SCREW (チェッカーズのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
SCREW
チェッカーズスタジオ・アルバム
リリース 1988年7月21日
録音 1988年3月1日5月19日
HITOKUCHIZAKA STUDIO
ジャンル J-POP
時間 5228
レーベル ポニーキャニオン
プロデュース チェッカーズ
チャート最高順位
チェッカーズ 年表
THE CHECKERS BEST
1987年
SCREW
(1988年)
Seven Heaven
1989年
SCREW収録のシングル
  1. Blue Rain
    リリース: 1987年11月6日
  2. ONE NIGHT GIGOLO
    リリース: 1988年3月21日
  3. Jim&Janeの伝説
    リリース: 1988年6月29日
テンプレートを表示

SCREW』(スクリュー)は、日本ロックバンドチェッカーズの6枚目のオリジナル・アルバムである。

1988年7月21日に、ポニーキャニオンよりリリースされた。その後、2004年3月17日に再リリースされている。

解説[編集]

  • チェッカーズプロデュースアルバム第2弾となった作品。全11曲中6曲は鶴久政治の作曲で占めている。
  • 11曲目の「Blue Rain」は1988年と2004年に発売されたCDのみ収録されている。
  • タイトルの「SCREW」は、「アッカンベー」という意味。(収録曲『Standing on the Rainbow』の「七つの舌を出せ」という歌詞からきたもの。)

収録曲[編集]

  1. World War Ⅲの報道ミス
  2. Gipsy Dance
    • 作詞:藤井郁弥/作曲:鶴久政治/編曲:THE CHECKERS FAM.
    詞のモチーフはガブリエル・ガルシア=マルケスの「エレンディラ」。
  3. Rolling my Stone
    • 作詞:藤井郁弥/作曲:鶴久政治/編曲:THE CHECKERS FAM.
  4. CRACKER JACKS
    • 作詞:高杢禎彦/作曲:鶴久政治/編曲:THE CHECKERS FAM.
    高杢のリードボーカル曲。
  5. 鳥になった少年の唄
    • 作詞:藤井郁弥/作曲:藤井尚之/編曲:THE CHECKERS FAM.
  6. Jim&Janeの伝説
    • 作詞:藤井郁弥/作曲:鶴久政治/編曲:THE CHECKERS FAM.
    イントロはシングル版ではギター音だが、アルバム版ではバイクのエンジン音に差し替えられている。16thシングル。
  7. 愛と夢のFASCIST
    • 作詞:藤井郁弥/作曲:鶴久政治/編曲:THE CHECKERS FAM.
    鶴久のリードボーカル曲。間奏では「Kiss me please!」(鶴久)「Kissして!」(観客)という掛け合いが行われていた。LAST TOUR FINAL最終日では、郁弥が武内に対して本当にキスをしている。
  8. Good Night
    • 作詞:藤井郁弥/作曲:武内享/編曲:THE CHECKERS FAM.
    曲は武内が当時好きだった女性をイメージしたらしい。
  9. ONE NIGHT GIGOLO
    • 作詞:藤井郁弥/作曲:武内享/編曲:THE CHECKERS FAM.
    15thシングル。のちに郁弥が2002年10月9日発売のセルフカバーアルバム「Re Take」にてセルフカバー。
  10. Standing on the Rainbow
    • 作詞:藤井郁弥/作曲:藤井尚之/編曲:THE CHECKERS FAM.
    チェッカーズの事を歌った曲で、コンサートのアンコールの定番曲であった。文法的には「on a」が正しいのだが、チェッカーズの事であるため「on the」にしたらしい。
  11. Blue Rain
    • 作詞:藤井郁弥/作曲:藤井尚之/編曲:THE CHECKERS FAM.