SAKI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
SAKI
SAKIの画像
プロフィール
リングネーム SAKI
沙紀
本名 渡邊 沙紀
ニックネーム マイルド♡ワイルド☆カワイルド
愛と正義のバトル・ガール
身長 163cm
体重 58kg
誕生日 (1988-02-12) 1988年2月12日(31歳)
出身地 千葉県木更津市
所属 Actwres girl'Z
トレーナー 井上貴子
中川ともか
さくらえみ
デビュー 2012年12月29日
神取忍&井上貴子
(パートナーはMIZUKI
テンプレートを表示

SAKI(サキ、1988年2月12日 - )は、日本の女子プロレスラー。本名:渡邊 沙紀(わたなべ さき)。

所属[編集]

  • LLPW-X(2011年 - 2016年)
  • フリーランス(2016年 - 2017年)
  • Actwres girl'Z(2017年 - )

経歴・戦歴[編集]

井上貴子がプロデュースするアイドルレスラープロジェクト「VoLume II」の2期生で、同期のMIZUKIとともに「ブリバト♡」(ブリリアントバトルガールズの略)として活動中。1期生オーディションには100通以上の応募があったものの、合格者8名全員がデビュー前に脱落。より審査を厳格化して開催した2期生オーディションで応募70通弱の中から合格した2名がSAKIとMIZUKIだった[1]。プロレスと平行して秋葉原で週1回の定期LIVEを行うなど、ライブアイドルとしても活動している。

2011年
  • 秋に「VoLume II」の2期生オーディションを受け、募集要項の上限年齢だった23歳で合格。
2012年
  • 前年の秋から一緒に練習してきた1期生が脱落。残った同期のMIZUKIとともにデビューに向けトレーニングを続ける。12月29日、LLPW-X赤坂BLITZ大会でMIZUKIとともにデビュー。貴子は当初、SAKIvsMIZUKIのシングルマッチを考えていたが、社長神取忍の提案により、神取&貴子組vsブリバトでのデビュー戦となった。試合は4分37秒、貴子のツームストン・パイルドライバーでMIZUKIが敗戦[2]。またプロレスと同時にCDデビューした。
2013年
  • 4月13日、「石岡女子プロレスフェスティバル」にてMIZUKIと初シングル。ボディスラムからの逆エビ固めで初勝利[3]8月31日にはブリバトとして我闘雲舞に初参戦。以降、定期参戦するなど、練習ではさくらえみから指導を受けるようになる。
2015年
  • 本格的にウエイトトレーニングを開始し、パワーファイターとして頭角を現し始める。SAKIがパワーファイター路線に突き進んだ事で、軽量級でスピードタイプのMIZUKIとの色分けが明確化され、結果的に「ブリバト♡」がタッグチームとして急成長する、きっかけとなった。
2016年
  • 1月9日アイスリボン横浜ラジアントホール大会にて「ベストフレンズ」(藤本つかさ中島安里紗)が保持するインターナショナル・リボンタッグ王座で、「ブリバト♡」結成4年目でタッグタイトル初挑戦。17分22秒、藤本のビーナスシュートでSAKIが敗れ、初タイトルならず。
  • 3月24日、我闘雲舞新木場1stRING大会にて新たに創設されたアジアドリームタッグ王座を賭け、ブリバトvsさくらえみ&マサ高梨戦が行われる。25分23秒、アクアマリンでMIZUKIがさくらから勝利し、アジアドリームタッグ初代王者となった[4]
  • 11月28日、11月末をもってMIZUKIと共にLLPW-Xを退団することが発表される[5]。2016年下半期より試合数が減っており[6]、所属としては10月9日の川口ストリートジャズフェスティバルでのイベントプロレス(vsアイガー)が最後の試合となった。
  • 12月14日、名称を本名の沙紀にする[7]
2017年
  • 1月8日プロレスリングWAVE新宿FACE大会のバトルロイヤルにシークレット選手として登場。およそ3ヶ月ぶりの試合となる。以降もWAVEに参戦。
  • 2月25日市ヶ谷チョコレート広場大会、さくらえみ&「ことり」戦(パートナーは帯広さやか)で我闘雲舞に再登場。
  • 4月19日から6月4日まで Catch the WAVE 2017 に参加、2勝4敗1分の成績を残す(2勝は、優勝した山下りなと、宮城もちから)。
  • 6月5日、我闘雲舞・板橋大会で瑞希(MIZUKI改め)と1年ぶりのタッグ結成[8]。6月25日、花鳥風月・東京タワースタジオ大会では桐原季子のデビュー戦の相手を務める[9]
  • 12月24日よりアクトレスガールズ所属となる。移籍まもなくは前座で新人選手の教育係といったポジションだったが、2月25日新木場大会で安納サオリとタッグマッチで激突。感情的につっかかった。
  • 2018年9月25日に開幕するBeginning初の王者決定戦、アクトレスガールズシングルチャンピオン決定トーナメントに出場[10]。1回戦で青野未来をぶつかり合いの末撃破[11]。10月9日に行われた2回戦ではナガタロックで有田ひめかに勝利[12]。11月15日、後楽園ホールで行われた決勝戦では惜しくも安納サオリに敗れた[13]
  • 2019年1月20日、Color’s旗揚げ戦では瑞希と久々にタッグを結成[14]。茉莉&清水ひかり組に勝利。Color’s旗揚げのため道場のない若手のため、1週間リングを借り練習させていたことを告白した。同年3月に再びSAKIへと改名。

