SBIジャパンネクスト証券

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
SBIジャパンネクスト証券株式会社
SBI Japannext Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 106-0032
東京都港区六本木三丁目1番1号
六本木ティーキューブ20階
設立 2006年11月8日
業種 その他金融業
法人番号 2010001139289
代表者 代表取締役 奥久 潤一、シバ・クマール・ボラーヤ
資本金 14億円
従業員数 94人
決算期 3月末
主要株主 SBIホールディングス 52.77%、ゴールドマン・サックス 38.16%、その他5社 9.07%
外部リンク https://www.japannext.co.jp/
テンプレートを表示

SBIジャパンネクスト証券(エスビーアイジャパンネクストしょうけん)は、東京都千代田区平河町に本社を置く私設取引システム(PTS)を運営する証券会社である。証券取引関係の掲示ではJNXと略される。

概要[編集]

国内株式夜間取引を専門に取り扱う初の証券会社として注目された。また、夜間取引への参入としては、マネックス証券松井証券(後に夜間取引サービスを終了)、カブドットコム証券に次いで4社目。なお、2008年10月には昼間取引も開始している。 呼値の刻みが細かく、原則的に東証の呼値の10分の1となっている(値段の水準が500,000円を超えるものについては一律100円)ことが特徴である。

沿革[編集]

  • 2006年11月8日 - SBIジャパンネクスト証券準備株式会社設立。
  • 2007年3月1日 - ゴールドマン・サックスが資本参加。
  • 2007年3月9日 - 商号をSBIジャパンネクスト証券株式会社に変更。
  • 2007年8月27日 - 「ジャパンネクストPTS」サービス開始(ナイトタイム・セッションのみ開始)。
  • 2007年8月27日 - SBIイー・トレード証券・楽天証券・オリックス証券・GMOインターネット証券・SBI証券が資本参加。
  • 2008年10月28日 - 昼間取引開始(デイタイム・セッション)。
  • 2011年3月14日 - 東日本大震災による電力供給逼迫のためナイトタイム・セッションを休止。
  • 2012年1月30日 - ナイトタイム・セッションを再開
  • 2017年2月1日 - ナイトタイム・セッションの取引時間を16:30 - 23:59に変更(SBI PTSは18:00から)。

運営時間[編集]

  • デイタイム・セッション(毎営業日) 8:20 - 16:00 
  • ナイト・タイムセッション(同上) 16:30 - 23:59
  • ナイトタイム・セッションの存在だけでなく、デイタイム・セッションにおいても昼休みもなく、取引時間も(8:20-16:00)と長くなっている

決済日[編集]

  • デイタイム・セッションは原則として約定日+3営業日
  • ナイトタイム・セッションは原則として約定日+4営業日

参加証券会社[編集]

  • 17社(2012年3月時点)

取扱銘柄[編集]

  • 東証および大証上場の普通株式、ETF、REITなど約3500銘柄。

注文の種別[編集]

  • 指値、IOC、FOK、アイスバーグ