SAMURAI ROCK (吉川晃司のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
SAMURAI ROCK
吉川晃司スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
プロデュース 吉川晃司
吉川晃司 アルバム 年表
KEEP ON SINGIN'!!!!!〜日本一心〜
(2011年)
SAMURAI ROCK
(2013年)
SINGLES+
(2014年)
『SAMURAI ROCK』収録のシングル
  1. SAMURAI ROCK
    リリース: 2013年2月13日
テンプレートを表示

SAMURAI ROCK』(サムライ・ロック)は、日本のミュージシャンである吉川晃司の18枚目のスタジオ・アルバム

2013年4月17日ワーナーミュージック・ジャパンよりリリースされた[1]

解説[編集]

収録曲[編集]

CD[編集]

  • プロデュース:吉川晃司
  • サウンド・プロデュース:菅原弘明
  • 全曲(特記以外) 作曲:吉川晃司
  1. 覚醒
    • 作曲:吉川晃司・菅原弘明
    インストゥルメンタルの楽曲
  2. DA DA DA
  3. DO the JOY
    • 作詞:吉川晃司・Jam
  4. I'm Yes Man
    • 作詞:Jam
  5. Lovely Mary
    • 作詞:松井五郎
    大黒摩季がコーラスで参加。また、初期のライブでのサポートバンド「PaPa」のメンバーであった、笠原敏幸椎野恭一が参加。
  6. FIRE
    • 作詞:松井五郎
    5曲目に続き、笠原敏幸と椎野恭一が参加。
  7. Nobody's Perfect
    吉川晃司が鳴海荘吉名義でリリースした曲の別アレンジリテイクバージョン。
  8. SAMURAI ROCK
    • 作詞:吉川晃司・Jam
    JSPORTSが制作する2017年のWBC中継テーマに使用。
  9. HEART∞BREAKER
    大黒摩季とのユニット"DaiKichi 〜大吉〜"としてリリースした曲のセルフカバー。ボーカルは吉川のソロ。大黒はコーラスで参加。
  10. 絶世の美女
    • 作詞:吉川晃司・松井五郎・Jam/作曲:吉川晃司・菅原弘明
    アウトロの頭の辺りで台詞が入る。
  11. survival CALL
    • 作詞:吉川晃司・松井五郎

DVD(初回限定盤)[編集]

  1. 地下室のメロディ
    レコーディングなどアルバム作成時のメイキング映像

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 赤、オレンジ、黄の3色からランダムに1種封入された。

出典[編集]