SECOND NAVIGATION

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SECOND NAVIGATION
スペクトラムスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ビクター
プロデュース 大里洋吉
スペクトラム
スペクトラム 年表
スペクトラム3 TIME BREAK
1980年
スペクトラム4 SECOND NAVIGATION
(1981年)
スペクトラム BEST '81
(1981年)
『SECOND NAVIGATION』収録のシングル
  1. 「Night Night Knight」
    リリース: 1981年6月21日
テンプレートを表示

スペクトラム4 SECOND NAVIGATION』(スペクトラムフォー セカンド・ナビゲーション)は、1981年6月21日に発売されたスペクトラムアルバム

概要[編集]

本アルバムから作曲がスペクトラム名義ではなくメンバー個人の名義になった。また、ジャケット表面に初めてメンバーの写真(それも特徴的なステージ衣裳ではなく普段着に近い姿のもの)が使用された。解散決定後発売のアルバムで、表題曲「Second Navigation」の歌詞にも、各人の旅立ちが示唆されている。全曲シングルを狙ったとのコピー通り、各曲の完成度は高いが曲調はバラバラであり、後に発売された『SPECTRUM BRASSBAND CLUB』の内容(新田主導のバラエティ企画盤だった)との余りにも大きな違いから、メンバー間(特に新田と他メンバー)の確執が表面化する形になってしまった。

収録曲[編集]

A面
全編曲: スペクトラム
# タイトル 作詞 作曲
1. 「Night Night Knight」 巻上公一 渡辺直樹
2. 「Summertime Story」 宮下康仁 西慎嗣
3. 「Paradice」 スペクトラム 奥慶一
4. 「Never Can Say Good-bye」 篠塚満由美 渡辺直樹
5. 「たそがれFeedback」 山川啓介 新田一郎
6. 「Slapdash」 - 奥慶一
B面
# タイトル 作詞 作曲
7. 「なんとなくスペクタクル」 篠塚満由美 西真嗣
8. 「凍った太陽」 巻上公一 奥慶一
9. 「Elegant Lady」 - 吉田俊之
10. 「Needs」 篠塚満由美 渡辺直樹
11. 「Second Navigation」 山川啓介 岡本郭男

曲解説[編集]

  1. Night Night Knight
    アルバムからのシングルカット曲(A面)。なお、シングルでは曲の冒頭と末尾がカットされている。
  2. Summertime Story
  3. Paradise
    奥慶一のファースト・ソロ・アルバム『ミスティ・モーニング』から流用された同曲のスペクトラム版。歌詞、アレンジが変更され、ホーン・アレンジがシカゴ風になっている。アルバムからのシングルカット曲(B面)。
  4. Never Can Say Good-by
  5. たそがれFeedback
  6. Slapdash
    アルバム恒例のインストゥルメンタル。
  7. なんとなくスペクタクル
    タイトル、多数の注釈が付けられた歌詞が当時流行した、田中康夫のデビュー作『なんとなく、クリスタル』のパロディーである。
  8. 凍った太陽
  9. Elegant Lady
    スペクトラム全曲の中で、吉田俊之名義2曲のうちの一曲。アルバムのつなぎとしてのインストゥルメンタルである。
  10. Needs
  11. Second Navigation
    ドラムスの岡本郭男名義の唯一の曲であり、唯一のボーカル曲。スペクトラム解散を示唆した曲で、アルバムのタイトル・チューンである。