タイトル歴[編集]

人物[編集]

得意技[編集]

カワイルドバスター
変形ブレーンバスター。相手の首にかけた左手で相手の右腕をクラッチして投げる。
リバーススプラッシュ
ブルズ・アンヘリート
カンパーナ
ダイヤル固め
パワー「ズ」ラム
テキサスクローバーホールド

テーマ曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ブリバト♡デビュー戦 井上貴子オフィシャルブログ「Marble…」 2013年1月4日
  2. ^ 「超満員札止」御礼ならびに試合結果。 LLPW-X 2012年12月30日
  3. ^ 【結果】4・13石岡女子フェス RINGSTARS 2013年4月13日
  4. ^ 我闘雲舞 3・24新木場大会 【IWA三冠】米山vs里歩 【アジアドリームタッグ王座】さくら&高梨vsSAKI&MIZUKI 【SPW認定東南アジアシングル】高梨vs井上 - バトル・ニュース 2016年3月25日閲覧。
  5. ^ ブリバトのSAKIとMIZUKIがLLPW-Xを退団
  6. ^ イベントプロレスを含め僅か3試合
  7. ^ Twitter
  8. ^ 【試合結果】6・5 我闘雲舞板橋大会 里歩&「ことり」vs沙紀&瑞希 アーサ米夏vs水波綾”. バトルニュース (2017年6月6日). 2017年6月6日閲覧。
  9. ^ 沙紀★ズ!‏ @sakipopo29”. twitte (2017年6月2日). 2017年6月6日閲覧。
  10. ^ ベースボールマガジン社「週刊プロレス」2018年10月3日号 No.1977 92頁
  11. ^ “アクトレスガールズ初代王者決定トーナメント2回戦で安納サオリと万喜なつみが激突!” (日本語). バトル・ニュース. http://battle-news.com/?p=43236 2018年9月27日閲覧。 
  12. ^ “安納サオリが万喜なつみに勝利し決別の握手!初代王者決定トーナメント準決勝は沙紀vs高瀬みゆき、安納サオリvs関口翔に決定!” (日本語). バトル・ニュース. http://battle-news.com/?p=43610 2018年10月11日閲覧。 
  13. ^ “安納サオリが初の後楽園ホール大会で沙紀との決勝戦を制し初代アクトレスガールズ王座を戴冠!新団体旗揚げでアクトレスガールズが分裂!” (日本語). バトル・ニュース. http://battle-news.com/?p=44575 2018年11月15日閲覧。 
  14. ^ アクトレスガールズから沙紀を中心に新団体旗揚げ!久々登場のブリバトがメインイベントで勝利!新人の松井が安納に「Color’sはBeginningには絶対負けない」と宣戦布告!” (日本語). バトル・ニュース (2019年1月21日). 2019年1月20日閲覧。