SCOOP (大沢誉志幸のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
SCOOP
大沢誉志幸スタジオ・アルバム
リリース
録音

河口湖スタジオ
一口坂スタジオ

CBSソニー六本木スタジオ
ジャンル ロック
時間
レーベル EPIC・ソニー
プロデュース

木崎賢治

小林和之
大沢誉志幸 アルバム 年表
まずいリズムでベルが鳴る
(1983年)
SCOOP
(1984年)
CONFUSION
(1984年)
『SCOOP』収録のシングル
  1. 「ハートブレイク・ノイローゼ」
    リリース: 1984年1月21日
テンプレートを表示

SCOOP』は、大沢誉志幸の2作目のスタジオ・アルバム。1984年(昭和59年)2月25日にEPIC・ソニーよりLPレコード盤がリリースされた。カセット・テープはアポロン音楽工業(現:株式会社バンダイ・ミュージックエンタテインメント)より発売された。CDは1984年(昭和59年)8月1日に発売された。1993年(平成5年)にはデジタルリマスター盤CDで再リリースされた。現行盤は2013年(平成25年)にソニー・ミュージックダイレクトよりリリースのBlu-spec CD2となっている。

このアルバムの先行シングルとして『ハートブレイク・ノイローゼ』が1984年(昭和59年)1月21日にリリースされている。

解説[編集]

前作から8ヶ月後にリリースされた2作目のアルバムで、前作同様、全曲作曲は大沢、作詞は銀色夏生、編曲は大村雅朗で固められている。また、本作からのリカットシングルはない。

収録曲[編集]

  1. Scoop (3分37秒)
    • 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗
    • 自身がDJを務めたラジオ番組『サウンドストリート』のオープニングとして、ボーカルの入っていないバージョンが使われた。
  2. スロウダンス (3分29秒)
    • 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗
  3. 午前2時を過ぎたら (3分16秒)
    • 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗
  4. I loved you … (4分27秒)
    • 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗
    • 自身がDJを務めたラジオ番組『サウンドストリート』のエンディングとして、ボーカルの入っていないバージョンが使われた。
  5. ハートブレイク・ノイローゼ (4分30秒)
    • 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗
  6. ジュークボックスは傷ついてる (3分17秒)
    • 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗
  7. Ring Ring (4分6秒)
    • 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗
  8. ゲームを教えて (3分42秒) 
    • 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗
  9. ビリーの災難 (3分58秒)
    • 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗
  10. CAB DRIVER (5分1秒)
    • 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗

参考資料[編集]

  • アルバム『SCOOP』(EPICソニー、1984年)
  • アルバム『[I.D] Y BEST COLLECTION』(EPICレコード、1998年)

脚注[編集]

[ヘルプ]