SCM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

SCM

  1. クロームモリブデン鋼鉄鋼材料の1つ)の記号であり、その略称。ニッケルクロムモリブデンなどを添加した合金鋼
  2. Scheme インタプリタの一つ。作者はオーブリー・ジェファー(Aubrey Jaffer)など。
  3. サプライチェーン・マネジメント: supply chain management)の略語。商品の生産・物流・販売までの業務を管理する手法。
  4. 副搬送波多重通信(: sub-carrier multiplexing)の略。光通信方式の一つ。複数の搬送波を光強度変調する方式。
  5. ソースコードマネージメント(: source code management)の略。⇒バージョン管理システム
  6. シッピング・カートン・マーキング(: shipping carton marking)の略。物流において梱包に表示を行って出荷すること。またそのラベルのこと。バーコードCODE-128が使われる。
  7. 走査型容量顕微鏡(: scanning capacitance microscope)の略。
  8. ソフトウェア構成管理: software configuration management)の略。
  9. 波形メモリ音源の再現を中心とするX680x0用のソフトシンセ環境。
  10. 米韓安保協議会議(Security Consultative Meeting)
  11. 学生キリスト教運動(Student Christian Movement)昭和時代初期(戦前期)においてキリスト教主義学校教師ならびに学生(特に大学生)を中心に行われた信仰活動。および、それを基盤に置いて周辺地にて行われた地域社会(福祉)活動。ほぼ同時期に関東東京都)と関西京都市大阪府神戸市)での、それぞれ独立した活動が見られた。内省的信仰活動を含むため、両地間の連携は行われず、全国的なムーブメントへの発展は無かった。東京(関東)側は菅円吉が、京都・大阪・神戸(関西)側は、中島重賀川豊彦の両名が、それぞれに指導的役割を果たした。