鏡マゼラン望遠鏡セロ・トロロ汎米天文台の望遠鏡を用いた観測でシェパードらによって再発見され[11]、同年6月9日に Jupiter LVIII という確定番号が与えられた[1]。なお2018年時点では衛星への命名は行われていない。

S/2003 J 15 の見かけの等級は23.5であり、アルベドを0.04と仮定した場合、S/2003 J 15 の直径はおよそ 2 km と推定される[6]。また、密度を 2.6 g/cm3 と仮定した場合、質量はおよそ 1.5 ×1013 kg と推定される[6]。S/2003 J 15 の軌道傾斜角はアナンケ群パシファエ群のものに近く、軌道長半径は両者の中間程度にある。そのためアナンケ群の最も外側のメンバーとする記述もあるが[12]、発見者のシェパードはパシファエ群に分類している[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c www.minorplanetcenter.net (PDF)”. 小惑星センター (2017年6月9日). 2018年11月20日閲覧。
  2. ^ a b 惑星の衛星一覧”. 国立天文台 (2018年10月5日). 2018年11月20日閲覧。
  3. ^ a b Scott S. Sheppard. “Moons of Jupiter”. Carnegie Science. 2018年11月19日閲覧。
  4. ^ a b c Brian G. Marsden (2003年4月3日). “MPEC 2003-G17 : S/2003 J 15”. 小惑星センター. 2018年11月20日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g Jet Propulsion Laboratory (2013年8月23日). “Planetary Satellite Mean Orbital Parameters”. Jet Propulsion Laboratory Solar System Dynamics. ジェット推進研究所. 2018年11月19日閲覧。
  6. ^ a b c d e f Jet Propulsion Laboratory (2015年2月19日). “Planetary Satellite Physical Parameters”. Jet Propulsion Laboratory Solar System Dynamics. ジェット推進研究所. 2018年11月19日閲覧。
  7. ^ Daniel W. E. Green (2003年4月11日). “IAUC 8116: Sats OF JUPITER, SATURN; C/2003 G2”. Central Bureau for Astronomical Telegrams. 国際天文学連合. 2018年11月20日閲覧。
  8. ^ Beatty, Kelly (2012年4月4日). “Outer-Planet Moons Found — and Lost”. Sky & Telescope. 2017年6月27日閲覧。
  9. ^ Jacobson, B.; Brozović, M.; Gladman, B.; Alexandersen, M.; Nicholson, P. D.; Veillet, C. (2012年9月28日). “Irregular Satellites of the Outer Planets: Orbital Uncertainties and Astrometric Recoveries in 2009–2011”. The Astronomical Journal 144 (5). Bibcode 2012AJ....144..132J. doi:10.1088/0004-6256/144/5/132. http://iopscience.iop.org/article/10.1088/0004-6256/144/5/132/meta 2018年11月15日閲覧。. 
  10. ^ Brozović, Marina; Jacobson, Robert A. (2017年3月9日). “The Orbits of Jupiter's Irregular Satellites”. The Astronomical Journal 153 (4). Bibcode 2017AJ....153..147B. doi:10.3847/1538-3881/aa5e4d. 
  11. ^ Gareth V. Williams (2017年6月5日). “MPEC 2017-L46 : S/2003 J 15”. 小惑星センター. 2018年11月20日閲覧。
  12. ^ NASA (2017年12月5日). “In Depth | S/2003 J15 – Solar System Exploration: NASA Science”. アメリカ航空宇宙局. 2018年11月19日閲覧。