S5.2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
S5.2
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
設計者 KB KhIMMASH[1]
液体燃料エンジン
推進薬 AK-27I[1] / TM-185[1]
混合比 3.84[1]
サイクル ガス発生器サイクル[1]
構成
燃焼室 1[1]
ノズル比 10.4
性能
推力 (vac.) 146.3キロニュートン (14,920 kgf)[1]
推力 (SL) 132.1キロニュートン (13,470 kgf)[1]
燃焼室圧力 6.80メガパスカル (68.0 bar)[1]
Isp (vac.) 258秒[1]
Isp (SL) 233秒[1]
使用
R-17 (スカッド-B)
リファレンス
出典 [1]

S5.2(9D21)はR-17のエンジンとして使用されるロシア製ロケットエンジンである。ガス発生器式でTM-185とAK-27Iを推進剤として燃焼する。[1]

設計は有名なイサーエフ設計局によってR-17 (スカッド-B)短距離弾道ミサイルのために設計された。

関連項目[編集]

出典[編集]