SCUBA (P-MODELのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
SCUBA
P-MODELスタジオ・アルバム
リリース
録音 AC-UNIT Studio
Studio WIRESELF (RECYCLE)
ジャンル ロック
ニュー・ウェイヴ
レーベル 84年版:JICC出版局
89年版:キャプテンレコード
95年版:DIW/SYUN(ディスクユニオン
プロデュース P-MODEL
P-MODEL 年表
ANOTHER GAME
1984年
SCUBA
1984年
KARKADOR
1985年
P-MODEL 年表
Corrective Errors〜remix of 舟
(1995年)
SCUBA RECYCLE
(1995年)

(1995年)
テンプレートを表示

SCUBA(スキューバ)は、日本の音楽グループであるP-MODELカセットブック

1984年10月10日にJICC出版局より発売された。1989年1月21日にCDとして発売し、1995年11月30日には曲・ブックレットの内容が一新されたSCUBA RECYCLEが発売された。

解説[編集]

前作までのヘビィ路線から一転し、ポップな曲調ばかりとなっている。ほぼ平沢のみでこの作品を作ったため、参加しているP-MODELメンバーは三浦俊一のみとなっている。番外的な位置づけであり、P-MODELのオリジナルアルバムにはカウントされないことが多い。しかし、作風やテーマは現在の平沢ソロまで影響を与えている。

今作は「全き人格の回復」がテーマとなっている。平沢ソロアルバム8作目である『救済の技法』にもこのテーマが使われるなど、現在まで平沢ソロでは「全き人格の回復」というテーマが続いている。

「FROZEN BEACH」の歌詞にある「科学と祈りのはざま」は平沢ソロ1stアルバムから3rdアルバムまでのテーマとなっており、平沢ソロ1作目のアルバム『時空の水』と2作目『サイエンスの幽霊』にはそれぞれ「FROZEN BEACH」と「FISH SONG」がセルフカバーされて収録されている。

『SCUBA』には3つのバージョンがあり、それぞれ収録内容も異なっている。83年のカセットブック版には「SCUBA物語」というブックレットが付属しており、曲と一緒にカラー写真や物語が楽しめる豪華な内容になっている。89年のCD版は全面的に音質が改善されたリミックス版だが、ライナーは歌詞のみで物語のブックレットは付属しない。また「LOOPING OPPOSITION」の遠藤ミチロウのナレーションカットや「FISH SONG」のリテイク差し替えなど、一部内容にも異同がある。 95年の『SCUBA RECYCLE』は、解凍後のP-MODELのセンスでアレンジされたリメイク作品で、元々の音源は一部の使用にとどまっている。また、「平沢が見た夢」と題された新しいブックレットが付属しているが、物語は解体され、その発想を生んだ以前の形に還元されている。

収録曲[編集]

  1. FROZEN BEACH
    • 作詞・作曲:平沢進/編曲:P-MODEL
    1989年にソロアルバム時空の水でセルフカバーされている。
    1994年のライブイベント「I3DAYS'94」を最後にしばらく演奏されていなかったが、2007年のソロライブ「PHONON2550」では久々に演奏され、オープニング曲となった。
  2. BOAT
    • 作詞・作曲:平沢進/編曲:P-MODEL
    2011年にステルスマンによる替え歌「原子力」としてカバーされた。
    平沢によるとイントロのサンプリングボイスに合わせてキーを決めたため、音域が低く歌い辛いという[1]
  3. 七節男 - SEVEN JOINT MAN(NANAFUSHI OTOKO)
    • 作詞・作曲:平沢進/編曲:P-MODEL
    ノヴェラの五十嵐久勝がカバーしている。
    1987年に、ライブコンサート「Shoot the Monster」にて販売されたグッズ「entro Pack」のおまけカセットには別バージョンが収録されている。
  4. オハヨウⅡ - OHAYO II
    • 作詞・作曲:平沢進/編曲:P-MODEL
    P-MODELの2ndアルバム『LANDSALE』収録曲の別解釈版。歌詞が多少変更されている。
  5. LOOPING OPPOSITION
    • 作詞・作曲:平沢進/編曲:P-MODEL
    マンドレイク時代に演奏されていた「奇妙なタマゴ」が元になっている。原曲は平沢が19歳の時に製作された。
    1981年のライブ「カナリアの籠展開図ぐるりと回る360度期待は記憶気のどくだねオゾノコブラノスキーpart1(Perspective)」にて「Lessson1000」として歌詞などを変更して演奏され、1983年にリアレンジされて「LOOPING OPOSITION」となった。
    カセットブック版のみイントロに遠藤ミチロウのナレーションが入っている。
  6. REM SLEEP
    • 作詞:平沢進・作曲:平沢進・三浦俊一/編曲:P-MODEL
  7. FISH SONG
    • 作詞・作曲:平沢進・神尾明朗/編曲:P-MODEL
    キーボードパートにおいて運指的に難度の高い曲であり、ミスタッチしないようにボールペンのキャップを左指にはめて演奏していたと三浦は後に語っている。
    1987年に発売されたオムニバス「Hi'lde #3」には別バージョンが収録されている。
    1990年にソロアルバムサイエンスの幽霊でセルフカバーされている。
  8. SCUBA
    • 作詞・作曲:平沢進/編曲:P-MODEL

SCUBA RECYCLEの収録曲[編集]

  1. BOAT
    • 作詞・作曲:平沢進/編曲:P-MODEL
  2. REM SLEEP
    • 作詞:平沢進・作曲:平沢進・三浦俊一/編曲:P-MODEL
  3. FISH SONG
    • 作詞:平沢進・作曲:平沢進・神尾明朗/編曲:P-MODEL
  4. 七節男 - PHASMID MAN
    • 作詞・作曲:平沢進/編曲:P-MODEL
  5. LOOPING OPPOSITION
    • 作詞:平沢進・作曲:平沢進/編曲:P-MODEL
  6. オハヨウⅡ - OHAYO II
    • 作詞・作曲:平沢進/編曲:P-MODEL
  7. FROZEN BEACH
    • 作詞・作曲:平沢進/編曲:P-MODEL
    アルバム発売より前にソロライブ「AURORA TOUR」などで「FROZEN BEACH'94」として演奏されていた。
    平沢が手がけたサウンドトラック『デトネイター・オーガン 1 誕生編』収録曲「YOHKO Mitsurugi」とほぼ同一である。
  8. SCUBA
    • 作詞・作曲:平沢進/編曲:P-MODEL

参加ミュージシャン[編集]

出典[編集]

  1. ^ [1]” - Twitter、2017年4月20日閲覧。